« WHISKY LIVE Tokyo 2013 1日目 - ニッカミニセミナー&気になる試飲 - | トップページ | WHISKY LIVE Tokyo 2013 2日目 - その他 - »

WHISKY LIVE Tokyo 2013 2日目 - イベント -

さて、2日目です。うーペースが落ちてて、
2ヶ月遅れを超えつつありますが・・・

P1260771

2日目もけっこうイベントに参加することが多くて、
ゆっくり飲んでる暇はなかったですかねぇ・・・
けっこう迷うものではあるんですが、NIKKA関係は
どうしても出たいという気持ちが先行します。

最初は、ショコラ&モルト。平田早苗さんと
デイヴブルーム氏のいつもの顔合わせ。

P1260783

白州で頂いたあのベルアメールのミルクチョコを
山崎12年で頂きます。

P1260789

P1260790

うん、やっぱり個人的には山崎のほうが
合う感じですね。白州も18年クラスになってくると、
合ってはきますが、山崎のほうが合わせやすい。

ここでも、トッピングの種類の多さの妙が
ウイスキーの味わいの多面的な点との相性がよく、
このタイプは5種類あるみたいなので、
他のウイスキーでも合わせてみたいショコラですね。

個人的に意外だったのは、デイヴ氏が
山崎12年に藺草=畳の感覚をもっていたこと。
なるほどねぇ・・今度意識して拾ってみるようにしよう。

続いて、竹鶴セミナー by 山下主席ブレンダー。
91年にご入社されて、96年からブレンダーを
長くご経験され、ニッカファンにもおなじみの顔ですね。
竹鶴シリーズの担当されたブレンダーでもあります。

P1260795

竹鶴21年をティスティングしながら、お話を
聴いてまいります。

P1260804

余市と宮城峡をスコッチの名称になぞらえて、
Inver Yoichi、Glen Miyagiと表現されていたのが
おもしろいですね!

P1260805

そして、ブレンテッドモルト(ピュアモルト)の
よさをプロファイル法で非常にわかりやすく解説。

P1260809

項目は一例ということで、ごく一部だそうですが
各項目に点を付けてレーダーチャートにしていきます。

たとえば、余市。

P1260810

香りの豊かさや味の濃さはじめ、
かなり強く出ているのがわかりますよね。
リッチで力強い酒質

一方、宮城峡。どの項目も平均的な感じ。
香りの軽さが余市と比べてしっかり出ています。
エレガントで軽やかな酒質。

P1260812

これをヴァッティングすると・・・どん。

P1260814

もちろん、ヴァッティングの設計思想も
大きく影響していると思いますが、
余市に少なかった軽やかさがプラスされるとともに、
宮城峡では全体的に控えめだった点数が大きく
外側に拡張され、バランスよく調和。

そして、ニッカがブレンテッドモルトに力を入れる理由。

P1260818

モルトウイスキーの繊細さや香りのよさと
ブレンテッドモルトならではの飲みやすさを
高いレベルで調和させたい・・ということなんですね。

ここを目指す方向性というのは、ある種
サントリーとの大きな方向性の違いの人でもありますね。
サントリーはあまりブレンテッドモルトには
力を入れようという感じはしないです。

またブレンテッドモルトは複数のモルト蒸留所を
持ってないとできないことですから、
日本の他の蒸留所ではできませんからね・・・

お次は、軽井沢1960の発表会。
これ、チケット取るまでにいろいろあったんですがね…

経緯はXerox1991さんところに詳しいですが、
普通に整理券配ってない&現場スタッフが詳細わかってない
結果的に待てばキャンセル待ちでぞろぞろ入場できた
みたいな引っ掻き回して、ちょっと信頼おけない感じ。
わたしも運営方法は改善してほしいと思いました。

