« 一味違った今年の信玄公祭りを振り返る・・・ | トップページ | 武田神社例大祭。 »

甲府城と砂金取り。

さて、翌日。要害山城に行きたいのを
グッとこらえ、甲府駅のほうへ・・・と思いましたが、
改めて武田神社に参拝。

武田印の灯籠ができています。わたしも少し
ご協力させて頂きました。

P1250877

毎回撮ってるんですが、ちゃんと武田家協賛の旗が
あるところに毎回クスッとしちゃうんですよね。

P1250884

翌週出陣する御神輿。しっかり武田菱。

P1250885

この日は晴れ間・・・昨日晴れれてくれよ(爆)

P1250886

そして、甲府駅。できたての甲府城鉄門と
そういやちゃんと見てなかった山手御門をしっかり。

北西の方角・・雲が黒い・・

P1250888

純徳川的な櫓門。

P1250889

黒い格子がいいね。

P1250892

武田時代の馬の骨。これ、近江で見た複製よね?

P1250893

山手御門からはいい感じで稲荷櫓が見えます。

P1250899

明治時代の復元と江戸時代の復元が
かぶるってのもおもしろいやね。

P1250910

甲府駅と線路がザクっと甲府城の縄張りを
貫通しているのは残念ですがね・・・

P1250903

で、櫓門に戻る。鬼瓦に何もないのに違和感・・・
のっぺらぼうみたい。徳川葵か柳沢花菱でも
付けとけばいいのに・・

P1250904

枡形を形成する土塀。

P1250905

こうやっぱり、攻撃する側から枡形内を
観るのってちょっとテンション上がりますね(笑)

P1250907

ねっ。構造的には高麗門+櫓門の典型的な
近世城郭の枡形ですね。

P1250911

下に降りていきます。石垣も少し
復元されているのでしょうね。

P1250915

高麗門から・・・・

P1250919

櫓門を見るこの角度!
人出が多いこの時期に人がいなくなるまで
待つとかなり時間掛かりました(笑)

P1250924

石垣は積み直しって感じがしますが、
なかなかよくできているんじゃないでしょうか。

P1250925

敢えて豊臣時代の野面積みで再現されてあるところが
(武田フリークとしてはツライところですが)
けっこういい印象がありますね。

材質としては、ほとんどが国産檜で、梁に松や欅、
米檜が使われているようです。外材をつかった復元って
初めて気が付いたかも。

P1250927

枡形。なんか園芸の展示されちゃってますが(汗)

P1250933

さて橋を渡って線路の向こう・・が甲府城の中心。
内松陰門門から二の丸に入っていきます。

P1250936

甲府城の石垣も安山岩系の岩質。
江戸城もそうですが、黒の石垣は締まりますね!

P1250937

今年落成した鉄門(くろがねもん)へ向かいます!

P1250941

20130609135238

けっこう落胆するよ…と事前に聞いていたのですが、
早速見つけてしまいました…鉄の補強orz

P1250942

できてばっかりなので、新材の清々しい香りがします。
特に檜の割合が高いせいもあるのかも。

P1250943

門扉には鉄板。これが「鉄」門の名前の由来。

P1250944

当然防備のためのものなので、外側に向けて張られます。
これが銅だったら、銅門(あかがねもん)になるわけですな。

P1250946

鉄門の解説にこうありました。

鉄門は、在来工法にこだわり工事を進めていますが、現代の建
築基準法と照らし合わせると、耐震性や構造面を強化する必要
があります。

そのため、基礎の一部に、補強材としてコンクリートや鉄骨を
使用しています。補強材導入にあたっては、専門委員会の指導
を受け、可能な限り歴史景観に違和感のないよう
配慮しています。

しかし、現代に鉄門を復元するためには欠かせない要素であり
在来工法と現代工法の融合として、完全に遮へいせずに
公開しています。

このシンポジウムで三浦先生がご指摘になっていた弊害が
そのまま出ているような印象でした。しかし、せめて
鉄骨を隠しておいてほしかったなぁ・・・がっかり。

さて、鉄門の渡り櫓門内に潜入。

P1250954

小さい子向けの紙笛の工作教室やってるそばを
柱とかしげしげ見ている城好き・・・(笑)

P1250959

建材は、欅・松・檜・杉でいずれも国内産。
杉材のみ県内産ですがあとは、奈良、岐阜、長野、
岩手、福島から調達しているようです。

やっぱり、上を向いて梁を眺めたくなりますね。
壮観だよなぁ・・・頸痛くなるけど(笑)

