« 晩秋の九州攻め・・・(4)八代城石垣磨き隊 ~ 八代城模型 | トップページ | 晩秋の九州攻め・・・(6)佐敷城 »

晩秋の九州攻め・・・(5)八代城

今、目にする石垣・・を見に行く前に
八代駅あたりの萩原堤防跡から出土した石垣を。

P1200766

これ、刻印があるんですが…それ以上に、
せっかく埋没していたのが発見されたんだったら、
屋内展示にすればいいのに、って思いました。

P1200764

八代城の石垣がどれほど白く眩く輝いていたか、
ひと目でわかったであろうに…

というのは置いといて…天守台。

P1200782

かなり大きな天守台ですが、1620年代の築城
と考えると、古風な積み方ではあります。

P1200784

あんな感じで大天守から小天守が
伸びてたんだな…と脳内VR炸裂中(笑)
読者の皆さまは、こちらをご参照を♪

P1200785

石垣の真ん中だけ、やけに苔がないけど…
たまたま?よね??

P1200787

小天守石垣にはイチョウが植わっていて…

P1200792

石垣に落ち葉がかかり、一瞬雪と黄葉が
コラボしているように…

P1200793

南西隅から。ここには出窓のあった月見櫓が
あったのよねぃ…

P1200796

石垣をぶっ壊して造った八代宮の入り口。

P1200798

なになに…懐良親王を祀ってるのか…
あれね、明治維新後の南朝ワショーイってアレね…

P1200799

しかし、この石灰岩はそう汚れてないなぁ…
ずっとキレイに磨いてきたのかしらん?

石垣をぶっ壊してるってのは、右側に見える
石垣のラインを見ても明らかですね。
こんな歪んだ隅石ないわー!

P1200803

が、ここに通路ができたがゆえに、
通路下の石垣の石の白いこと!
こんな白い石でいっぱいの城だなんて…

P1200801

ホントの隅石だけちょっと色が違うのは何故?
算木積のとこだけ材質が違って、汚れにくいとか…

P1200805

南東隅もそうだ…

P1200807

明らかに違うこのビジュアル。
隅石の材質も知りたくなってきました…

P1200810

反対側に回ってみると…あ、あれ?
隅石だけ汚れが落ちてて、キレイになってるだけとか?

P1200812

とか思ってる間に東枡形まで戻ってきました。
あの石垣がkuroさんがおっしゃってた、
清正流平櫓のあった櫓台ですね。

P1200815

北東隅。やはりこの入隅も鬼門避なんでしょうかね。

P1200817

しかし、こうして見ると天然の状態でも
白い部分が残ってたりするんだな…
何も知らないと、何であそこだけ白いの?
材質違うの?って思っちゃいそうだわな。

P1200820

さて、北側の枡形門跡から本丸にいよいよ潜入。

P1200821

向かって右手には、天守台も控えてまっせ!

P1200824

気泡のある石を見ると、海から持ってきたのかな?
なんて思っちゃいます。実際、海近いしね。

P1200827

埋門を経て、天守台への入り口。
模型でみたあそこなんですよ!と思いながら
進んでいくのが吉(笑)

P1200831

小天守台。残念ながら小天守台に連なる
土塀のあったところから小天守台に
登るような格好になっております…無念。

P1200832

土塀跡。本来の登城口から進みたいのに…

P1200833

こうして見ると、小天守台もかなりの高さ。

P1200834

嘘っぱちの小天守台への道(泣)

P1200837

小天守は一階が東西九間、南北四間半の
二層三階(地階含む)。ここの説明によると、
東西四間、南北八間の渡櫓で連結されていた…そう。
あれ、模型は渡櫓なかったよね?

