« 江戸城外濠ウォーク…西半周を歩く その2 四谷見附~赤坂見附 | トップページ | 江戸城外濠ウォーク…西半周を歩く その4 浜御殿 »

江戸城外濠ウォーク…西半周を歩く その3 赤坂見附~浜御殿

さて、赤坂見附からは濠は完全に埋まっています。
完全に道路=濠ではないのでしょうが、おおよそ濠跡に
従っているようですね。

P1250442

山王日枝神社。天下祭りを神田明神とともに
交代で受け持つ将軍家の崇敬を集めた神社。

P1250444

当たり前ですが、この参道は明治以降のもの。
だって目の前の通りが濠なんですから、
入れるわけがありません(笑)
元は、反対側が正面だったんですね。

さて、その先に向かうと溜池。
溜池交差点あたりが文字通り「溜池」という池で、
外濠の一部を形成していました。

P1250448

わたしが撮影したこの場所も、池の上だったんでしょうな。

溜池発祥の地、の碑。発祥というのも変だけど、
「溜池」という地名の由来ですね。

P1250456

溜池から少し進んだ特許庁前交差点。
明らかにこの坂(というか高低差)は、
江戸城の外曲輪と濠の高低差ですよねっ!

P1250459

霞ヶ関ビルの辺りには、わずかながら石垣が
残されています。何気なく見てるとビルのエクステリア、
のようにしか見えないほど、溶け込んでます(笑)

P1250461

でも、これ江戸時代の石垣ではなく、
この下にホンモノの江戸城の石垣があるそう。
石自体は江戸城っぽいので、本来は別の場所とか?

ここの土塁も・・・江戸城の土塁?それとも?
どーなんだろうかねぇ。

P1250463

さらに地下鉄虎ノ門駅の入り口付近にも、
いー石垣があるんですわ、これが。

残り具合としては、カンペキですよね。
四谷見附に比べたらもう・・・

P1250468

ただ、全部が当時の石ということでもないみたいで、
出土当時の写真と比較するとかなり積み方が違います。
出土したままだと、強度が足りなかったのかなぁ。

P1250504

このあたりは、豊後国佐伯藩主・毛利高直の築いた石垣。
だけど、石が違ってたら刻印もまた違うはず・・

P1250469

ですが、周辺は石が追加されていますが、
中央部は元々の石垣のままのようです。
こういう解説ありがたい☆

P1250486

ちゃんと外濠の濠底の箇所まで印があってナイス!

P1250477

現地の説明。赤坂見附から虎ノ門までの
埋まっている外濠は、外濠通り沿いに伸びた
ほぼ天然の池だったようですね。わかりやすい。

P1250479

江戸城築城前は、桜田門前あたりから伸びている
元台地部分と入り江の境い目(黄線部)だったとすると…

P1250479_2

溜池周辺の拡大。堰を造って堰きとめていて、
人工的につくった池のようです。入り江に注ぐ
小さな川だったのかもしれませんね。

P1250494

溜池から先の濠が直線的なのは、ここからが
日比谷入江の埋立地で入り江を残して、
濠とした部分だからでしょう。

古写真にて。これ生で見たかったなぁ・・・

P1250488

この江戸城図、どの濠が埋まっていて、
往時がどうだったかが非常にわかりやすいですね。

P1250491

サイガさんに教えてもらった桔梗門奥の内濠が
埋まっているのも、これを見ればバッチリ。

P1250492

東京駅の八重洲側を出てすぐの道路は中濠跡。

P1250493

四ッ谷駅はバッチリ水没(笑)

P1250495

お、櫓台跡なんてあるんだ・・ということで、
引き返して確認に向かいます。

P1250517

陸橋から。あ、あれだ!

