« NPO法人・みんなでお城をつくる会 創立総会 | トップページ | ブラックニッカ リッチブレンド・新発売記念イベント。 »

流行るから書くのかい?書きたいから書くんだよ。

AMNの徳力社長の興味深いエントリ。

ツイッターやFacebookの次はまたブログが流行ると考えて、
ブログを今から始めるつもりなら大間違いという話。

わたしも同じ思いですね・・・

猫も杓子もブログを書いていた時代が
ちょうどブログサービスが始まった頃だったですかね。

記事を書くということだけなく、いろんな思いをもった
人がおもしろいと思って、みんな始めたような印象。

わたし自身は、言いたいこと残しておきたいことが
むくむく膨れ上がってきて、拙いHTMLを書いて
Webに上げなくても、書きたいことを書くことにだけ、
集中できる!と喜び勇んで始めたものです。

でも、ブログってそういう側面だけじゃなくって、
トラックバックやコメントを中心とした
関心で「ツナガル」ところがツボにはまった方に
いるでしょうし、とにかく短く細かく
たくさんアップする人もいましたしね。

で、その後のソーシャルメディアの登場ですが、
セカンドライフはあまりよく憶えていませんが、
mixiやFacebookなどはつながるというか、
クローズドな関係が絡み合うといった
関係の濃厚さを感じますね。わたしは主にmixiで。
あくまで関係が最初にあって、という印象。

一方、twitterは、リアルタイム性やあまり深く考えず、
短い投稿で済む・・というように、構えて書く「ほど」
のネタはないんだけど、とにかくポンッと投稿して
関心の(それも極々限られたゆるい)ツナガリ。

てことで、初期のブログは集客(トラフィック)と
コンテンツをひとつのパーソナルメディアで
まかなっていたのが、集客の部分がブログそのものでなく
より広めたい場に適切したSNSに切り替わっている、
ということなんでしょう。

この流れって、PCからスマホやタブレットというように
PCが受け持っていたいろんな用途が分化し、
用途毎に最適なデバイスが現れて、多様化する一方、
創作のためのデバイスとして、(one of themですが)
確固たる地位がいまだPCにあるという様子に
似ているような感じがしますね。

コンテンツの質という観点で観ると、SNSとブログは
フローとストックと喩えられることもありますが、
フロントエンド(SNS)とバックエンド(ブログ)という
喩えもできるんじゃないかな、と思います。

フロントとバックと機能を切り離して考え、
フロントは目的や好みに応じて、どの場からトラフィックを
引っ張ってくるかをチョイスって感じですね。

不特定多数で純粋に「関心」で引っ掛けて広めるなら、
twitterが適切でしょうし、顔見知りの知人のツナガリの間に
投げ込みたいんだとすると、Facebookなんでしょうね。

逆にブログのさらにバックエンド、つまり、
ブログのネタ集めの場、としてSNSが機能することも
あるな・・とも思いますが、それは機会があれば言及。

Google+はなんとなくですが、なんとかフロントエンドと
バックエンドを同じGoogle Worldでまとめさせたい、
という印象を受けますね。

Google Readerの廃止も、結局RSSからGoogle外に
トラフィックが出てしまって、Google Worldに
コンテンツがたまらない・・・という思惑もあるって、
どこいらの記事で読んだ気がしますしね。

mixiはどうだろう、なんだかいろいろ迷走していて
捉えどころのない存在になってるかなぁ。

記事中に、

 ツイッターやFacebookの登場でブログが失ったのは、
 「読者」ではなく「書き手」

というくだりが出てきますが、失ったというよりも、
篩にかけられて少数の書き手だけが残った、
という印象があります。

ブログ登場以前には、ブログのようなまとまった文章を
書きたいと思う人がいたのは確かですが、
ブログブームのような人口ほどはなく、自然に淘汰されたと。

ブログ→mixi→twitter→Facebook→…の流れで
ブログを書こうとするのは、淘汰されたはずの
フロントエンドとバックエンドが未分化の、
初期のブログのあり方に戻ること。

いわば、ものづくりしながら営業活動をしていた
零細企業の社長だった昔に戻るのかと。
コンテンツを売り歩く営業活動のための、
そして、どんな人に見てもらいたいかに応じた
ツールがあるというのに・・・

徳力社長が間違いとおっしゃっているのは、
そういった内容なのでしょうね、うむ。

 ブログやYouTubeはそれに対して、自分のコンテンツの
 ファンというのが徐々にではありますが着実に
 蓄積していくことで、名刺代わりになり、
 自分の履歴書代わりになり、ついにコピーロボット的な
 役割を果たすメディアになってくれる
 可能性を秘めているわけです。

わたしは当初から、自分自身の足跡の記録、
考えてきたことの整理と振り返りのため、
というところが第一目的でした。

が、ブログを進めるにつれ、こうした自分が持つ
関心事を中心にまとまった引き出しができ、
こういう人間だよと知ってもらう材料になるな、
という感覚が出てきまして、ブログを続ける上での
重要なアウトプットのひとつになっていますね。

 ブログを書き続けて、ブログを通じて
 めぐり合う出会いを大事にしていれば、
 ブログを書かなければ得られなかった良いことが
 いつかきっと起こるのは私が保証します。

全然重みが違いますが、これはわたしからも保証。
もちろん諍いに巻き込まれたり、炎上したり、
トラブルに遭うこともありますが、トータルでみれば、
わたしなりに一定の収穫を得てきた約9年です。

何かを言いたい想いを持っている人、
何かを追究してる人は、ブログを書く側にいることって
(ツラさや大変さもありますが)心地よい頭脳の疲れと
充実感、それに思いもかけないツナガリの連鎖を
体験できるんじゃないかな、と思っています。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« NPO法人・みんなでお城をつくる会 創立総会 | トップページ | ブラックニッカ リッチブレンド・新発売記念イベント。 »

「ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16856/57103623

この記事へのトラックバック一覧です: 流行るから書くのかい?書きたいから書くんだよ。:

« NPO法人・みんなでお城をつくる会 創立総会 | トップページ | ブラックニッカ リッチブレンド・新発売記念イベント。 »