« 竹田城オフ・・・本番!その2:竹田城 北千畳~天守台 | トップページ | 竹田城オフ・・・本番!その4:竹田城 南千畳・南二の丸・花屋敷 »

竹田城オフ・・・本番!その3:竹田城 登り石垣

天守台から見えた姿・・あれは、後発隊!

赤組:しろうさぎさん、みつよしさん、夕里さん、
白組:シモーヌさん、寺旅人さん

ここで全員集合です☆

揃って向かう竹田城の秘境・・・
それは、登り石垣。

そもそも、登り石垣とは朝鮮出兵の際に
朝鮮半島に築城された日本式城郭(いわゆる倭城)で
山城の山麓部分と山頂部分を結ぶ石垣。

山の斜面の侵入を防ぐ意味があったようで、
通常の石垣とは違い、この上に土塀や櫓は
設けられなかったようで、万里長城に近い感じ。

朝鮮出兵後帰国した大名の築いた城のいくつかで
この「登り石垣」が残っているようです。

有名どころだと・・・伊予松山城(加藤嘉明)、
彦根城(井伊直継・直孝)、洲本城(脇坂安治)あたり。
1/24追加:あっ・・長岩城忘れてた・・行ったのに!

加藤義明も脇坂安治も朝鮮出兵経験者で、
そのときの経験が生きているのでしょうね。
(彦根城は・・・どうなんでしょ)

ですが、この竹田城にもあるんですって。
赤松広秀の時代に石垣ができているようですが、
赤松広秀も朝鮮出兵に従軍しているようですから、
その経験もあったのかもしれません。

登り石垣に向かうのは、北千畳のこの部分。

Noboriishigaki_iriguchi

P1220438

登り石垣までの道は全く整備されていないので、
これ知ってないと迷います。危険。

P1220441

お、石垣が見えはじめてきました♪

P1220443

ほぼ整備はされていないので、崩れている箇所も
ありますが、尾根に沿って石垣が
しっかり伸びてるのは、わかると思います!

P1220449

特に、人物がいるとわかりやすいですかね!
(これくらいだったら、大丈夫よね・・・)

P1220450

実際のところ、必死こいて滑らないように…
と気をつけながら降ってるので、よく写真撮れたな、
という感じではあります。写真以上に迫力満点。

P1220452

竹田城の内郭の石垣は低くて、ありゃ?
という感じでしたが、外郭石垣と変わらぬくらい、
けっこう石垣の高さもあるんですよ。

P1220456

石垣の色はグレーっぽく見えますが、
これも経年変化によるもの・・と思われます。
ところどころ赤みの帯びた部分があって、
やはり花崗岩だな、と思わせられます。

もちろん、積み直しもないでしょうから、
苔が生えたらそのまま!こんな苔に覆われた石垣、
珍しいですよ・・・(笑)

P1220458

う、産まれるーぅ!危ないな、この石垣…

P1220468

こうして見ると、サイガさん軍人です(笑)

P1220471

このあたりを登ってくときに、ズルッと
いちゃいました・・小柄なしろうささんを
押しつぶさなくて済んだ・・・(汗)

そして、また登っていきますが、
下から見上げられる(ということはきつい角度で
登らねばならない)ルートから戻ります。

P1220476

ホントにもう山の中に現れた高石垣、です。
石垣好きさんは泣いて喜びますな(笑)

P1220480

確かにこう眺めると、行く手を阻まれている
という感じがすごくします。圧迫感。

P1220483

この後、最後の難関を登りきるところ、
サイガさんが駆け上がって、皆の手を引いて
上げてくださってました。

でも、みかん赤組隊長がずざざざっ・・と
ハデに滑って、サイガさんまであわわわっと。
一時はどうなるかと思いましたが、皆無事で帰陣。

P1220489

しみずさんがなくしたカメラのキャップの蓋を
夕里さんが薮の中から発見するファインプレーもあり。

さて、ここからは自由行動で井戸跡を見に行く人あり、
また薮の中に消える人あり・・・で、わたしは
まだ観ていない南千畳・南二の丸・花屋敷方面へ。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン


|

« 竹田城オフ・・・本番!その2:竹田城 北千畳~天守台 | トップページ | 竹田城オフ・・・本番!その4:竹田城 南千畳・南二の丸・花屋敷 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 竹田城オフ・・・本番!その3:竹田城 登り石垣:

« 竹田城オフ・・・本番!その2:竹田城 北千畳~天守台 | トップページ | 竹田城オフ・・・本番!その4:竹田城 南千畳・南二の丸・花屋敷 »