« 吉祥寺・一圓にて餃子を・・・ | トップページ | 白州ブロガーイベント再び ティスティング&懇親会編。 »

白州ブロガーイベント再び 工場見学編。

えっと・・・ブロガーイベントの報告を
2ヶ月もほったらかしておくとは、どういう了見・・
はい、サントリーさんすみません(爆)

以前にもブロガーイベントに参加したのですが、
また参加するの?との声がある中の参戦・・・

ということで、白州のブロガーイベント、
間違いなく最後の記事でしょうな。

20130615221208

信玄公の墓前祭でも飲まされそうになったので、
そこんとこは丁重にお断りし、大慌てで甲府駅へ。

スーパーあずさで小淵沢へ。遮光幕が武田菱☆

P1260288

駅では、サントリーさんのイベントではよくご一緒する
よぞらさん(@yozora2)やぺこはらだいさん(@pekohara)、
よくブログを拝見している京都のウイスキーブロガーさんも!
別のイベントでご一緒したうつろさん(@utsuro100820)も。

今回はイベントですので、素直にバスで移動。
い、いつも駅から歩いて白州行ってるんじゃないんだからね!

P1260290

ウイスキー博物館は外観工事中。

P1260291

会場はBARうさぎの2階。イベント時はここね。

P1260295

が、荷物置き・・としてVIPルームにもちょっと。
うひひ~初めて入ったかも~

P1260296

今日のスケジュール。工場見学&セミナー特別編に
懇親会つきですよー^^

20130615221320

今日の解説は、品質担当マネージャ・佐野博氏。
大阪育ちの方なのに、ずっと白州に
ご勤務されているんですね。

P1260298

城に出かけて石垣を眺めていると、花崗岩の
石垣に出会うことが多い…のですが、
このあたりの石や砂利も花崗岩質。

P1260305

この花崗岩が水を磨いているんですよね。
何気に「花崗岩」って「木」と同じく城とも
共通するキーワードだったりして(強引)

濾過するだけでなく、ミネラル分も溶け出しますが
硬度が低いことを考えると、本当にゆっくりと
わずかな量しか溶け出さないんですねぇ。

そういや「白州」の由来も花崗岩質の白い砂に
あったような気がします。

白州もまだ桜が咲いていましたね。
山手のほうだからかなぁ。

P1260308

一般見学者と区別するために、帽子をかぶるのですが
わたしはただ「SUNTORY」とあるだけ・・ウワーン
何人かの方は、ちゃんと白州印の帽子をかぶられていました!

P1260357

さて、白州の仕込・発酵・蒸留現場でGo!

P1260316

ちょうど発酵中のようでした。発酵槽増えた?

P1260318

ものすごい元気に発酵中!もりもりと泡が出てます!

P1260322

ここで佐野さんのご好意で、発酵中の香りも堪能。
気になってずっと眺めてると、CO2でクラッとするので、
注意です・・・ものを落としたりなんかすると
このモロミ、ぜーんぶおじゃんですからね。

P1260327

発酵開始してから13時間あたり経っているとのこと。
一番泡が多い時間になるそうです。
木桶発酵槽のなかに雲があるようだ・・・

P1260328

首を突っ込むんじゃなく、手招きで香るのが肝要。
酒飲みには美味しい香りです・・(笑)

泡が吹き零れないようにカットする装置も・・
スイッチャーというそうです。

P1260330

白州で稼動してるのは、なかなか見れませんよね。
貴重なショットになりました!

P1260335

さて、お次は蒸留。またもやガラス越しではなく、
ポットスチルのある空間に入らせて頂きました!やほー!

P1260338

この日は初溜をやっていました。ネックの下がり方が
急でストレート型が手前、ネックは下がってはいるものの、
少し角度が緩やかでランタン型のもの。

P1260339

手前のストレート型が銅の色を見ても新しく見えますが、
1980年代~2000年年代に更新されたもので、
原酒をつくりわけるために換えている様子。
奥のランタン型が多く並んでいたそうですね。

て、ことはよ?ネックの角度がキツイのも
そういう意図があってのことってことになるわけで、
ライトよりもヘビーな原酒をつくれるように?
という意図がどこにあったのか、が知りたくなってきますね。

残念ながらスピリットセーフは、間近で見る時間はなく。
ま、再溜をしているわけではないから、
見てもしゃーないか。

P1260344

1200℃の直火で初溜をしていることもあり、
屋内は36℃の非常に暑い空間・・ですが、
なぜかこういう暑さだったら、全然心地よかったり
するのが不思議なものです・・

写真には収め忘れましたが、直火ということで、
ラメジャーも付いていて、あ、あれがそうか・・・と
初めて気が付きました。余市で鎖だけが展示
されていたような気はしますが・・・

何気に気になるお稲荷さんを横目に・・・

P1260346

電気で動くエコバスに乗って、貯蔵庫に。
やっぱし、リチャー実演はなくなったなぁ・・・

P1260309

P1260311

この場でたまたま席が隣同士で座ったのが、
あの有名な「『足柄山の金太郎』の”Whisky” 日誌」の
足柄山の金太郎さんじゃないですか・・・はわわ。

お名刺を交換させていただきまして。
うわうわ、ウレシイなぁ。

さて貯蔵庫。

P1260347

入った途端に迫る樽とアルコール感。
えもいわれぬ至福な空間。すーはーすーはー。

P1260354

とりあえず、1977は撮っとく(笑)
マイヴィンテージ白州ほしいよなぁ。うむ。

P1260351

最も古いのは当然1973年ですけど、
シングルカスクの40年モノとか出さないのかしら…

こうして年号がわかりやすいものは「化粧樽」と
いうそうで、お客様に見せるための鏡板なんですね。

床下にもずっと樽が・・・この辺にも潜入したいなぁ。
さすがにコレは無理か?

P1260355

さて、ティスティングと懇親会に向かいますよっ。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« 吉祥寺・一圓にて餃子を・・・ | トップページ | 白州ブロガーイベント再び ティスティング&懇親会編。 »

「イベントレポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16856/57599692

この記事へのトラックバック一覧です: 白州ブロガーイベント再び 工場見学編。:

« 吉祥寺・一圓にて餃子を・・・ | トップページ | 白州ブロガーイベント再び ティスティング&懇親会編。 »