P1200838

ここが当時の小天守の入り口。先ほど車の止まっていた
奥に進んで左折すると、この石段に連なり、
石段を上がると、この小天守一階に接続してるみたい。

P1200839

小振りながら穴蔵の様相になっていて、
木造の階段があったと思われます。

さて・・いよいよ大天守台。

P1200844

やっぱ、隅石は若干白め…なんなんろ。

P1200845

天守台ももちろん穴蔵を備えてます。
五層六階の大天守…とありますが、
模型と喰い違ってますよぉ。

P1200850

ま、それはさておき家老クラスが城代を務める城で
穴蔵を持った天守があること自体、驚愕。

比較的建ってすぐの1672年に落雷による焼失で
以後は再建されなかったようですね。そりゃそうだ。

この階段はおそらく後世のものでしょう。
天守があったらこんな階段、行き先ないものね。

P1200847

一階部分の広さは十一間×十間・・ですから、
約18m×20mと相当なもの。

現存天守で最大の姫路城大天守の一階が
十三間×十間、本城に当たる熊本城大天守の一階が
十三間×十一間…と考えると、相当な規模。

津山城天守がちょうど東西十間、南北十一間ですから
ほぼ等しい大きさといえるでしょう。

ちなみに、森忠政が津山城を築城した際には、
18万6千石で入府してますから…天守だけの大きさで
どうこうと決められませんが、八代城大天守の
大きさはなんとなく比較すると、実感できますね。

往時はもっと高さがあった気はしますが、
この広さから相当な天守を想像できます…すげぇ。

P1200855

さて、天守台から見える細長い曲輪は、
唐人櫓跡、その奥が北九間櫓跡。

P1200858

南に下って月見櫓跡。

P1200859

八代宮入り口の石垣がぶっ壊されたあたり。
入り口から見ると、ショボイですが、
意外と側面はキチンと積み直しされてる様子。

P1200860

kuroさんが説明してくださった(しつこい)
本丸東枡形を守る磨櫓跡。

P1200864

その時も模型をイメージしながら、
また後々こうしてblogを書くときにも
模型と対照させていくと、理解が深まります。

磨櫓跡に立って本丸東枡形を上から。

P1200867

奥右手の石垣が先ほど登った石垣で、
櫓門である頬当門が横たわっていたはずですから
まぁ、この袋のネズミったら…

さて…八代城内の井戸跡を見て撤収。
1997年の八代宮改築に伴い出土した遺構。

P1200873

八代宮前のこちらの看板を見ると、
やはり小天守台から月見櫓跡の本丸西側の石垣は
昭和に修復をされているようでした。

P1200875

こちらの看板は、縄張りはよくわかりますが、
櫓の意匠はかなり適当・・・orz

P1200876

さ、このあと二の丸跡の八代総合病院前に。
一部ではありますが、石垣が残っています☆

P1200877

P1200879

狭苦しそうでも、残ってるだけうれしいよね。

P1200880

さらに南に下って、本成寺。
加藤清正の嫡男で夭折した忠正の菩提寺。
ここに八代城本丸高麗門が細川忠興の命によって
移築されているんですね。

P1200882

高麗門があるとすると、北枡形か東枡形。
オリジナルは焼失し、享保年間に再建されている
ということですが、様式はそのままに再建されたそう。
八代城の建築としては、唯一の遺構。

再建ではありますが、加藤家の桔梗紋と蛇の目紋が
忠実に再現されているのは見ものです。
(…現地ではわかりませんでしたけどね)

P1200883

鬼瓦は日蓮宗の井桁に橘紋。

P1200886

内側の部分は、顔文字に見えないこともない^^

P1200888

本堂も享保年間の再建。やはり屋根には、
井桁に橘紋の左右に、桔梗紋と蛇の目紋があり…
加藤家とのツナガリが大事にされてんだねぇ。

P1200891

さ、バスに乗って八代駅まで向かいますよ!
マンホールは八代特産「晩白柚(ばんぺいゆ)」。

P1200892

ミカン科ミカン属の柑橘らしいですが、
聞いたことない・・・蜜柑の国のお姫さまなら
知ってるかもしれないが…

お昼はおべんと。ホントは鮎と地鶏の
こちらを頂きたかったんですが…
熊本城のデザインだし…

P1200893

ないものはしょうがねぇ。売れ筋おべんとの
「鮎屋三代」を頂きます!

P1200894

鮎の甘露煮が丸々一匹。川魚の臭みはなく、
甘辛い味付けがいい感じでした。

P1200896

さ、肥薩おれんじ鉄道でゆらゆら…
軽く眠気に誘われつつ、佐敷城に向かいます♪

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« 晩秋の九州攻め・・・(4)八代城石垣磨き隊 ~ 八代城模型 | トップページ | 晩秋の九州攻め・・・(6)佐敷城 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16856/56736307

この記事へのトラックバック一覧です: 晩秋の九州攻め・・・(5)八代城:

« 晩秋の九州攻め・・・(4)八代城石垣磨き隊 ~ 八代城模型 | トップページ | 晩秋の九州攻め・・・(6)佐敷城 »