« 晩秋の九州攻め・・・(12)鹿児島中編~仙巌園・薩摩郷中蔵・鹿児島王将~ | トップページ | 気になるラーメン。 »

晩秋の九州攻め・・・(13)鹿児島後編~指宿・知覧城~

結局、郷中蔵でいっぱい飲んだので、
その日の夜はBARに行く気力がなくってね…
ひめ子さんに教えてもらったBARに行けず無念。
…自業自得ですけどね(汗)

ということで、翌日雨の中早朝よりバスで移動。
午前中は雨が降っていそうだったので、
急遽行き先を指宿に変更し、午後にわが父祖の地、
知覧へと移動することに・・・

バスの停留所の名前がおもしろい。
田口田(たぐちでん)…四角いっ(笑)

P1210696

指宿駅前着。9時にレンタサイクルが開くまで
足湯でほこほこ。温泉地らしくてよいね。

P1210697

ひさしぶりに自転車に乗って…砂蒸しへ。
砂蒸しは別府以来だなー。

P1210699

雨が降るとNGなこともあるようですが、
なんとか行けました。しかし、熱くて20分やそこらで
あちちち・・・と出ちゃいましたが、
オバちゃん軍団は全然平気。
1時間くらいでもいそうな勢い(汗)

P1210703

マンホールは市の花ハイビスカス。

P1210704

そして、早めに知覧に移動!蒸し風呂は
よかったんだけど、雨を覚悟で知覧にダイレクトに
行っておいてもよかった気がしないでもない。

着いて早速ごはん。前日お聴きしていたように、
薩摩ってもともとは鶏文化なんですよね!
ということで、知覧パラダイス
「といのずし」を頂きます!

P1210708

といのずし、とは鶏を丸々使ったスープで
本来は祝い事や地域の行事で供される料理で
年長の男性が大きな羽釜でつくる料理なんだそう。
ご先祖さまも食べていたんでしょうかね…

こんなちょっと現代風にアレンジした
といのずしオムライスにも興味あったけど、
まずは基本を押さえておこうということで。

P1210709

じゃん。ホントはといのずしだけ、
もりもり食べたかったんだけど、お上品な御膳しかなく。

P1210710

しかし、美味いな!鶏好きには垂涎。
もっと食べたかった…

P1210713

さて、ミュージアム知覧から知覧城に出撃…
なんですが、コレがまた遠いんだ。

知覧パラダイスには、コインロッカーがあるので
ここで荷物を置いておくのをおススメします!

えっちらおっちら3km。途中で道聞かれたり
しながら・・・わかるかっちゅーねん(笑)

県道232号線にコレが見えてきたら右折。

P1210718

舗装されてるこの道も一応侵入路というか、
空壕跡というか…ダイナミック。前回まさか、
そうだとは思わなかったなぁ。

P1210719

ここから内郭に入っていきます。前回も来たけど、
土の城を少しは理解して、歩みを進められるね。
九州の史跡はこのタイル型の案内多くない?

P1210722

等高線で表した知覧城と台地を
模式的に表した知覧城。わかりやすい。

P1210724

P1210725

後で入手したんですが、パンフにはわかりやすい
航空写真が掲載。ホント、小さな台地が
ぽこぽこ寄り添ってる感じだよね。

Chiran

アチラが東ノ栫と本丸に通じる道…というか、
空壕ですね。Let's Go!

P1210729

あれが東ノ栫。あの上が曲輪か・・た、高い…

P1210731

こちらは第二次世界大戦時の防空壕跡。
城郭遺構ではありません。

P1210732

パンフにもしっかり記載。

Chiran03

丁寧に「空堀」って書いてるのはいいけど、
雨風でどっか行っちゃうぜ?

P1210733

ちょうど、東ノ栫と今城との間の空壕でしょう。

P1210734

しかし、国指定史跡ということもあり、
かなり整備されてるなぁという印象ですね。

P1210737

今城と弓場城の分岐。まず今城へ向かいます。

P1210739

坂を上がっていくと…

P1210741

虎口が見えてきました!

P1210743

曲輪内から見ると、なかなか攻撃に適した
感じになっていてふむふむ…

P1210746

周りが鬱蒼としているにもかかわらず、
曲輪内郭はきれいにされているところがさすがだな!

