« 2013年初日の出は、和歌山城天守から! | トップページ | Whisky Festival Tokyo 2012(試飲編) »

江戸城を古写真で追う・・

さて・・翻って、昨年11月中の話。
(もう時系列むちゃくちゃw)

古写真で巡る江戸城・・を城郭研究家・サイガさん
がガイドしてられたんですけど、
9月末でちょうど台湾にいた頃で参加できず。
そのリベンジがあるということで、参加しました。

古写真はよく見てはいるのですが、やはり
現地で見ながらというと、また違ってくるということと、
実は濠の一部が埋められていたという事実を
初めて知ることができたのも大きかったですね。

とはいえ、本に記載されている古写真を
丸々blogに上げるのは如何なものか・・ということで
個人的に気になった点を中心に、
軽く足取りを追う程度に止めたいと思います。

集合は、有楽町の東京国際フォーラム。
太田道灌さんがいらっしゃるんですな・・・
知らんかったよ。

P1200356

桜田門から。やっぱり修理中ですね。

P1200357

皇居だからってのも、もちろん働いてるのでしょうが、
土塁もこうしてキレイにしてあれば、
実に、美しい城郭パーツですよね。

P1200362

なんだか本格的に解体して修理する感じだな・・・

P1200364

足場モリモリ。

P1200363

P1200367

伏見櫓。たぶん、ここで写真を撮る他の方より、
カメラのレンズを高く向けてるはず・・
だって、橋撮ろうとしてないんだもん(笑)

P1200369

みんな撮ろうとする二重橋って、手前と奥の橋で
「二重」って、思ってる方、やっぱり多いんですよねぃ…

手前の橋は西の丸大手橋(現:正門石橋)、
奥の橋は西の丸下乗橋(現:正門鉄橋)であって、
この西の丸下乗橋が、上下の二重構造に
なっていたため、二重橋と呼ばれたのが発端。

あの鉄橋が「二重橋」なんですよね。

P1200370

往時は・・というとこういう感じ。
これ本丸の売店でイラストを見つけたんですが、
これを見れば、あぁなるほどねってわかりますよね。

P1200394

西の丸大手橋の先にある西の丸大手門。
現存櫓であるようです。

P1200372

若干角度は違いますが、本丸売店内の写真から。
往時は高麗門と櫓門が平行に並んでいて、
典型的な枡形虎口とは違った形式。

P1200393

往時の西の丸大手橋、西の丸下乗橋の様子。
西の丸大手の枡形もわかりますし、
往時の橋の様子、そして今はない西の丸書院前門。

P1200391

坂下門。往来の便をよくするため、
枡形を壊して櫓門の向きを変えたそうだが、
櫓自体は現存。こちらも桜田門同様、修理中。

P1200373

本来は、この写真が撮られた視線に対して
平行にやや左手側に建てられていました。

サイガさんに教えてもらって、おおっ!と
思ったのは、この部分。

P1200375

これ往時の内濠の埋め立て部分で、本来は
さらに奥まで濠が伸びていたんですね。

桔梗門(内桜田門)。実はここから入る郭は、
左右に濠で囲まれた細長い形状をしていた、
ということになりますね。ほぅほぅ。

P1200377

往時の写真。わかるかなー微妙。

P1200392


しかし、この日は雨の強いこと…土砂降りでっせ。
巽櫓(桜田二重櫓)の鬼瓦。再建されているので、
天皇家の菊花紋の瓦に置き換わっています。

P1200379

さて、大手門から二の丸へ。大手櫓門は
一層部分だけ現存なので…ここの部分とかは、
現存なのかもしれませんね。

P1200380

大手三の門跡。この前がちょうど埋め立てられた
内濠が通っていたようですね。

P1200381

同心番所の妻瓦。現存建築のこちらは、
徳川葵が刻まれてますね。

P1200385

でも同心番所、門の内、すなわち
枡形内に番所があっていいモンなんだろうか?

百人番所。中ノ門外にあり、100人の同心が
詰めていたという番所。入母屋破風は銅板張だが、
青海波文様は見えませんな。

P1200386

城メグリストさんに教えてもらって・・・
一番、江戸城の石垣で驚くのがココ。
この花崗岩と安山岩の市松模様。
ちょっとアーティスティックでお気に入り。

P1200388

あと、汐見坂北側のはつり仕事の細かさね・・・

P1200401

石垣としては、南側の家康期の石垣が
好きですけどね。

P1200399

この後、また上梅林門・下梅林門経由で
本丸に戻って、天守台。穴蔵ちゃんと出せやこら!

P1200407

北の丸に渡って、ご飯。食事できるところ、
あるんだね・・知らんかった。
とりあえず、無難にカレー。

P1200412

ハイボールはじめ、しかもニッカ!
江戸城エライ!ということで城攻め中ですが、
一杯やっちゃいました(笑)

P1200411

この後は、北の丸の清水門・田安門を見て、
皇宮警察宿舎1号館の脇からもいちど清水門を。


大きな地図で見る

このあたりも土塁を見ることができるんですね。
これは穴場ですねぇ・・・外側は
もちろん、石垣になっております。

P1200419

ほぼ石垣の上に首都高が乗っかってるのは、
大丈夫なのか・・と思いますが。
さすがに直接荷重は掛かってないようでしたけど。

ということで、見れば見るほどまだまだ
発見がある江戸城ということを
再確認した次第でありました・・・

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« 2013年初日の出は、和歌山城天守から! | トップページ | Whisky Festival Tokyo 2012(試飲編) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 江戸城を古写真で追う・・:

« 2013年初日の出は、和歌山城天守から! | トップページ | Whisky Festival Tokyo 2012(試飲編) »