« 城と琥珀色にまみれる初夏の旅 ~ その5 ウイスキーフェスティバル in 大阪。 | トップページ | 城と琥珀色にまみれる初夏の旅 ~ その7 若狭小浜城(1) »

城と琥珀色にまみれる初夏の旅 ~ その6 丹波田辺城。

さて、順序は前後しますが、城攻めのほう。
江井ヶ島酒造とウイスキーフェスの間の開いた日に、
丹後田辺城、若狭小浜城に赴きました。

舞鶴なんて、よく行っていたのに、
城はこれが初だったりするんですよね・・・

西舞鶴駅下車。自販機にグリーンエスプレッソが
あったりなんかして、小躍り(笑)

P1130899

マンホールは、天橋立。
ま、普通はこのあたりに来たら、天橋立。
はるか前に、祖母と来たのが遠い記憶・・・

P1130900

二の丸交差点。もうほとんどが埋め立てられて
跡形もないのだけど、名前があるだけでも・・・ね。

P1130901

どーんと出てくる石垣と櫓門。
立派なのですが、模擬。石垣からして模擬。

P1130903

それなりに上手くできてるように思うけど、
角の算木積はヘンだし、狭間の位置も。
知識があれば、こうはならないと思うんだけどなー。

P1130906

それを除けば、けっこういい感じの積み方だと
思うんですよね。むしろ模擬でもここまで積めるというね。

元々は野面積の石垣。奥が模擬で手前が
築城時の石垣。野面もいいよねぇ。
荒々しくも味わいのある石垣。

P1130909

豊臣大坂城の頃も野面積だったというから、
キレイな野面積を見ると、ものすごくうれしいね。

P1130910

往時の石垣の上に建つのは、彰古館。
1940年に建てられた模擬櫓。

P1130908

瓦が梅鉢紋と鶴丸紋が交互に。
ど、どゆこと・・・

P1130911

裏から。ちょっとカタチに無理あるよね…

P1130913

奥のほうに石垣は続きます。ずっと本丸石垣。

P1130916

未発達とはいえ、算木積の萌芽が見られ、
見ていて安心するな。

P11309191

うーん、やっぱり遊びのある石垣のほうが
味があってよいよねぇ。

P1130920

向かいは、濠をイメージさせるような池に。

P1130921

向かいから石垣を見ると、なんとなく
雰囲気を想像できそうな・・??

P1130949

その先は、庭園っぽく整備されているんですが、

P1130927

さらに行くと、二の丸石垣と堀跡が
わずかに残ります。ほほほー。

P1130924

若干、残念な積み直しはあるものの・・

P1130928

東面はなかなかよく石垣が残ってますね。

P1130930

P1130932

P1130934

さて、戻って本丸石垣を再度。二の丸石垣が
花崗岩で、本丸石垣は黒っぽかったですが、
こちらもただ汚れているだけのよう。

P1130951

こちらから上がって、石垣上を歩きます。

P1130956

石垣上。

P1130958

鬼瓦。達磨さんみたいだなぁ。

P1130960

ここでも鶴丸紋。津山城に最近行ったせいか、
森家を思い出すけど、関係ないよねぇ。

P1130965

ひとつだけ、菊花紋。ますます謎・・・

P1130961

旧城域と現在の地図の比較。城門のあるとこは、
実際は濠の上。城門を出てすぐのところに
実際は石垣が伸びていたことがわかりますね。

P1130969

本丸石垣が残っている北西角から
北東角にかけて、ということになるでしょうか。

お!第一城ねこ発見!めっちゃにらまれました(笑)

P1130970

模擬石垣の端。この切り方は残念だ・・・

P1130971

この模擬石垣の真向かいあたりが、
天守台です。天守台・・・??

P1130973

低っ!と思いません?

P1130974

上部分の石が失われていたとしても、
それにしても低い。

P1130975

実はこれ、本来の石垣が地下に半分ほど
埋まっているのですよ。

P1130977

もともと野面積みの時代の石垣ですから、
さほど高くは積めないわけですが、
これが半分埋まっちゃうと・・・ねぇ。

発掘時の写真を見ると、それなりの高さが
あったことがよくわかります。

P1140033

算木積もちゃんとしてますし、
見応えがある穴太積石垣じゃないですか。

ただ、発掘されたのはごく一部だけで
こうして見ると天守台が埋まっている感じが
よくわかりますよね!

P1140075

ちょうど90度動いた角度からの現状。
この下に石垣があるのを想像しつつ・・・

P1130989

実際には、丸太跳木を並べ板銅木を敷き、
はしご状に組んだ基礎も発掘されてるんだそう。

P1140039

城門のある場所。北西隅の石垣と模擬櫓。
西面の石垣はかなり失われていたようですね・・・

P1140034

このあたりの通路になってる部分を
横切るように石垣があったよう。

P1130991

やっぱり、ここに模擬石垣つくるか?
という感じだなぁ。もうちょっと縄張りを
考えられなかったのかなぁ。

P1140049

さて、天守台に上がってみますか。

P1130999

第二城ねこがお休み中。

P1130997

起こされて機嫌が悪い?

P1140003

見晴らしは、あんまり・・当然だけど。
それなりの大きさだから、
天守もしっかりしてただろうな。

さて、城門内の資料館へ。
鉄筋コンクリ造りではあるのだけど、
インテリアは木造になっていて印象は悪くない。

P1140053

よく見ると、コンクリだってわかるわけですが。

P1140055

二階天井はなぜか格天井。

P1140056

端のデザインはどのような意図なんだろ。

P1140059

2階部分にはポツンと模型が・・・

P1140062

これ・・・全然今残ってないところの模型で、
こ、これはどこなんだ(笑)

P1140080

さきほどの発掘調査の写真だったり、
この模擬櫓ができた頃の写真なども展示。
櫓建築前。これでもよかった気がしないでもない。

P1140064

櫓完成直後。

P1140069

お花見でしょうか。この頃のほうが、
まだ遺構がよくわかっていたんでしょうが・・・

P1140072

さて・・・そろそろおいとましますか。
門のつくりとかも、模擬の中でも
そう悪くはないだけに、もうちょっとやりようが
(場所が特にね)あったんでは、と残念。

P1140088

こうしてみると、櫓がなんだか二条城の
隅櫓っぽい気がしてくる・・・
モデルは、どこの櫓?

P1140101

P1140107

さて、お昼なので・・・肉じゃがオムライス。
舞鶴、軍港だったこともあり、肉じゃがが名物。

P1140109

呉もおんなじこと言ってる(肉じゃが発祥)気も
するけど・・・細かいことはいいか(笑)

中にも肉じゃががみっちり。甘辛い肉じゃがと
卵にご飯。各々単体で見れば和食なのに、
オムライスにするだけ、洋食っぽくなる不思議。

P1140110

ま、合わないはずはないよね、この組み合わせ。
西舞鶴駅前、FORESTさん。ごちそうさまでした。
ということで、この後は若狭・小浜へ。

P1140114

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン


|

« 城と琥珀色にまみれる初夏の旅 ~ その5 ウイスキーフェスティバル in 大阪。 | トップページ | 城と琥珀色にまみれる初夏の旅 ~ その7 若狭小浜城(1) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 城と琥珀色にまみれる初夏の旅 ~ その6 丹波田辺城。:

« 城と琥珀色にまみれる初夏の旅 ~ その5 ウイスキーフェスティバル in 大阪。 | トップページ | 城と琥珀色にまみれる初夏の旅 ~ その7 若狭小浜城(1) »