« 城と琥珀色にまみれる初夏の旅 ~ その8 若狭小浜城(2) | トップページ | 城と琥珀色にまみれる初夏の旅 ~ その10 交野城・伏見城・物集女城 »

城と琥珀色にまみれる初夏の旅 ~ その9 飯盛山城

さて、この日からはゆうりさん、サイガさん、
さらさんの3名と合流して、城攻めに向かいまする~

集合は大阪城。案内板の秀頼・淀殿自刃の地の碑。
淀殿って、RADY YODO?レディー・ガガみたい…(笑)

P1140466

で、サクッと大阪城を通過して、
大東市・四条畷市にまたがる飯盛山に
築かれた飯盛山城にGo!

馬場になっている曲輪まで、車にて。
ここには楠公寺というお寺が。

P1140467

少し進むと石垣がありましたー。
山城の石垣らしい土塁止めのような感じ。

P1140475

石は花崗岩っぽいですね。

P1140477

こういう山城独特の縄張図を読みながら、
進んでいきます。ふむふむ。
縄張り図ないと、しんどいねー。

P1140483

あれも曲輪だよなーって、見つけやすい。
てか、ないと見逃す(笑)

P1140487

こういうわかりやすい虎口なら、
わたしでもわかります。クランクしていて、
左右の土盛で道をキュッと狭め、
土塁上から攻撃する・・・

P1140493

ちょうど人一人分くらいですから、ここで
攻撃されたらタマランですよね・・・
(モデル:ゆうり姫)

P1140499

さらに反対側に進むと本丸。
今では、NHKの基地局がありました。

P1140505

小楠公・楠木正行像。近くの四条畷で
戦いがあったことは確かだけど、
飯盛山城は関係ないような・・・

P1140516

これ、明治期以降尊王思想の模範とされた
楠木正成・正行が妙に持ち上げられ、
つくられた像なんだろうねぇ。

戦前期のこんな国旗掲揚台もあるし。

P1140519

ここからは、今でも眺めがよいです!
山のほうが防衛面でも有効というだけでなく、
敵軍の行軍を見張る上でも、砦としては
山城に軍配、なんでしょうね。

P1140526

はるか遠く、大阪城天守閣も見えます!

P1140529

最も高い曲輪を降りて・・
普通だったら、見逃しそうなところに
石垣の気配・・

P1140548

そこは、ベテランのサイガさんが降りてゆかれ、
安全を確認して、皆で降りてゆきます!
って・・・この石垣!ここの石垣はすごいなぁ。

P1140558

石垣を熱心に撮るさらさんw
かなり威圧感というか、見せることも意識した
石垣だったのかもしれませんね。

P1140562

もう少し先にも。やはり石垣がチラホラ。
苔生し具合もあり、いい画になりましたよーん。

P1140572

最深部には、岩が露出した部分が・・・
ここから石垣の石が切り出されたのかな??

P1140576

P1140580

初心者ながらも、なかなか楽しめた山城でした。

お昼は、四条畷・活麺富蔵さんにておうどん。

P1140596

もちろん、基本のだし汁で頂くうどんでしょー。

P1140599

飲み干せるをコンセプトに薄味で!
うどんのおつゆ、かくあるべーし!

P1140601

あら?夜はお酒もいただけるのかな?
焼酎・赤兎馬に竹鶴12年があるやーん☆

P1140603

た、竹鶴を!という寸でのところでガマン。
まだまだこれから城攻めですから(笑)

で、きましたおうどん。腰が強すぎず、
ちょうどよい具合。好み。

P1140605

そして、お出汁がめちゃうま!
うどんのだしはこうやないとあきまへん!
深みがあるが出すぎない…
昆布といりこの最強タッグがなんとも…

大阪に帰ることは多いですが、
なかなか四条畷にまで足を伸ばすことは
ないんですがね…このうどん食べたさに、
行きたいと思うくらい、美味しかったです。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« 城と琥珀色にまみれる初夏の旅 ~ その8 若狭小浜城(2) | トップページ | 城と琥珀色にまみれる初夏の旅 ~ その10 交野城・伏見城・物集女城 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 城と琥珀色にまみれる初夏の旅 ~ その9 飯盛山城:

« 城と琥珀色にまみれる初夏の旅 ~ その8 若狭小浜城(2) | トップページ | 城と琥珀色にまみれる初夏の旅 ~ その10 交野城・伏見城・物集女城 »