« 二条城、再び…後編。8月上洛記(4) | トップページ | CEATEC 2012(2) »

CEATEC 2012(1)

CEATECの参加は、2001年からずっと・・・ですから、
もう12回で皆勤賞なんですよね。

が・・・昨年がちょっと残念すぎて。
忙しいのもありましたが、結局blogにもしない有様。
なんていうのか、未来が見えるはずの展示会、
想像できる範囲の未来しか、見えなくなってきたんです。

今年はどうかなぁ・・とちょっと恐る恐るの参加。
でしたが、昨年のイヤな感触が、モロ出展企業の減少、
展示規模の縮小というカタチで、表面化してしまった、
というのが、率直な印象でした。

気になるものは、あるにはあったのですが・・・
てことで、記事を書いていましょ。

■NECブース

気になったのは、7型タブレット。
今年の3月に発売されている機種…を今展示するか?
というのはあるんですがね。 MEDIAS Tab N-06D

P1180999

防水で7型・・ということで、わたしが欲する
タブレットの条件を満たした一品。
が、Xiというのが、なかなか厳しいわけでして・・・

ワンセグアンテナ。アンテナ伸ばしても、
防水性能はあるようです。

P1190001

ソフトキーボードは、ちょっとキーが小さいなぁ。

P1190008

というのと、Enterの場所が下すぎて、
使いにくい感じ・・・むむ。

P1190009

7型とはいえ、ある程度の大きさがあるわけで、
テザリングしてルータとして使っても、
電池の持ちはいいでしょうから・・
WiMAXだったらねぇ・・Xi、仮にエリアに入っても、
7GB超えたら、速度がた落ちだしなぁ。

入力はちょっと難ありですが、そこさえ目をつぶれば、
端末としては魅力的なんですが、そのうち、
WiMAX(+3G)でもいい端末が出るかな?
と思うと、なかなか踏み切れませんねぇ。

そして、超軽いLavie Z。丸の内のお披露目会でも
見てはきましたが、これはよくできてると思います!

P1190013

あと、デジモノ・・とは違いますが、
NECライティングから、スピーカを備えた照明。
これは、いい発想だなぁ。12月に発売予定。

P1190021

こういったリモコンでも照明は操作できますが…

P1190024

スマホから操作ができ、スマホ内の音楽を転送、
頭上から音が降ってくるという寸法。

P1190031

■Panasonicブース

何かと叩かれてるスマホで家電を操作しましょ…
というシロモノ。来場者のウケもイマイチ。

P1190038

スマホと連携する体組成計。でも、この部分に
スマホをかざすのはどうなんだろう?
Bluetoothとかのほうが素直な気がする。

P1190040

炊飯器。炊き具合とかをスマホから
操作するんだろうけど、この違和感はなんだろうな。

P1190046

そして、カメラコーナー。ほしい・・GX1。
今、コンデジの最上級クラスのLX5を使ってるんですが、
次はぜひ、このクラスを・・・

P1190057

しかも、操作系統が非常に似ていて、
スムーズにマイクロフォーサーズ機に移行できそう。

よりコンデジチックなGF5もあるけど、
やっぱり、GX1のほうに魅力を感じるなぁ。

P1190059

PCコーナーには、Panasonic初となる
Ultrabook Let's note。しかも、Let's noteとしては
初のタッチ対応ということで、興味津々。

P1190065

ノートPCが変形してタブレットになる
コンバーチブル型なんですが、今までにない変形。
従来は、液晶部分は180度回転して折りたたむ
感じになるのが多かったんですが、
こ、これは・・・なにっ?

P1190066

ノートPCとしてのヒンジの形状を保ちつつ、
180度を超えて、360度回転させて折りたたむとは!
むしろ、今までなんでなかったんだろ。

P1190068

裏返すと、当たり前ですがキーボード丸出し(笑)
もちろん、この時にはロックが自動でかかります。

P1190069

まぁ、デザイン的には無骨なLet'sですけど、
キーボードもちょっと安っちい感じではありますが・・・
そこがLet'sらしいといえば、らしい。

P1190064

あと、すごいのがバッテリのホットスワップね。
電源入れたまま、バッテリが取り替え可能!

