« Seeking whiskies in Formosa・・・台湾再び(7)Whisky LIVE! Taipei 2012 1日目その2。 | トップページ | Seeking whiskies in Formosa・・・台湾再び(9)Whisky LIVE! Taipei 2012 2日目。 »

Seeking whiskies in Formosa・・・台湾再び(8)故宮博物院

さて、台湾3日目。またしても午前中は空き時間なので、
台湾訪問3回目にして、初めて行く故宮博物院。

朝は、ホテルで朝食。実に日本っぽい(笑)
茄子をモリモリ。

P1180383

お味噌汁はちょっと味が違ったな。甘いというか。

P1180385

台北捷運で、士林站。ここからタクシー。
駅に無料のコンセントとUSB電源があるのにビックリ。
太っ腹なだなぁ・・・日本じゃありえないよね。

P1180386

看板が日本語過ぎでわろた(笑)

P1180387

でーん☆ いかにも中華宮殿的な建物ですが、
建物はまぁ、雰囲気ですわ。

P1180389

さすがに写真は撮れないので上げられませんが、
やはり、紫禁城の第一級の宝物を避難させただけあり、
もののついでに見るには、もったいないほどの逸品ばかり。
日本語のガイドもあるのも実にありがたい。

初めて知ったのですが、1933年から始まり、
1948年に落ち着くまで実に6回、
紫禁城の宝物は次から次へと遷されていたんですね。

北京から上海、南京、重慶、また南京を経て、
台湾でようやく安住の地を得た宝物たち。

かの悪名高き文化大革命があったことを考えると、
こうして台湾の地に安住できたことで、
破壊の魔の手から逃れ、こうして今に伝わることが
できたわけですよね・・・これでも紫禁城を
出た名物の約22%にしか台湾に来ていないんですね。

やっぱり、造形物が好きなんだな・・というのは、
翠玉白菜肉形石をはじめとする「玉」、
明清代の磁器あたりにはかぶりつくように見学。

玉は、その他遼代の玉龍文盤、明代の玉魚龍花草文帯飾、
透かし彫りの細やかな美しさにも見惚れたし、
清代の象牙透彫四層提食にも同じような職人の技に圧倒されました。

彫刻では、清代乾隆帝時代の陳祖章陳祖章彫橄欖核舟

幅1.4cm×長さ3.4cm×高さ1.6cmに
八人もの人が乗り込んだ様子が彫られ、虫眼鏡で
見ないとわからない細やかさ。人が多すぎで
じっくり見れなかったのが残念・・・

まぁ、時間が経ってるので詳細な振り帰りができないのが
痛いところではあるけれど、3階に時間をかけすぎ、
1階を満足に見ていないので、また行かなくちゃ、
という感じですね。

さて・・午後はまたWhisky LIVE会場で飲むぞー!

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« Seeking whiskies in Formosa・・・台湾再び(7)Whisky LIVE! Taipei 2012 1日目その2。 | トップページ | Seeking whiskies in Formosa・・・台湾再び(9)Whisky LIVE! Taipei 2012 2日目。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Seeking whiskies in Formosa・・・台湾再び(8)故宮博物院:

« Seeking whiskies in Formosa・・・台湾再び(7)Whisky LIVE! Taipei 2012 1日目その2。 | トップページ | Seeking whiskies in Formosa・・・台湾再び(9)Whisky LIVE! Taipei 2012 2日目。 »