P1250967

初めて見た甲府城の古写真。うっすらと稲荷櫓が
見えますね・・土塀もぐるりと。あまり剥がれてなく、
しっかりメンテナンスされてたんでしょうかね。

P1250961

この門を鉄門と改称したのは、将軍綱吉の時代に
活躍した柳沢吉保。忠臣蔵で悪役で描かれますね・・・
武田フリーク的には、ありがたい人でもあるんですけどね。

さて、天守台だけあと見ていきましょうか。
甲府城の天守台も穴蔵を備えて、なかなか見事なんです。

P1250953

大藩の城の天守台と比べると、若干小さめですが、
それでも天守が建てるなら相当大きい規模の
天守を建てることができたでしょう。

P1250975

さて、甲州ワインビーフを頂いたら、
どんぶらこと身延線でお出かけしましょうか。

P1250977

まだ幼稚園くらいの頃、身延山久遠寺に
参拝したときに下部温泉に泊まった記憶はあるんですが…
ほとんど詳細は憶えてないです(汗)

P1250978

下部温泉信玄公かくし湯まつり、なんていう
魅力的なおまつりもありまして、ぜひ一度は
見に行きたいものです。

で、今回の目的はコレ。湯之奥金山博物館。
その名の通り、下部温泉の奥にあった金山の博物館。

P1250979

特に信玄時代によく産出した甲州金。
肥沃ではない武田領国にあって、飛躍の原動力に
なったのが、この金の産出ですね。

P1250980

これこれ、甲州金。軍功あればその場で
手で掬って褒美にしたという甲州金ですよ。

P1250984

当時の金山衆の様子がジオラマで再現されていて。

P1250986

この金山衆、金山の経営を武田家からは独立して行い、
ある種の自治を認められていた存在。後の江戸時代において、
運上金・冥加金のような一種の租税を納める代わりに
金山の採掘を保障するような互恵的な関係だったようです。

ただ要請に応じて、戦にも参加して得意の金山採掘の
土木技術を用いて、間道を掘って爆破しようとしたり、
敵方の城の井戸まで穴を掘らせて水の手を絶つ、
といった巧妙な攻城手法の担い手でもあったそうな。

そして、金鉱脈としての特徴にも興味深い点。
もともと、銀が少なく金の純度が高い鉱脈であり、
比較的技術が発達していなくても、純度の高い金を
生成することができた、という幸運もあったのね。

P1250988

若干駿河や信濃にもあるけど、ほとんどが甲斐。
こりゃこんだけあると、懐豊かになるわなぁ。

P1250989

事実、今川義元存命時には今川氏も金山開発を
進めていて、今川義元朱印状も残されているようでした。

そして最後に砂金取り体験。人が少なめだったので
ある意味集中して取れました。

P1250992

たまたま砂金取り名人の方がいて(この施設のOB?)
ちょっと手伝ってもらったこともあって、
けっこう金が溜まりましたよ♪

P1250995

あとは、静岡経由でゆっくり帰るだけ。
駅周辺ではまだまだ桜がキレイでした。
今年は早く咲いて早く散ってしまっただけに、
ありがたい!と思わずにはいられなかったですね!

P1260004

それでも若干葉桜になりかけ・・・でしたけどね。

P1250998

青空に桜。色のコントラストがハッキリして、
実に映えますよね!

P1260006

すでに閉店の時間でしたが・・・
とりあえず、店先に武田菱をつけとくのが山梨県。

P1260008

馬鹿丼(笑)なんちゅーネーミング。
さくら丼がわたしは気になります。

P1260007

ここで、まさかの英語タイム。
たぶん東南アジアあたりからお越しの子連れ夫婦。
よく下調べもしないでローカル線乗るなぁ…と
妙な関心をしながら、一応なんとか説明して
乗り方をアドバイスできました。ふー。

で、やっぱり富士山見えてきたら、撮るよね。
ということで電車内、富士山撮影タイム(笑)

P1260017

さて、翌週は信玄公御命日に合わせて
武田神社例大祭が開かれ、例大祭への参加と
二十四将行列を見てまいりましたよ!

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« 一味違った今年の信玄公祭りを振り返る・・・ | トップページ | 武田神社例大祭。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 甲府城と砂金取り。:

« 一味違った今年の信玄公祭りを振り返る・・・ | トップページ | 武田神社例大祭。 »