« 真田の郷を歩ききる!・・・その4:上田藩主館・上田城① | トップページ | 真田の郷を歩ききる!・・・その6:上田真田まつり① »

真田の郷を歩ききる!・・・その5:上田城②

さて、本丸内の散策です。
上田城といえば・・・これですね、
本丸東虎口櫓門と南・北櫓。

P1270829

残念ながら、北櫓はカメラに収まりませんでした…
櫓門は復元、南北櫓は再移築現存。
これも仙石時代のものですが、実は真田時代にも…
と思うと見方が変わってきますよね。

確かに1622年に仙石氏が入ったわけですから、
総白漆喰で櫓門を造ってもよさそうなんですけど、
敢えて下見板なのは、真田時代を復元するというだけでなく
寒冷地ということもありそうですけどね。

信幸さんが松代に持っていこうとして、
どーしても持っていけなかった真田石。
俺はここを動かんぞ、と昌幸さんが言ってるみたい?(笑)

P1270816

さて、東虎口内側。ここの石垣もやはり
少し古めで石が大きめの打込接乱積。
やっぱり、こういう石垣が好みだわん!

P1270830

北方面には、本丸が少し高段になっています。
このあたりのつくり、真田氏館に似ている気がします。

P1270840

残念ながら、桜はもう終わりかけ。

P1270843

さて、本丸北東隅へ。櫓跡には休憩所。
これは・・・礎石じゃないよね。

P1270847

切り欠き部分。ちょっと内側からだと
わかりにくいか。直角ではなく、ちょっとカーブ。

P1270848

1994年~95年に発掘調査が行われ、
この櫓の詳しい位置や大きさなどがわかったそうです。

石垣の上ではなく土塁に直接建てられ、
大きさは現存する西櫓同様、5間×4間であり、
北側の隅櫓は東西方向、南側の隅櫓は南北方向に
棟の向きが向いていたこともわかったそうです。

これ、なんとか史料がもっと出てきて、再建できない
ものでしょうかねぇ。「上田城復元プロジェクト
なんていうのもあることですし、何とか正確な復元が
できる史料が見つかればと思います。

本丸側から見た濠を挟んでの二の丸。
二の丸側から見ると木々が茂って、正直視界が
よろしくないんですが、本丸側だと開けてますね!

P1270851

北西隅櫓跡。こちらも発掘調査の結果、
地上に露出している礎石が当時のものであること、
こちらも5間×4間の大きさであることが判明しているそう。

P1270853

真田氏時代がどうだったかは推測の域を出ないとして、
同じ大きさの櫓・・というところには、
規格化された櫓という江戸時代の雰囲気を感じますね。

さて、西側の本丸土塁の上をてくてく。

P1270854

また西櫓に戻ってきました。

P1270858

さていい加減、南櫓から中を拝見させて
いただきましょうか♪

まずは、松平さんちの甲冑から。P1270866

そして天井(笑)やはり時代を経た櫓の
梁や心柱を見ていると落ち着きますな・・・

P1270868

古写真。南櫓が撤去されているが、
北櫓は残っています。

P1270872_2

これを見ると、東虎口櫓門の入母屋破風の
破風板の意匠が南北櫓の格子があるのとは違って
シンプルな漆喰板であるのがわかりますね。

隅櫓も櫓門もなく、西櫓だけ残った上田城。
わ、侘しい・・・(泣)

P1270874

南北櫓は金秋楼、萬豐楼として妓楼になったとか。
ムリヤリくっつけちゃって、櫓同士が正面衝突したような(汗)

P1270876

んでからーのー、梁にハァハァ(笑)
こういう眺めが大好きであります!

P1270883

あと二階に上がっての天井ね!

P1270885

せっかくなんで矢狭間からの眺めも・・・・

P1270893

なんとなく鉄砲を構えてみたくなります。

P1270894

そして模型。縄張りを理解するのに、
模型ほどわかりやすいものはありませんね!
二の丸北東の切り欠き。

P1270898

百間濠。広いなぁ…こりゃ球場もできちゃうね。

P1270905

南西の畑だった部分は空壕っぽい。

P1270906

西虎口。西櫓以外にも本丸土塁にもうひとつ櫓。
かなり厳重ですね。枡形になってる分、
東虎口よりも強固かもしれません。

P1270908

本丸北面。東側は櫓が2基。
藩主館は別にあったから、本丸には何も
なかったんですかね・・・

P1270909

二の丸側から。この二つの櫓、復元したいなぁ…

P1270914

二の丸東虎口~本丸東虎口。
あんなところに空壕があったんだ・・・!?

P1270913

さて、平成になって落成した櫓門にも。

P1270920

これがあと10年20年すると、いい感じの
濃茶色になって甘い香りになるんだろうなぁ・・・
まだフレッシュな木の香りがしました。

P1270923

内側には真田神社。

P1270925

その先には、すごいものが・・・・発掘成果から
復元した上田城の金鯱。

P1270927

P1270928

何を思ったかって、広島城から発掘された
金鯱との似てる具合が・・豊臣政権下の金鯱って、
やっぱりこういう感じなんだな、っと。

広島城から発掘された金鯱(復元)

P1030193

ね、似てるでしょ?ますます真田時代の
上田城の姿に想像が膨らみます。

実際に上田城で発掘された鯱。

P1270930

わずかに残る金箔。

P1270931

うむ・・・豊臣政権下の昌幸さんの立場が
垣間見れるようで興味深いですね。

で、北櫓。

P1270934

こちらも梁に惚れ惚れ。

P1270941

北櫓から櫓門、南櫓を。

P1270943

こちらでも上向いて見惚れます・・

P1270949

P1270956

さ、北櫓はサクッとになっちゃったけど、
そろそろお祭りにスタンバイしなくちゃっ・・!!
櫓門の前にはもう真田陣太鼓が準備完了。

P1270969

いよいよ、上田真田まつりの開幕です☆

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« 真田の郷を歩ききる!・・・その4:上田藩主館・上田城① | トップページ | 真田の郷を歩ききる!・・・その6:上田真田まつり① »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真田の郷を歩ききる!・・・その5:上田城②:

« 真田の郷を歩ききる!・・・その4:上田藩主館・上田城① | トップページ | 真田の郷を歩ききる!・・・その6:上田真田まつり① »