« ぶらり、大坂城。 | トップページ | 小型水上バス「カワセミ」江戸城石垣めぐり その2 水道橋~日本橋。 »

小型水上バス「カワセミ」江戸城石垣めぐり その1 日本橋~飯田橋。

ちょうど1年くらい前でしょうか、
お世話になっているりすきぃさん(@riskyspeeder)の
水上バスに乗られたツイートを拝見して…

えええ、江戸城の石垣見れんの!!!
行きたい行きたい!と思って1年経っちゃいました。

という積年の望みを先週の土曜日、ようやく敢行。
70名乗りの小型水上バス「カワセミ」に乗船して、
船から江戸城外濠を楽しんできました♪

約1時間ちょっとの乗船、日本橋をスタートして
日本橋川を遡り、途中飯田橋と水道橋の間で
神田川と合流し、御茶ノ水を経て隅田川。
そして、また神田川に戻ってくるコース。

早速、日本橋を出発です!
途中、橋上からの眺めと比較しながらお届け!

P1160812

このあたりは、明治期の石積みでしょうねぇ。
真四角ぴっちりの布積ですなぁ。

P1160813

明治の石垣でもあればいいほうで、
コンクリートがやはり多いという印象です。

P1160814

橋を支える橋台が煉瓦なのは、
間違いなく明治でしょうね。これはこれでいい!

P1160816

で、ここから石垣が出現してきます。
最初の江戸城石垣が出てくるのが常盤橋付近。

■常盤橋

きゃぁぁぁ!きたぁぁぁ!!

P1160818

算木積もしっかりした切込接石垣です!
かなり葉っぱに覆われてますが・・・

P1160820

わずかに、刻印が確認できる・・かな?

P11608201

常盤橋には、江戸城三十六見附に数えられる
常盤橋門の枡形石垣が残っていますよ!

P1160824

この石垣、実は昨年の地震で少し被害があり
まだ修復中で、地上からは近づけなくて・・・
ただ、向かい側からは地上でもよく確認はできます。

P1170005

P1170009

ただ、今は工事中で入れず・・ということもあり、
船から近くで見たほうが価値ある気が。

P1170007

工事現場をこそっと・・・現代の匠が
鋭意修理中。日の目を見る日が待ち遠しいです。

P1170011

古写真を見る限り、右手の石垣の上に
櫓門が載っていたようですね。

P1160828

このあたりは、ぴっちりした切込接。
奥の石垣と比べると違いは歴然。
石垣飾りも本丸と同じくしっかりなされてます!

P11608281

ね、こちらとは明らかに時代が違いますな。
常盤橋門あたりは寛永くらいにつくられたのかも。

P1160832

■鎌倉橋

鎌倉橋あたりもわずかに石垣が確認できる。
ほんの・・ほんのわずか。
もうちょっと遺してくれれば・・・

P1160835

こちらは、船上でしか確認できず、
地上・橋上から難しそう。

■神田橋

かなりツタで覆われちゃってるのと、
少し近代的な石に置き換わってますが、
江戸時代の石垣であることは、十分確認可。

P1160839

P1160840

神田橋下にも崩されながらも、辛うじて
石垣が残っているのがわかります。
矢穴の痕がある石がはっきり確認できますね!

P1160844

橋の真下。普段は見られることがない
石垣たち・・・

P1160850

これらの石垣、一応は神田橋上からも
確認はできますが、ちょっとツライ・・・
船から見たほうがよく見えますねー!

P1170014

P1170016

で、このクルーズで最も壮観に見える石垣が
錦橋~雉子橋。ここの区間には非常によく石垣が
残っておりました!

■錦橋

P1160863

少しセメントで補強されてる部分もありますが、
切込接よりもこれくらいの打込接が好き☆

P1160857

刻印も確認できました!かなり刻印多い!

P1160864

こちらは、かなり広範囲に石垣が確認OKなので、
(暗いですが)錦橋上からでも、壮観な石垣が見れます。

P1170019

■一ツ橋

御三卿・一橋徳川家の屋敷があった一ツ橋付近。
一ツ橋門の枡形櫓台が半面だけ残っています。

P1160869

船の上からこうしてみてみると、
どしっとした石垣ではあるんです。

P1160873

斜めに丸く矢穴が入った石垣☆

P11608731

側面から見ると非常にさびしい・・・
貧ぼっちゃま的にかなしい・・・

P1160874

アップ。ハデに壊されてしまってます・・・

P1170039

地上から。ひ、ひどい・・・(泣)

P1170041

この真正面にどーんと石垣があった・・
のでしょうねぃ。残念すぎる。

P1170049

化粧もしっかりした石垣なのになー。

P1170047

■一ツ橋~雉子橋

このあたりが、江戸城外濠と内濠(清水濠)が
最も接近するところで、江戸時代には
特に警備が厳しかったところだったそうな。

コレは明らかに首都高通す時に、石垣の上半分を
ばっさり切り取っちゃった感じだなぁ。ううっ。

P1160877

石垣の積み方は、これまで見てきた中で、
一番原始的で、石の大きさもまばら。

P1160879

なんとなく丸っぽい石が多いのも
特徴かもしれませんね。

P1160882

ただ、このあたりは刻印の宝庫!
すごーくはっきり確認できます。やたっ。

P11608791

なんとなく・・丸や四角に十字の印が多い。
島津ではないと思うのだが・・・

P11608821

右上に見えるすだれはつりの石が
すごくシゴトが細かくてすばらしい☆

P1160889

そういや、石垣の石の色。ベージュ色を
しているように見えますが、水面近いところが
黒い安山岩の色をしているので、汚れなのでしょう。
江戸城本丸・西の丸の石垣は、こうでないのにね?

P1160892

ここで算木積の隅石が出現。
石垣バンザイエリアはここで終了でございます。

P1160897

こちらも、地上からの確認でもいい感じで
眺めることが可能。船乗らないなら
外濠石垣では、ここが一番だな!

P1170051

むしろ、じっくりと刻印探しするなら、
ここを地上から観察するのがいいかも・・です。
あれは、島津かな!

P1170057

これは・・・駐停車禁止?(笑)

P1170062

外濠石垣だから、それなり・・じゃなく
膨大な石を丁寧に表面加工までしてあるのね・・
はつり飾りがよくできてますわ。

P1170064

地上からでも雉子橋の算木積は、しっかり見えます。

P1170070

雉子橋から少し本丸方面に向かうと、
住友商事竹橋ビルがあるんだけど、そこにも石垣。
が・・なんか変だな・・・特に角。

P1170076

とはいえ、矢穴のある石垣も
含まれているので、石は家康入府以後の
安土桃山~江戸の石ではないでしょうか??

P1170077

ということで、日本橋川が神田川に合流していきます。
で、石垣を見る上での注意点。断然、クルージングで
石垣を見るなら、進行方向の左手をゲットすべし。

これ東京に住んでる人でも、参加したことがある人、
少ないんじゃないでしょうか。石垣派の城好きさんなら、
絶対に薦められるぜひ、見ておいて損はない!
地方から来る城好きさんにも、薦められそうですね!

このあとは、石垣ではなく台地を切り開いて、
外濠・神田川をつくった土木事業のダイナミズムを
感じるエリアへと参ります。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« ぶらり、大坂城。 | トップページ | 小型水上バス「カワセミ」江戸城石垣めぐり その2 水道橋~日本橋。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小型水上バス「カワセミ」江戸城石垣めぐり その1 日本橋~飯田橋。:

« ぶらり、大坂城。 | トップページ | 小型水上バス「カワセミ」江戸城石垣めぐり その2 水道橋~日本橋。 »