« 信長の館。 | トップページ | CP+2013。 »

The 9th anniversary。

さて、本日もあとわずかですが・・・
2/1はblog開設記念日 & twitter開始記念日。
blogは9周年、twitterは2周年。

そんな節目のときに、余市ヴィンテージを
楽しんでまいりましたよ。

1st・2ndヴィンテージの1984/1985。

P1230645

シングルモルト余市1984は、シェリー樽だけみたい。
ワインで感じるような葡萄の皮の渋み、
ダークチョコレート、干しレーズン。
白酒かあるいはハーブ的な不思議な感覚もありつつ…

シングルモルト余市1985。新樽、活性樽中心。
割とピーティで新樽とピートのシアワセなマリアージュ。
香りは新樽が主役、味わいは活性樽。
フィニッシュでピートがほどよく主役を演じる。

前中後の主役の立ち替わりのコンボは素晴らしい。
新樽はやわらかなバニラ感として感じられ、
新樽どーんのカスク20年のような勢いには欠けるかも。

続いては、世界一の称号に輝いた1987、
そしてそれを記念してつくられた1987ノンチル。

P1230649

先ほどの1985もピートを感じたせいか、
1987ブラザーズもピーティなはずなんですけれど、
それよりも樽熟感を非常に感じました。

それでいて、どちらも樽の渋みは抑えられて、
甘いナッティ感がうまく引き出されている感じがします。

ノンチルとノーマルの差としては、ノンチルのほうが
やはり複雑さがあって、ノーマルのほうがキレイ。
城郭建築に喩えるなら、1987ノーマルが木造再建の櫓、
1987ノンチルが歴史が詰まった土っぽさのある櫓。
・・・まさかのティスティングコメントに城登場(笑)

まぁ、そんな贅沢な飲み方をしながら・・・
9周年を振り返ります。

ここ2年で、twitter-blogのすみわけも確立して、
blogとしてはコンテンツとしての位置づけに
注力できるようになってきましたね。

アクセスも直前でようやく60万を超えるにまでなり、
一日当りに換算すると、そう多くもないですが
継続してアクセスがあることはうれしいものではあります。

毎年、記念日にblogを書く際には周年記事を
引っ張り出してきて、読み返すんですけれども・・・

一見、コンセプトがないようにも思えると思いますが、
まず第一義には、自分の記録したいことを記録するコト。
そして、それを通じわたしを知ってもらうきっかけに
なるようなものにするコト。

この点は、関心の焦点がゆらゆら移り変わったり、
書き方や切り口が変わっても、一貫していると思っています。

7周年のときに書いている

「自分の書きたい衝動を満たし、また、後から
 振り返れるアーカイブにできたら・・
 あわよくば、nikko81ってこういう人間だよ」

というのが、変わらぬわたしのblogのコンセプト。

導入口がblogそのものではなく、twitterになったとはいえ、
人にいつでも見せられるコンテンツとして、
手元にあるのは、ちょっと我ながら心強いものです。

さて、昨年抱負として書いたこと。
戦略的に人と会っていく、というのは
昨年も継続しているし、その広がりを実感する日々。

ただ、「自分に合った人脈つくりの流れ」のなかで
思うようにいかないことも多かったな…
2012年の振り返りであったりします。

こゆときって、原点に立ち戻るのが城跡で…
違う違う、定石であります。何のための人脈か?

やっぱり、意見を交わすことで成長したり、
違う考え方から学んだり、刺激を受けるということが
大事なことだと思うわけで、そこはブラさず。

その意味でも、アウトプットを出し続けていくことは
大事だと思っております。2012年はこうしたい!と
宣言したんですけど・・「我が想ひの丈こそ語らめ」と。

でも、やっぱりまだまだ不十分、
という感覚がわたしの中にはあります。

旅だったり、さまざまなイベント、魅力的なモノが
あまりにも多すぎて、欲張るとなかなか時間を
取れないものなんですが・・これは継続して、
目標としていきたいと思います。

そして、それにプラスしてビジネスもプライベートも
思いの丈を何かに結実させたいとも思います。
まぁ、まずは城と琥珀色(ウヰスキー)ですわな(笑)

来年再来年というスパンではないですけど、
自分の思いで何かをこう変えられた、というものを
求めて行きたいと思います。

詳細は、追々・・・ですが、城に関しては
かなり明確になりつつありますし、
琥珀色についても、ジャパニーズへのこだわりは
しっかり持ちつつ、琥珀色に人を巻き込む!
というのをわたしなりにもやってみたい・・と。
後者に関しては、Kaoriさんがひとつのお手本ですよね。

そのためには、自らの関心を律し整理しつつ、
客観的に角度を変えながら、捉える作業も続けていきたい。

・・・とそんな決意を新たにする9周年の夜。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« 信長の館。 | トップページ | CP+2013。 »

「ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16856/56676248

この記事へのトラックバック一覧です: The 9th anniversary。:

« 信長の館。 | トップページ | CP+2013。 »