« 85年分のありがとう…と焼きカレー。 | トップページ | Tokyo Spring Bottle Sampling 2013 in Bar HIGH SOCIETY TOKYO »

吉野梅郷、再び。

二週間ほど前、風呂場で蹴躓いて左足親指を強打し
血だらけになっていたんですが・・・
それを庇うように歩いていたら、変な姿勢だったのか、
腰に鈍痛が出てきてしまいまして。

だいぶんとよくなったんで、リハビリがてらに、
近所の梅スポットに。青梅の吉野梅郷
4年前に行ったっきりだから…随分とおひさしぶり。

15時前に着いたんですけど、それでも
駅からの道すがら、梅を見に来る人でけっこう
にぎわっていましたよ。

P1240440

とにかく「日光」と付くと何でも撮っちゃう
悪いクセ・・・(笑)

P1240449

入り口にはなにやら掲示が・・・青梅で
梅の木に感染するウイルス(人や動物には感染しない)が
昨年来発生していて、1万本もの梅の木が
伐られたそうな・・・てことで、梅の枝は持ち出し禁止。

P1240452

いい具合で咲いていました。前回はかなり終盤でしたが
ちょうど見ごろに差しかかってきてる感じ。

P1240455

桜はどちらかというと見た目の艶やかさに
注目するところですが、梅は香りもよくって好き。

ついつい鼻を近づけて、フレッシュな芳香を
感じたくなりますよね。

吉野梅郷、こうして見ると山城っぽいなー(笑)
かなり木が伐られたせいかもしれないけど
山肌が見えるところは多くて…これ土塁と壕?
(んなわけあるかいな)

P1240458

こちらは何曲輪?(だから違うっちゅーの)

P1240461

あの石垣は・・(しつこい)

P1240478

遠くから見るのもキレイはキレイけど、
桜と変わんない感じがするんだよねー・・・

P1240462

紅梅は見た目は艶やかですが、香りは控えめね。

P1240465

P1240471

香りはやはり白梅のほうが豊かな感じがします。

P1240482

今日一番の梅。かわいらしくって、いいね!

P1240486

ちょっと桜っぽい色だったりとか、
これから花が開こうとしているところがかわいい。

P1240489

P1240507

まだこれからのつぼみも。

P1240510

あずまやに木の枝が据えられていて、
写真撮りにいい感じの画が撮れるスポットに。

P1240495

やっぱり、花の写真を撮るときはこうして
バックをぼかしたりしたいわけで、そうすると
ちゃんとしたカメラで撮りたくなりますよね…
スマホやタブレットじゃ無理。

P1240497

P1240499

石垣(じゃねぇ)のある東側へ・・・

P1240514

そう言ってると、ホントに城っぽく見えてくるから
不思議ですね・・・ま、あんな川原石の石垣は
横須賀城とか永山城とかごく少数。

P1240515

梅も桜もそればっかり撮りたくなりますが、
背景に緑があるほうが引き立って、
よい画になる気がしますね~

P1240518

P1240520

こういう樹にひょろっと枝が付いてて、
花が二、三ある様子なんかもいい感じでして。

P1240525

蝋梅を逆光で。光が透けてランプが灯っている
ようにみえるのがなかなかステキ。

P1240536

こうして鳥瞰すると、高低差が結構あって、
山城つくれちゃいそうな感じね(こらこら)

P1240543

このあたり、バッサリ伐られちゃってるのは、
さきほどあったウイルス騒ぎが理由なんだろうね…
ちょっと痛々しい姿。

P1240546

鴛鴦(えんおう)という品種。
花びらが白からピンクにかけてグラデーションが
かかっているのがキレイな一品。

P1240554

P1240558

さて・・・そろそろ退散・・の前に、
前回行けなかった「そば処はら」に向かいます。

P1240443

武田菱に惹かれただけ・・・というのは
無きにしも非ずですが(笑)
美味しそうだなぁと前回記事を書いたとき
見ていたので、頂きたかったのですが、
時間も遅いこともあって、終了でした。がっくし。

…の代わりと言ってはなんですが、資料室が見えたので
少しお邪魔していきました。

P1240567

なんでも、ここのあるじさんは武井さんとおっしゃり、
長く武田家中にあった家柄なそうでして。

甲斐武田家第六代の武田信政の曾孫・盛義が竹居氏を称し、
後の代になって武井氏を称し、信玄公の時代には、
武井郷右衛門正恒という人物が家中にお仕え。
遠縁ではありますが、一門衆ということでしょうかね。

武田滅亡に伴い、青梅に逃れてきたそうで、
子孫は幕府に仕えたとあります。

あの武田菱にはそういう流れがあったんですね・・・
次回はぜひおそばを頂きたいなぁ!

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« 85年分のありがとう…と焼きカレー。 | トップページ | Tokyo Spring Bottle Sampling 2013 in Bar HIGH SOCIETY TOKYO »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吉野梅郷、再び。:

« 85年分のありがとう…と焼きカレー。 | トップページ | Tokyo Spring Bottle Sampling 2013 in Bar HIGH SOCIETY TOKYO »