P1190072

内蔵バッテリと取替可能なバッテリ。内蔵バッテリで
約3時間ほど、合わせて9時間程度。
モデルによっては、取替バッテリが2つ付いてて、
合わせると相当、電池もつだろうなぁ。

■パイオニアブース

ちょっと気になったトコがニッチなんだけど、
LED照明を使った提案がおもしろかった。

LEDだと比較的容易にホワイトバランスを調節できるそうで、
照明の色味に左右されずにデザインするための、
デザイナーさん向けの照明提案だったりとか・・・

P1190074

化粧台の照明として、ホワイトバランス調整可能な照明。
詳しいことはわかりませんが、時間による日の光の色味に
合わせてお化粧を・・ということでしょうか。

P1190078

■ソニーブース

こちらでもコンバーチブルなVAIO Duo11。
Panasonicとは違った機構で、ノートPC⇔タブレット。

P1190080

バッテリで運用する際には、ハンデでしかないんですが、
キーボードの隙間のLED照明、実は好きです。
もう、今の使い方じゃPCをバッテリ運用することは
あまりなさそうですからね・・・

P1190082

でも、これは紛らわしい・・Thinkpadみたいな
トラックポイントかと思いきや、これ小さなタッチパッド!
つ、つかいにくい!ないわ、これ・・・

タッチ操作は、電磁誘導と指操作の両方に対応。

P1190084

ペンで書いた文字を指で移動させてみたりとか。

P1190085

タブレットへの変形はこんな仕組み。
不思議とノートPCのカタチのほうが、軽いように
感じたりする・・・重心が変わるんかな。

P1190088

タブレットからノートPCに戻すときは、
ちょっとコツが要る。なかなか最初は悪戦苦闘(笑)

P1190089

無理に起こそうとせず、まず上方面へ画面を
ずらしてから、上げる感じですかね。

もう一点は、家族みんなで使おう・・的な、
VAIO Tap 20。個人的にこういうコンセプトって、
成り立つんかいな?とちょっと懐疑的ですけど・・・

P1190093

その他・・・4k2kパネルの展示に、
まさかの新聞記事の文字・・解像度アピールの
つもりなんだろうけど。どうなんだこれ。

P1190099

P1190101

■富士通ブース

タブレット部分とキーボード部分が分離するPC。
ケースに入って触れなかったんだけど、
ASUSがすでにやってるので、目新しさなし・・・

P1190133

それより、富士通研究所の目線で操作する、
というデモが楽しいよ。

P1190137

実際にデスクトップPCに内蔵されたカメラと、
赤外線照射機能を使って、視線をキャッチ。

P1190138

これ、赤外線LEDを照射して眼球の奥を照らし、
それをカメラで捕捉して、視線を捉えるそうで、
安価に実現しているのがポイント。

P1190141

ちょっと、メガネに邪魔される感じだったので、
よりブラッシュアップは必要だけど、
今回のCEATECのなかでは「未来」を感じる内容。

これ、操作だけじゃなく、ユーザが画面のどんなところに
視線を向けているか・・というマーケティング向けの
データ収集もできますよ、と言われて・・
ちょっとコワい気がしたけど(汗)

