« カフェグレーン新発売記念ティスティングセミナー。 | トップページ | 上田の武田史跡を追う・・・その2:信濃岡城 »

上田の武田史跡を追う・・・その1:上田原古戦場

さて、話はガラッと変わって、4月末の
上田の話。久しぶりに上田をじっくり堪能!

1日目は、上田の武田史跡。上田というと、
すぐ真田が想起されますが、若き晴信がボロ負けした
上田原合戦の舞台であり、また武田時代の城跡も
あったりなんかするんですよね。

2日目は、真田の郷・真田町を一日かけてじっくり。
そして、3日目ははじめての参加となる
上田真田まつり。

普段、あちらこちらに移動しまくりのことが
多いのですが、上田という一箇所にずっと構えて
あちらこちら伺う旅は久しぶりでした。

で、上田駅にてレンタサイクルを借りて、
武田史跡を巡っていきます。上田原合戦の看板。
随分年季入ってますね・・・

P1270008

上田「原」なんだなーと思わせる風景。
山々に囲まれつつも、見渡す限りの原っぱ
だったんだろうな、と想像しやすい。

P1270011

あの崖の上は、村上軍の本陣跡。

P1270013

この辺が激戦地・・・かどうかはわかりませんが、
野球場の辺りが上田古戦場公園となっています。

P1270015

上田各所にはこのような史跡がわかりやすい地図が
至る所に置かれていて非常にありがたいですね。

P1270016

上田原古戦場には、武田軍村上軍の諸将の墓が点在。
が、武田側は板垣信方の墓のみで、
甘利虎泰や初鹿野高利、才間信綱などはないようで・・

村上方、屋代源吾の墓。なむなむ。

P1270023

お、板垣さんの墓はさすがに案内板つき。

P1270027

小さいですが、一応「神社」になっています。
板垣神社。大名格になっていないのに、
神社になっちゃう例はあまりないんじゃないかな?

P1270030

鳥居・・・平成九年九月ってことか。
にしては、ボロボロすぎる気が・・・

P1270039

ま、ホントはこの小さな墓だけだったんだろうね。
神社というのは後付けですわな。が、屋根を付けるなら
もうちょっと手入れしてあげてくださいな・・

P1270035

残念ながら、煙草は吸わない派なので
板垣さんへのお土産がなくってごめんなさい。
またいつものようにお経上げてなむなむしましたよ。

さて、お次は千曲公園。あの崖の上が公園でして
村上軍の本陣跡。そりゃ・・上田原を見渡せ、
晴信を迎え撃ち采配を振るうには、よい場所です。

P1270044

ただ坂道がきつく、自転車で向かうにはかなり大変。
上田坂城バイパスを抜けて裏側からぐるっと
登っていかなくてはいけません。
車でサクッといければラクなんでしょうけど・・・

P1270047

案内板もない無銘戦士の墓でしょうか・・・
刻まれた梵字が気になります。

P1270049

坂がきついので、平地を造るのにあちこちに
石垣がありましたが、けっこう隅石がちゃんと
算木積みになっているようで江戸後期~幕末あたり?

P1270052

谷積で石が丸いのも興味深いです。
付近の河原の石なんでしょうかねぇ。

ふぅ、後もう少し・・・

P1270054

来ました!これは・・確かに手に取るように
両軍の動きがわかったでしょう!

P1270055

若き晴信は向こうの低い山の麓あたりに
陣を構え、眼前の川を挟んで激戦となったそうです。

P1270056

右上あたりから武田軍が侵攻。武田軍の侵攻ルートは
他の合戦場でも「信玄道」と言われるようですが、
ここ上田原でもご他聞に漏れず「信玄道」。

P1270067

さて、再び上田原に降りて「下之条」交差点。
下之条あたりが板垣さんの落命地と伝わっています。

P1270071

雨宮正利(刑部)墓。「あめみや」ではなく、
「あめのみや」と読むのが正しいようです。

P1270074

この合戦後、雨宮氏は武田家に降ったそうですが、
信玄家臣で義信付だった「雨宮家次」の家系は
信虎時代に既に武田に降っていたようです。

しかし、墓が非常に立派になっていて、
板垣さんとの対比で考えると・・・板垣さん墓、
もうちょっとなんとかしてぇ!

さて、石久摩神社内の石碑に向かいましょう。
途中見つけた上田原資料館は休館。
てか、事前予約が要るみたい。

P1270078

神社近くの無名戦士墓。行けるのかな…

P1270079

と思ったら、畑に道があってちゃんと拝めました。
よかったよかった。

P1270099

そして、神社内の上田原古戦場碑。

P1270083

・・・よりも個人的には信玄道(の一部)と
そこの案内板がよかったです。

P1270088

P1270089

ここを通って、村上軍の待ち構える村上本陣岩鼻下、
塩田河原のほうに出撃して行ったようです。

2006年に地元の方々の協力もあって、50mほど
復元されたのだそうで、往時の道がそのまま・・
というわけではないのですけれども。

あと、こちらの案内板がなかなかわかりやすく、
戦の経緯のおおよそを知ることができます。

P1270095

浦野川を挟んで決戦になった武田軍と村上軍。
村上軍の逆襲で崩れた武田軍は、石久摩淵台で
軍勢を立て直し、再度、村上軍に挑む・・・
看板のあるのは、そんな場所。

神社の境内から南に渡っての高台が
「石久摩淵台」に当たりそうな気がします。

少し信玄道を進んでいくと・・・

P1270097

南には川辺小学校がありますが、確かに
この辺りが台地のようになっているんですよね。
武田軍が軍勢を立て直したのはこの辺かな。

P1270098

小さな台地状になっているのが、航空写真でも
わかりますよね。


大きな地図で見る

さて、この後は川中島への進軍の拠点とも
なったといわれている信濃岡城跡に参りますよー!

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« カフェグレーン新発売記念ティスティングセミナー。 | トップページ | 上田の武田史跡を追う・・・その2:信濃岡城 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上田の武田史跡を追う・・・その1:上田原古戦場:

« カフェグレーン新発売記念ティスティングセミナー。 | トップページ | 上田の武田史跡を追う・・・その2:信濃岡城 »