« Seeking whiskies in Formosa・・・台湾再び(2)台北城その1 | トップページ | Seeking whiskies in Formosa・・・台湾再び(4)寧夏夜市 »

Seeking whiskies in Formosa・・・台湾再び(3)台北城その2

さ、地上に上がって・・
道路の脇に建っている、あれが承恩門です!

P1180097

内側から見た感じ。城壁こそ撤去されてますが、
門は現存遺構ですよ。

P1180102

正面から。人の顔のように見えて、
なんだかかわいらしいです(笑)

P1180105

辺りを走るバス。前回もそうでしたが、
深キョンホントよく台湾で見ますね・・・

P1180104

中華民国の第一級古蹟に指定。

P1180106

望楼部に入ることはできませんが、
門を潜ることはできそうです。

P1180107

当時のままなのか、修復されてるのか・・・
石に刻まれた「承恩門」の扁額。
光緒壬午年良月吉日建、とあります。

P1180108

光緒壬午年・・・こちらの新竹県政府のページ
たまたま対照表があったので確認。
光緒年間の壬午の年・・というと1882年。

消えてて読めんじゃないか・・・もう。

P1180109

内側から。今は高速道路が通っていて、
ちょっと視界は悪いです。

P1180111

この辺りが枡形的な空間だったのでしょう。

P1180112

城壁のあったところがわかります。
ちょっと外側に張り出してるんですね。

P1180118

さて、中華路を南に下っていきます・・
お、ウイスキーショップ発見!

P1180121

このときは買いませんでしたが、
後にここでKAVALANのバーボンカスクをげと☆

しばらく南下すると、西門站に。
今でも賑わいのあるところにようでした。
門のあった印象はまるでないですが・・・

P1180127

ふと目をやると、日本でも見かける
赤レンガの建物が・・・西門紅樓とみえます。

P1180126

1908年創建。台湾総督府技師・近藤十郎の作だそうで、
台北医院の旧館も彼の作だそうな。
これを見てると・・入ればよかったかな。次回是非。

さらに下ると、かつて日本統治時代に
西本願寺の分院があったところに。
なにやら一部復元をしようとしているみたいで。

P1180130

輪番所の復元整備。外観全採原貌修復。
外牆為雨淋板構造・屋頂採用日式黒瓦。
其内部空間配合再利用作内部空間之設計・・とのこと。

P1180132

樹心會館。こちらは和洋折衷の建物だったようです。
やっぱり、唐破風は日本独特の伝統様式、
と解説されてましたね。

P1180134

鐘楼も復元されるようですね。

P1180138

こちらを読むと、おおよその全貌がわかります。
ま、中国語ですけどね・・・

指定理由として、日本統治時の台灣最大の日本式寺院で
当時の重要人の代表格であり、日本式の木造建築に
保存する価値があると・・その価値をを見出して
もらえていることに、ほろりとしちゃいました。

本堂と廟所は、1975年に焼失してしまったそう。
本堂の一層目や廟所の一部がわずかに
残るのみとなっているのだそう・・無念。

鐘はまだでしたが、建物はほぼ出来上がってました。

P1180153

台湾でこの画を撮れるとは、思ってもみなかったなぁ。

P1180154

樹心會館もかなり出来上がってました。

P1180159

ただ、史料に乏しいのかもしれないけど、
西門を再建するということはしないのかな・・と
思ったりもしましたけどね。

近くには、台湾の歴史がわかるパネルも。
これよかった。パンフとかにしてくれると、
非常にありがたいんだけど。

P1180139

さて、左折して愛国西路。
小南門(重熙門)が見えてきました。

P1180162

あれれ・・これ、もしかして近づけない?

P1180163

正面から。承恩門と意匠が異なるけど、
Wikipediaによれば、1965年に政府の市内景観の
観光需要への統一政策の中で北方様式に改築、とな!
いらんことすんな、ボケー!

P1180166

1965年というと、まだまだ大陸反攻の思想が
あったでしょうから、北方様式への改変は、
いずれ大陸を制覇する・・という意図も
込められていたのかもしれませんね。

重熙門の文字。確かに北方様式のほうが、
中国の城塞都市の門としては、なじみがある気はする。

P1180168

南門(麗正門)。ここに差しかかる頃には
すっかり日も落ち、ブルーモーメント。

P1180179

南のほうになにやらまたレンガの建物が・・・
台湾菸酒股份有限公司。旧台湾専売局。

P1180184

もう閉店してましたが、ここで売ってる?
玉尊台湾威士忌が気になる・・KAVALANとは
違うんだよね?スコッチのオリジナルブレンド??

しかし、南門は撮りにくいな・・・

P1180188

中正紀念堂を横目に北に上がります。

P1180191

東門(景福門)が見えてきました。
まぁ・・円い馬出しのような跡は全くナシ。

P1180193

なんか・・・どれも同じ意匠で、
ちょっとなぁ。

P1180202

奥には、総統府(旧台湾総督府)が見えます。
これは・・・最終日に。

P1180204

台湾大学医学部付属病院。これもレンガ造り・・・
何気に戦前日本のレンガ造りの建物が
台湾に多くって、台北城とともにこっちでも
ウキウキしながら、台北城跡を一周したのでした。

P1180207

さて・・またホテルに戻って、
今度はグルメ。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« Seeking whiskies in Formosa・・・台湾再び(2)台北城その1 | トップページ | Seeking whiskies in Formosa・・・台湾再び(4)寧夏夜市 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Seeking whiskies in Formosa・・・台湾再び(3)台北城その2:

« Seeking whiskies in Formosa・・・台湾再び(2)台北城その1 | トップページ | Seeking whiskies in Formosa・・・台湾再び(4)寧夏夜市 »