■NTTdocomoブース

ドコモでは、Grip UIを体験。スマホの端を
ギュッと握ることに動作を割り当て。
より片手でも操作しやすく、ということなんかな。

P1190153

実際に体験。なかなか慣れないから、
難しいけど・・押す場所がちょっと
盛り上がっていたりすると、よかったのだが。

i beamという視線での操作。富士通にもあったけど
より実用的な感じに仕上がってて・・・
が、並ぶにもすぐに受付停止に。あれはないわー。

P1190160

こんな感じでコンテンツもしっかり
用意されてたっぽい。

P1190161

■東芝ブース

興味があったのは、HDDとSSDのいいトコどり、
のハイブリッドドライブ。

P1190183

よく起動ドライブにSSD、コンテンツストレージに
HDDを搭載するPCはありますが、これはHDDに
キャッシュとしてSSDを載せたようなモノ。

SSDは8GB程度で、独自のアルゴリズムで
よく使われるファイルを自動的にSSD領域に移動。
利用頻度の高いファイルを優先。

SSDも8GBなので、丸ごとSSDほどは、
お高くないと・・容量はHDDそのものですしね。

起動比較。同じWindows 7PCでも
相当違いますね。やはりSSDは一番速いですが、
ハイブリッドもなかなかの速度。

P1190182

実際の速度比較をご覧あれ。

そして、東芝のコンバーチブルUltrabook。

P1190187

スリムさには、基準があるんですけど、
重さには基準がないUltrabook。これもずしっと
くるんでありました・・おおぅ。

こちらは、フィーチャーフォンにあったような
スライド型のような感じですね。

■ロームブース

京都の名門半導体メーカ・ローム。
こちらで非常に実用的な燃料電池が展示。
このサイズでスマホ1回分の充電が可能。

P1190208

燃料電池、電池とはいいますが
内部に電気が溜まってるわけではなく、
都度発電するんですよね。いわば小型発電機。

こちらの水素化カルシウムが充填された
「燃料」を装着し、使い終わったら外して交換。

P1190211

近い将来、こんな回収カートリッジがあちらこちらに
見かけるようになるかもしれませんね。

P1190213

右下では、この燃料電池をつかって、
USB扇風機が回っています。ってことでこれ、
もうすぐに使える状態なんですよね。
このUSB端子にケーブルを指して接続。

P1190210

もうひとつは、キャンプにでも持っていけそうな
大型の燃料電池。同じくらいの発電機だと、
音はうるさいし、なにせメッチャ思いモンですが、
たったの7kgなんですよね。軽い!

P1190215

お姉さんがおたまを叩いて音を出してます・・・

P1190221

・・なわけはなく(笑)位置と加速度を検出し
一定の組み合わせで、音を出す仕掛け。
こういったビックリがあるのも、素材ブースの楽しみ。

■京セラブース

毎度おなじみ、京都オパール。
今年は、実写版の「ひみつのアッコちゃん」の
小道具に使われましたという紹介。

P1190225

こちらが原石。人工的にオパールを作れるのは、
京セラくらいのモンでしょうな。

P1190227

■村田製作所ブース

村田は、ここ数年ワイヤレス充電がつきもの。
けっこうなサイズのPCを充電中。

P1190230

送電モジュールと受電モジュール。
ノートPC用ですかね。随分小さくなったかな?

P1190231

ごく微量の水を押し出すマイクロポンプ。
いつも展示あるんだけど、今回のうねうねーってのが
妙におもしろかった(笑)

倒れないムラタセイサク君のジャイロ技術を生かした
足の不自由な方をサポートする・・なんだろ?

P1190284

倒れ掛かったときには、グッと支え、
坂道ではグイグイと引っ張って。お年寄りの
動きに合わせて、倒れないように絶妙な動きで
支える姿は、見事ですねー!

大体CEATECは、じっくり見ると1日で足りない…
のだけど、今回は1日で足りちゃった、
というところは、なんとも複雑・・てことで、
その複雑さ具合を次にレポート。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« 二条城、再び…後編。8月上洛記(4) | トップページ | CEATEC 2012(2) »

「イベントレポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16856/55891662

この記事へのトラックバック一覧です: CEATEC 2012(1):

« 二条城、再び…後編。8月上洛記(4) | トップページ | CEATEC 2012(2) »