« ブレンダーズウイスキーNo.15 & シングルカスク余市1994/宮城峡2002 | トップページ | 比べることと自分づくり。 »

ありがとう、2012年。

さて、2012年も24時間を割ってまいりましたね。
仕事やその他では、いろいろ滅入る年でしたが、
このblogに書きたい範囲では、
今年はいろいろ印象深い年だったので、
ゆっくり腰を据えて、振り返りでも・・・

ま、さっくり振り返り記事を書けるのも、
blogを書いているおかげ・・・だったりもします。

ま、大きなトピックスは、城廻りの復活と大河清盛、
でしょうかね。ちょっと歴史系が盛り返した年。

■城

城めぐりは、しばらく鳴りを潜めていたんですが、
やはり、岡山での城人オフの影響大。

現地の城に行くだけでなく、シンポジウムに参加したり
という知識を得る機会も多かったのも印象的。

城郭建築好きから進んで、天守・櫓の図面を観て
復元の様子をイメージする楽しさをおぼえたり、
石垣の知識が増え、石垣も含めたトータルでの
造形物としての美しさを感じることができた一年。

イベントとして印象深いのは、名古屋城天守の
討論会
江戸城講座江戸城大坂城
巡るシンポに、城メグさんの江戸城ツアー
濠から見る江戸城石垣クルーズなど・・・

変り種では、八代城の石垣磨きや
駿府城坤櫓の建築現場見学ね(笑)

これからに向けて、構造面にしても
意匠面にしても、建築としての天守・櫓の
知識をつけて、各地さまざまな石垣の
加工方法や積み方に触れたいという気持ち。

これに加えて、軍事的・政治的な意図と
城郭構造・城郭建築との関係を理解をすることで、
近世城郭の美しさを多面的に捉えたいんです。

また、近代以降の城の歴史にもスポットを
当てて、城ってこれまでどう遺してきたのだろう、
これからどうしていきたいのだろうということにも
考えを深めていきたいと思いますね。

その一環として、江戸城天守再建運動にも
城郭建築の技術継承と「正しい」天守再建の
モデルとする観点から、これまで以上に
サポートをしていけたらな、と思ってますよ。

城を通じて、今年印象的だったこととして
もうひとつ挙げられることは、一口に城好き
と言っても、さまざまな方がいて影響されたり、
考えを深めるきっかけになったこと。

自分では気づいていなかった、自分なりの
「城郭観」を形づくるよいきっかけでしたから。

特に土づくりの城との対比。個人的に戦国時代への
興味と城そのものの興味って別物だったんですけど、
基本思想を学ぶ上で、土造りの城って欠かせないな、と。
実戦・実用の美が基本にありますからね、城は。

■ウイスキー

ウイスキー関連は、安定した感じ。
年始の竹鶴12年シェリーウッドフィニッシュとの
出会いから始まって、白州ツアー雪深き余市
信州マルスWhisky LIVE! Tokyo & Taipei

御殿場ツアーに、念願の江井ヶ島初陣
ウイスキーフェス大阪&東京、
ウイスキーヒストリー大阪
ウイスキーフォーラム柏

酒を飲み始めてずっとウイスキーは飲んでますが、
ウイスキーが深く刺さって4年半。
ようやく、自分の好みが捉えはじめられてきた、
という感じがしてきています。

知ってる人は知っていますが(笑)、
樽香木香がやっぱり好みの軸。
ニッカ新樽もサントリーミズナラもその流れ。

もちろんフルーティもフラワリーも、
ピーティだってスパイシーだって好きですし、
香ばし甘系や硝煙香(花火系)のシェリーも好き…
なんですけどね。やはり、木が好き。

というのと、スコッチもそれなりに頂いてきた
はずなんですが、やはりジャパニーズ基本
というのは、変わらない気がします。
捉えどころのない表現ですが、安心感が
違うんですよね・・なんだか。

スコッチだったら、クライヌリッシュが今、
自分の中で絶賛ブーム中ですけど(笑)

またこれまで、(自分としては)気軽に
あれこれ買っていたんですが、
もう少しストックするウイスキーと
普段飲みを考えたウイスキーをちゃんと考えて、
買っていかないと、と思っています。

がっぷり四つで真剣勝負で向き合いたいウイスキー、
ばかりだと気軽に「うまい!」と飲めないのも
事実なんですよね。真剣勝負でココロが震える感激を
味わいつくすのも、琥珀人としては無上の喜びなんですが。

最後に・・・城についてもこうしたい!という
未来志向で考えたいのと同様、ウイスキーにしても、
ただ自分が楽しむだけでなく、自分なりの方法で
ウイスキーを飲む人、もっと知りたいと思う人を
増やしていきたいな、と思っていますね。今後の目標。

その意味では、Whisky ConciergeのKaoriさん
先人ですよね。

■その他

あとその他・・では、聞香杯で頂く
烏龍茶の芳しさ
にウイスキーに近しい香りの世界を
感じたり、総火演で現代の戦場の一端を
腹から感じることができたのもよい経験。

あと相馬野間追の甲冑着体験ね。
かっこいいのもあるんだけど、あのフィット感は
忘れがたいひと時だったなぁ。

HDDがクラッシュして泣いたのも今年でしたね・・・
RAIDは絶対しないぞー!おー!

けっこうウイスキーと城に時間を充てたので、
展示会やブロガーイベントに行く回数は
例年よりは少なめ。行きたいブロガーイベント自体
減ってきている印象がありますし、
行く展示会もだいたい決まったもの(の中から
のチョイス)になりつつあって。

広く浅く・・という方向で知識と関心の
刺激を受けるにはもってこいなのですけどね。

個人的に関心の複雑さこそ、モノを多角的に
見ることができる基本中の基本と思っていますから
城とウイスキー(あと武田とガジェット?)だけの人…
ではいたくないと思っていますからね。

縦横無尽に、好奇心の枝葉を生やしまくるのも
時間不足のもとになりますが、ちょうどいい塩梅な
ところを追い求める…のも、課題のひとつでしょうか。
こう棚卸しすると、けっこう充実してたなぁ。

まだ、あと数本続きます。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« ブレンダーズウイスキーNo.15 & シングルカスク余市1994/宮城峡2002 | トップページ | 比べることと自分づくり。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16856/56433135

この記事へのトラックバック一覧です: ありがとう、2012年。:

« ブレンダーズウイスキーNo.15 & シングルカスク余市1994/宮城峡2002 | トップページ | 比べることと自分づくり。 »