けっこう待って入れるということがわかって
出てきた軽井沢1963。さすがに1960を飲めるわけでは
ないのですが、これも50年熟成。

P1260842

色が赤々していて、美しい。

これだって、山崎50年のことを考えると、
1杯15mlで15,000円くらいするでしょうから、
飲めただけでもありがたいモンですけどね。

1960が最古ですが、1963は2番目に古く
9月~10月くらいに150本ほどリリースの予定。

何がイイかって、プラカップなんですが
ティスティンググラスっぽいカタチをしていて、
試飲会にはぜひこういうグラスで出してほしい☆

先にティスティングコメントをば。
現地では香りを感じただけで、
今日になってようやく頂いております。

1963_1

50年の時を経たせいでしょうか、シェリーよりも樽由来の
それも甘さと渋みが混在する芳香が心地イイです。
それから、イチジクや漢方系の香りも追ってやってきます。

デイブ氏がコメントしていた森の中の仏教寺院、
という形容はけっこう自分の中でしっくり来ていまして、
いわゆる暴れん坊軽井沢ではこうはいかないだろうなぁ、と。

シェリーカスクではあるのですが、軽井沢でイメージする
ドシェリーではないところが、逆にわたしにはありがたい。

酸味と渋み中心でピークを過ぎた感・・・
だけど酸味のあるコーヒーや金木犀のような香りの強い
個性的な花の香りも感じますね。

さ、そんな軽井沢1963の香りを感じながら、お話を傾聴。

P1260850

壇上には、軽井沢1960の桐箱が
そろりそろりと運ばれてきます・・・

P1260846

堂々の登場。1本2,000,000円ですってよ!
無理すぎる・・・

P1260849

さらにその中からも箱が・・・

P1260856

軽井沢のウイスキーの最古の樽のリリース
ということでかなり凝ったパッケージ。

P1260859

そしてようやくボトルが出現。和紙を使った
ラベルに、一瓶一瓶異なった根付を。

P1260861

それぞれのボトルには根付と関連した名称が
付いていて、またデイヴ氏が軽井沢の歴史や
彼が軽井沢を訪問したときのことを記した本も付属。

パッケージでも軽井沢のストーリーを語れるような、
そんなパッケージを目指したそうで唯一のカスクであり、
二つの文化(日本とスコットランド?)が融合して
できているということをイメージしたとか。

外側が色の薄いホワイト・アッシュ、
内側は色の濃いウエンジという材をつかったのも
カスクをイメージしたからだそう。
内側が濃いのは、チャーした色ってことかな?

蓋にある「軽井沢/KARUIZAWA」の文字。
実は、ここだけカスクから取ってきていて、
焼印をしてはめ込んでいるんだそう。すげ。

P1260863

ボトル。かなり濃い色をしていますね~

P1260870

しかしこの軽井沢1960、41本のボトリングですから
相当樽の中で減っていたんでしょうな。

これまでボトリングされなかったのは、
メルシャンとしては、出すのに値しなかったのか、
それとも、秘蔵させていたのか…が気になりました。

さて、最後は河井ブレンダー登場のカフェグレーンの
ミニステージです。河合さんええ顔しはたる!

P1260878

ちょっとミニステージにしては、説明的だったかなぁ
というお話でしたが、あのカフェ式蒸留機見たなぁ…
と思い出しながら拝聴しておりました。

P1260892

P1260891

ニッカの海外担当をされているカジさん
(漢字不明・・)から貴重な海外でのお話を・・・

P1260895

シングルカスクのカフェグレーンを限定で出して
いたそうですが(日本でもアサヒショップで出てました)
通期でぜひ出してほしいという強い要望があったそう。

そこで、欧州先行発売で500mlで出たんですね。

P1260896

パリやロンドンなどのバーで人気で、
特にカクテル素材として、バーテンダーに評価が高いそう。

ニッカがやっているバーテンダーコンテストの様子。
左から、イギリス、フランス、イタリアの
バーテンダーさんだそうで、競ってカフェグレーンで
使ったマンハッタンをつくっているところ。

P1260898

さらに料理家とのコラボレーションまで!
やっているんだとか・・・右手の女性は、
Sakura Frankというパリのジャパニーズ×フレンチ
を融合させたお店の日本人オーナーシェフ。

P1260899

なんでもNikka Bento Boxという、
お花見のシーズンに合わせたお弁当を
出したんだそうです。お花見がフランスで
定着してるの?というのがまずビックリなんですが…

P1260901

写真ではわかりにくいんですが、どれも
ウイスキーを使ったお料理だそうで、
フロムザバレルやカフェグレーンが使われてます。

P1260903

150セットがあっという間に完売したとか…

こちらのお店でもウイスキーを使ったお料理が
頂けるそうで、そういうお店が成り立つほどに、
フランスでのウイスキーの存在感の大きさを感じますね。

P1260905

そして、ニッカのアンバサダーとして
欧州で活躍されているスタニスラヴ・ヴァドルナさんが
登場し実際にカクテルをその場でつくられていました。

P1260906

P1260911

しかし、ヒゲがうらやましいはやし方・・・
伸びてもまとまって揃う方はうらやましいです。

P1260915

つくってられたのは、竹鶴政孝の名を冠した
マサタカ・スウィッツェル。

P1260912

カフェグレーンにアマレット&レモンジュース。
ウイスキーでありながら、トロピカルなフィーリングがある
とおっしゃるスタニスラヴさんの言に従えば、
柑橘系との相性がいいのかもしれませんね。

カフェグレーン×みかんジュース×強炭酸の
ハイボールとかもいいかもしんない・・・

彼がつくったマサタカ・スウィッツェルは、
前列の女性がゲット。ま、レディファーストですからね。

P1260924

さて、次は他に現地で頂いたものなどを少しご紹介。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« WHISKY LIVE Tokyo 2013 1日目 - ニッカミニセミナー&気になる試飲 - | トップページ | WHISKY LIVE Tokyo 2013 2日目 - その他 - »

「イベントレポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16856/57737357

この記事へのトラックバック一覧です: WHISKY LIVE Tokyo 2013 2日目 - イベント - :

« WHISKY LIVE Tokyo 2013 1日目 - ニッカミニセミナー&気になる試飲 - | トップページ | WHISKY LIVE Tokyo 2013 2日目 - その他 - »