P1210745

こうやって木々を刈って下さってる方が
いるんでしょうね。ありがたや。

P1210748

ただ、今城を囲む土塁はすこし崩れかかってる。
もともとシラス台地は加工がしやすい分、
耐久性は劣るのかもしれないなぁ。

P1210749

さて今度は弓場城のほうに向かいます。

P1210761

少し登ってきてもまだこの高さ。
むしろ、コレくらいの高さのほうが弓で
狙いやすいかもしれませんね。

P1210764

虎口に近づいていきます…

P1210765

ちょっとわかりにくいですが、
ちゃんと枡形をしていて、なるほどという感じ。

P1210767

しかし、ものすごい高さやな…結局、城の基本って、
容易にたどり着けない場所をどう確保し、
そこからどう攻撃するかってのが基本なんだよね。

P1210772

さらに進んで蔵ノ城のほうに向かいましょ。

P1210774

ご丁寧に「枡形」って書いてあるわ(笑)
通路はV字型になっていて、薬研堀のようになっていて
人一人が通れるかどうか位の狭さ。

P1210776

蔵ノ城虎口。往時からは削れているのでしょうけど、
なかなか防備を意識した感じは見て取れます。

P1210780

枡形を上から。なんとなく水鉄砲とかで
狙い撃ちしたくなっちゃうよね(笑)

P1210783

蔵ノ城下。あ、あのポストにある
資料を頂かなきゃ!

P1210784

あちらは本丸方面。後ほど参ります。

P1210786

てくてく…登った先に…

P1210788

虎口はっけーん☆てか、土塁低くないか…
やっぱり、削れ易いのかねぇ。

P1210789

往時はもっとあったよね。でも虎口の痕跡は
ハッキリと見て取れますね。

P1210803

隣には旧虎口跡。まっすぐだった虎口が
迂回して枡形を形成するように、作り変えられたみたい。

P1210802

こんな感じね。やはり、発掘調査すると
いろいろわかるんだよなぁ。

P1210795

曲輪を土塁が囲むものの、かなり今では低いですね。

P1210792

土塁は低いですが、高低差はかなり。
あそこに見えるのが先ほどのポスト。

P1210804

掘立柱建物跡。東西四間×南北四間の建物跡。
どんな建物があったのか・・興味津々。

P1210794

そのほか、中国製の青磁や白磁、
硯や碁石、簪に菩薩様まで出てきたそうですよ…

さて、向かいの本丸に向かいます!
ここは前回も来ました。

P1210807

本丸虎口。

P1210814

虎口すぐに「知覧城」の碑があります。

P1210815

内側から。ここの土塁ももう少し、
高かったでしょうかねぇ。

P1210821

前回は、本丸に向かう道が木々でかなり生い茂って
いたように思うので、しっかり手入れされてて
ちょっとうれしくはなりました。

本丸も低めの土塁。ただ蔵ノ城同様、
手入れがしっかりされていて、土塁は確認しやすいです。

P1210817

この凹みは建物跡でしょうか?

P1210820

建物跡っぽく見えるのは、ここだけですけど…
にしては、少し狭い気はしますね。

P1210827

そして、蔵ノ城奥の曲輪にも行こうとしたんですがね…
どうしても枡形感を感じられなかった…
櫓「台」なのもイマイチ・・修行が足らぬか。

P1210832

さて、楽しかった九州遠征もミッションコンプリート。
帰り、空き缶でつくった飾り?が風になびいて、
ものすごくぐるっぐる回っていて、おもろかった(笑)

P1210838

菊ちゃんちの新鮮たまご。ちょっと寄り道。

P1210839

たまごもりもりサンド、うまっ☆

P1210841

さて、知覧から鹿児島空港まで帰還。
ちょっと早めに着いたんで、一杯飲りますか♪
てことで、まずは薩摩ビール☆

P1210848

お、鶏飯バイキング、555円。安い!

P1210850

きびなごの塩焼きに…

P1210853

カツオのたたきっ☆

P1210856

ここまできたら、黒千代香で焼酎タイムですね☆

P1210855

これにて、長い九州のたびも終了・・・
やっぱり、九州ってホント、いいですね。
今度は五島列島とか、行ってみたいんですよね・・・
と、行きたい旅先は尽きない・・・

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« 晩秋の九州攻め・・・(12)鹿児島中編~仙巌園・薩摩郷中蔵・鹿児島王将~ | トップページ | 気になるラーメン。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 晩秋の九州攻め・・・(13)鹿児島後編~指宿・知覧城~:

« 晩秋の九州攻め・・・(12)鹿児島中編~仙巌園・薩摩郷中蔵・鹿児島王将~ | トップページ | 気になるラーメン。 »