« Tokyo Spring Bottle Sampling 2013 in Bar HIGH SOCIETY TOKYO | トップページ | 小田原城。 »

西荻窪にて。

西荻窪、というと以前住んでたところ。
こう狭い通路が入り組んでいて、
せまっ苦しい感じがやっぱり好き。

そして、美味しいモノもたくさんあって、
住んでる時も食には困らなかった記憶があって。

それでも、今になってなお行くお店というと、
限られてきます。その中のひとつ、
とんかつ屋「とん八」。

P1240434

西荻在住時には、まぁお世話になったこと。
とにかく親父さんの動きがテキパキすぎてですね、
その動きを見る楽しみもあったりします(笑)

ちょっと話しかけづらいというか、
頑固そうに見えるんですが・・・

お店の中はザ・昭和という佇まいに、
狭いBARくらいのスペースに親父さん手書きの
メニューがそこら中にあって。
ご飯・キャベツは一回お代わり可。

何にしましょう、に間髪入れずにチーズロースカツ。
コストパフォーマンスもよく、薄めの豚肉が
3枚ほど重ねてあり、間にチーズが挟んであって、
なかなか他にはないやわらかさと肉々しさ。

P1240435

そして、カツを半分食べたあたりで・・・
「すいませーん、キャベツください」
まるで展開が住んでた時のようで、
内心、クスッとしてました。

いつもキャベツはお代わりするんですよね。
ここのドレッシングが好きで、一時期は
親父さんにドレッシングを分けてもらってたし。

ホントにここは変わらないなぁ。変わったといえば、
あのいつも波打ってたアナログテレビが
さすがにデジタルの液晶テレビになってたくらいか。

決してキレイな店ではないけど、一度行って
好みにハマれば、間違いなくリピーターになるハズ。

からだに気をつけて長く続けてほしいなぁ。
ごちそうさまでした。もう20年近いらしいですね。

食べログにあった「おじさんに無理させちゃ
いけないと思わせる店
」にいいね!(FBやってないしw)
を押したくなるそんなお店です。

比較的食べログの(この店の)コメント
当てになると思いますよ。

そして、その隣にBAR。D's BAR
実は、西荻在住の頃はここまでウイスキーに
ハマっていなくて、BAR通いもしてなかった。
というので、知らなかった・・・

P1240432

お、なんだかよさそうな感じ。

P1240437

いいねいいねー!こういうの応援したい!
実は(BARになんてよく行くくせに)
この看板の感じのよさを見て、あ、入ろと。

P1240438

珍しくデコポンのスクリュードライバーから
始めちゃったりしたものの、
ドハマり中のクライヌリッシュ、そして
ちょっと見慣れないハイランドパークへ・・・

ま、全くメモ取ってないので、そこんとこは
まぁまぁ、ご容赦くださいな。

ちょっとね、BARに行くたびにメモを取るのが
苦しくなってきてね・・・美味しいからイイ、
でもいいじゃないの、と。

モルトと真剣勝負で構えて、ガッツリと向き合う
楽しさはまたそれはそれで代え難いのだけど。

マスター、何度かスコットランドに行かれてて
スコットランド話を。行った方にお話聞くたびに
こりゃ行かなきゃなぁ、と思うんです。

ま、日本と台湾は行きつくしたけどな!
# 台湾、一箇所しかないし(苦笑)

せっかくまた中央線使いになったんだから、
ちょくちょく西荻窪寄ろっと。
いいBARが見つかって、しあわせだ・・・

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« Tokyo Spring Bottle Sampling 2013 in Bar HIGH SOCIETY TOKYO | トップページ | 小田原城。 »

「グルメ」カテゴリの記事

コメント

のびましたしね!滞在期間が。

う、うわ~素敵なバーですね。

か、肝臓がどきどきします。

投稿: kaiko | 2013.03.26 22:08

nikko81です。

●kaikoさん

すっかりコメント返し忘れて・・
失礼しました。なかなかよいBARでした。
住んでるときに行っておけばいいものを・・・

投稿: nikko81 | 2013.04.05 00:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16856/57005033

この記事へのトラックバック一覧です: 西荻窪にて。:

« Tokyo Spring Bottle Sampling 2013 in Bar HIGH SOCIETY TOKYO | トップページ | 小田原城。 »