« 雪の四稜郭。 | トップページ | 雪と氷に閉ざされた五稜郭 … その2。 »

雪と氷に閉ざされた五稜郭 … その1。

さて、五稜郭。以前に行ったのは2005年…
まだ旧五稜郭タワーがあって、新旧両方が建っている
珍しい時期
に伺いましたねぇ。あの時も冬。

車を図書館に置いたのですが、五稜郭の図案が。
本来ならこうなるはずだったんだよねぇ。

P1240908

五稜郭の石垣と濠。濠はすっかり凍って真っ白。
3月末だというのにね・・・さすが函館。

P1240911

隅はちゃんと算木積、その他も乱積で
谷積ではないんだね。幕末だからといって、
谷積ってわけでもないんだね。

P1240914

こうした帯曲輪状の設計も、ちょっと気になりますね。

P1240913

というのも、石垣が低すぎてですねぇ…
どういう意図があったのかと。

P1240917

このあたりは谷積っぽい・・というか、
同心半円落積に近い印象。

P1240921

絶景ですね!隅石の大きさに比べ
隣の石の小さいこと…

P1240922

と思ったら、隅石は備前の安山岩をわざわざ
もってきた
らしくって。

備前の石工・井上喜三郎さんが石垣普請を担当したから、
なのかもしれませんね。

ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンの看板。
もちろん、四稜郭はありません~(笑)

P1240923

今回の大きな目的のひとつが、箱館奉行所。
前回来たときに再建するんだ、と聴いていましたが、
再建を知ってから、行きたいと思っていましてね。

P1240924

城内に入る前に、五稜郭タワーから五稜郭を眺めます。
キレイになった五稜郭タワーに唖然。
1Fには、大砲がぞろぞろ。

こちらは「會」印の大砲。
P1240930

会津の旗印。とあるお方のおかげで、
見分けわれるようになりましたよ(笑)

P1240934

薩摩も。丸に十字と菊花紋が並んでるのが
なんとも複雑・・・

P1240971

土方氏。常に逆光らしくって観光客泣かせらしい(笑)

P1240931

偶然でしたが、さまざまな五稜郭発掘調査の成果が
展示されていて、非常に興味深かったです。

P1240937

雪に覆われていない四稜郭の全景も!

P1240938

ビール瓶やワイン瓶のかけらも。箱館戦争の頃では
さすがにないよね・・ワインはともかく、
ビールがここで飲まれていたのがちょっと驚き。

P1240941

三つ葉葵紋の瓦。幕府の役所ということなんだよね。

P1240942

さて、上空からの五稜郭。旧タワーより、
少し高くなったでしょうかね。
うーん、絶景ですね!どの城にも鳥瞰できる
タワーやビルがあるとおもしろいだろうなぁ。

P1240943

馬出し(半月堡)もこうして見ると、
わかりやすくていいですよねぇ!

P1240944

これは本来半月堡をつくろうとした痕跡と見て
いいのでしょうかね?

P1240945

土塁がめぐらされている様子もよくわかりますね。
ここんところは四稜郭と似てます。

P1240950

あれに見えるは函館奉行所!
見事な赤瓦の建物ですな。わくわく!

P1240946

とてもいい!と思ったのは、実際に鳥瞰して観ながら
復元模型を対照させながら確認できること。
これは非常にイメージを膨らませるのに助かります!

P1240955

箱館奉行所も全部復元されてるわけではない、
ってこととかね。

P1240954

そして、五稜郭を巡る歴史をジオラマで解説。
五稜郭の縄張りについてあれこれ議論中。

P1240958

えーっと、とりあえず武田菱には反応します(笑)
松前家が若狭武田家の血を引いてるからなんですけどね。

P1240962

箱館戦争の終わった後、1871年からは五稜郭氷として
本州に氷が運び出されて売り出されたそうです。

P1240965

そして、タワー展望室にも土方氏。
こっちのほうがまだ撮りやすかったかな??

P1240970

さて、この後はいよいよ五稜郭曲輪内を巡ります。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« 雪の四稜郭。 | トップページ | 雪と氷に閉ざされた五稜郭 … その2。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪と氷に閉ざされた五稜郭 … その1。:

« 雪の四稜郭。 | トップページ | 雪と氷に閉ざされた五稜郭 … その2。 »