« 江戸城を古写真で追う・・ | トップページ | Whisky Festival Tokyo 2012(セミナー編) »

Whisky Festival Tokyo 2012(試飲編)

さて、まだまだ2012年の残り記事が、
たんまり残っておりますので、しっかり書いて
行きますよ・・・書かないと次進めないしね・・・

ということで、12/2のウイスキーフェス。
この日ちょっと体調が悪いかな・・と思ってたんですが
なんとか鼻はちゃんと利いてくれててよかったです。

Whiskyfestko

が・・・翌日から声が出ないし、出始めても
かすれ声だし、咳は泊まらないし・・と
久方ぶりに数週間も風邪を患うハメになったんですが・・・

土屋さんの開会宣言でスタート☆

P1210896

あれこれ飲んできた中でも、美味しかったのが・・・
まずは、土屋さんセレクトハイランドパークの
シェリー抜きヴァッティング。

P1210902

以前、アサヒショップに売っていたカスクを
アサヒビールがハイランドパークから手を引いて、
スコ文研が買い取ったんですかね。

シェリーカスクがあまりにも個性が強すぎて、
シェリーに引っ張られすぎなので除外。
カスクをそのまま頂きたかった気もしますが・・・

そして、WHISKY SHOP W限定の
グレーン!これがまた美味い!

P1210905

蒸留所で売ってる知多グレーンよりも、
味わいが複雑で穀物の甘みがとても優しく、
蜂蜜やメイプルたっぷりのラスクのような甘み。

絶対ね、ハイボールも美味しいと思うんだよね。
今はものっそい寒いので、やる気にならないけど、
暖かくなったら、試してみたいものです。

信濃屋の軽井沢1981・31年。バーボンバレルですが、
実に味わいにボディ感があり、とてもバーボンバレルとは
思えない重厚感がありました・・(試飲少なかったけど)

P1210895

ただ、27,000円はとてもじゃないが手が出ない。
よほど試飲してみて惚れ込んだものじゃないと
今後は軽井沢は手を出しにくいですね・・・

マルス信州蒸留所からは、2012年のニューポットのほか、
ポケット瓶が新たにお目見え!

P1210904

39度とちょっと低いけど、長野県内のKIOSK
だとかで手軽に買えるウイスキーになりそう。
これはこれで、楽しみですね。

そして、余市は始めて賞を取った時の
シングルカスク余市10年は、安定の美味さです。

P1210908

Cask of Kagoshimaは持ってるのでパス。

P1210909

Whisky Historyでも出ていたシェリー樽の
トマーチン30年。こゆとことでないと
飲むことないからね。美味しいけど買えない。

Toimatin

P1210911

あとは、イチローさんとこのカードシリーズ。
ちゃんとノート残してないのでアレですが、
ハズレはなかったですね。

P1210921

何がビックリしたかって、マクミラが来てたこと!

P1210903

さらに後にできたボックス蒸留所も含めて、
日本での販売を検討しているようで、うれしい!
スウェーデンウイスキーって、すっきりしたなかにも
スパイシーさがあって、けっこう好きなんです。

ボックス蒸留所は、樽オーナーになりませんか?
というのもやってて、なかなか意欲的。
39.25ℓの小さな樽で熟成しているそうですね。

改めて、ボックス蒸留所のハンガリアンオーク熟成樽を
じっくり頂きたいですね。新樽でかなり好みな予感。

盛況でしたが、あまり混みこみにならずに
ちょうどいい具合だった気がしました。

P1210932

このあとは、土屋守さんのセミナー、
「竹鶴ノートを読み解く」!

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« 江戸城を古写真で追う・・ | トップページ | Whisky Festival Tokyo 2012(セミナー編) »

「イベントレポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16856/56523662

この記事へのトラックバック一覧です: Whisky Festival Tokyo 2012(試飲編):

« 江戸城を古写真で追う・・ | トップページ | Whisky Festival Tokyo 2012(セミナー編) »