P1250518

溜池を過ぎたあたりは、道路と濠跡が
ちょっとズレているんですよね。

P1250523

陸橋から見える先ほどの霞ヶ関ビル石垣の並ぶ
直線を延長して櫓台跡までつなげると、
道路と濠跡の交差具合がよくわかりますよ。

P1250519

今わずかに残る櫓台はこれのみ。江戸城外濠には
見附(桝形門)は多かったが、櫓はここひとつだけ。
ホント、痕跡・・・くらいだな。

P1250528

さて、文部科学省内中庭跡石垣。
ここも間近で見られるよう、整備してくれています。

P1250551

発掘当時はこんな様子。そう大きくは変わってなさげ。

P1250505

城メグさんがおっしゃる「やる気のないハツリ仕上げ」
がここの石垣にもありました。間隔開きすぎ(笑)

P1250530

このあたりに摂津三田藩九鬼家の刻印が
あるそうなんですが・・・みつからん(爆)

さて、虎ノ門へ参りましょう。
近くには虎ノ門のあった場所ということで、
虎の像があります・・・門の模型にしたら?(笑)

P1250561

桜田通り沿いに虎ノ門高麗門が建っていたようです。

P1250567

古写真。奥の屋敷は延岡藩内藤家上屋敷。
ちょうど文部科学省跡ですね。

P1250489

明和の大火(1772年)で櫓門が焼失して後は、
櫓門は再建されず、高麗門だけの簡素なつくりに。

と西新橋方向に歩いていくと、突然の武田菱センサーが
ピピンと反応!風林火山なる居酒屋発見(笑)

P1250570

なにがどう「風林火山」なのか不明ですが、
とりあえずスーパーニッカがお安く気になります(笑)

P1250572

さて、ホントの外濠はここから外濠通りではなく、
一本奥に入った狭い道が外濠跡。

P1250577

ほとんど面影はないんですが・・・

P1250580

こういう道の曲がり方は、濠跡っぽいですね。

P1250585

ちょっと先取りしますが、浜御殿跡(浜離宮)にある
古地図で見てみると、曲がりがそのままってのが
はっきり見えますよね。

P1250635

日比谷セントラルビルの脇
発掘された石垣が復元されていました。

P1250574

このあたりは、柳川の立花宗茂、臼杵の稲葉一道、
久留米の有馬直純、佐伯の毛利高直など、
九州の諸大名が築いた石垣。

折敷に三文字、稲葉家の刻印を発見☆

P1250575

さらにさらに!第一ホテル東京の南側の生垣を
ふと覗いて見ると・・・あっ!こ、この矢穴の跡・・

P1250593

刻印も・・・

P1250596

江戸城の石垣の石がこんなところに隠れていたとは。
たまたまとはいえ、貴重な発見!

その先には、幸橋門跡。
ちょうど山手線と平行に櫓門があり、ここを出て
右手に高麗門があったようです。

P1250604

架道橋にわずかにその名前が残っていますね。

P1250606

ここを抜けると新橋。首都高の入り口に
「土橋」と名がありますが、このあたりに実際に
土橋が架っていた名残です。

P1250613

交差点にも。古地図を見る限り、
写真の視線と平行に土橋があったはずです。

P1250615

またまた登場、古地図。
写真中央少し上の□が、幸橋門枡形。
その下にドバシとありますよね。

P1250636

その下には、「シンバシ」も。
あの新橋はここにあったのですよーっ。
その下には、「シホドメバシ」。

P1250637

その汐留橋は、現在蓬莱橋交差点あたり。

P1250619

そして・・・最終地点、浜御殿跡。
また切らなきゃ・・長いっ(笑)

P1250620

ちょっとわかりにくいのでキョリ測で
経路(赤坂見附~浜御殿大手門前)を残してみました。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« 江戸城外濠ウォーク…西半周を歩く その2 四谷見附~赤坂見附 | トップページ | 江戸城外濠ウォーク…西半周を歩く その4 浜御殿 »

「イベントレポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16856/57618003

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸城外濠ウォーク…西半周を歩く その3 赤坂見附~浜御殿:

« 江戸城外濠ウォーク…西半周を歩く その2 四谷見附~赤坂見附 | トップページ | 江戸城外濠ウォーク…西半周を歩く その4 浜御殿 »