« 御殿場バスツアー presented by Bar Virgo 連続式蒸留機見学編。 | トップページ | 御殿場バスツアー presented by Bar Virgo ブレンド体験編。 »

御殿場バスツアー presented by Bar Virgo 樽場編。

さてさて、試飲タイム。こちらでは、
樽熟成の現場にある樽から、原酒を掬いだして
ウイスキーをいただけます☆

■樽出しモルトと樽出しグレーン

モルトは21年、41%まで下がってはいますが、
加水はしておらず、湿気が高く気温が低いので
自然とアルコールが抜けた結果・・・です。

多くは60°前後で樽詰めするところを
50°で詰めるというキリン独自の方法に
よるところもあるのですが、このほうがキリンが
目指す「フルーティでクリーン」な
ウイスキーに出来上がるようなんです。

それに、何年熟成しても「フルーティでクリーン」という
コンセプトに合わない粗い香りがあるそう・・・・
でも、それだったら最初から熟成しているときに
抜くということが大きい理由なんだそう。

こうしてつくることで、加水して度数を下げて
口当たりをやわらかくしなくても、樽から出せば、
すぐに「ready to drink」の状態にし、50°で
製品にしたい・・ということで生まれたのが
「富士山麓樽熟50°」。

50°あると、冷却濾過(チルフィルタリング)しても
あまり析出する成分はないんだそうです。

あれあれ、でも、たとえば富士山麓樽熟50°などは、
モルトが40°くらいまで下がっちゃうとどうするの?

それは、モルトとグレーンでアルコール度数の
変わり方が違うところにあるんです。
そう、グレーンは60°で樽詰めするため、
ブレンドする時点で合わせられるんです。ほぅほぅ。

それにしても、50°から20年で40°近辺にくるってことは、
御殿場の天使は飲兵衛なのか??ですよね(笑)

決して薄まったわけではなく、飲みやすいけど、
熟成感はたっぷり残り、蒸発してほしくない成分までは
抜けてっちゃうわけではないそうで、
分子量の小さな物質が抜けていくみたいです。

一方、香味成分は出て行かないんだそうで、
ひたすら、樽の中で濃くなっていき、
天使が飲むのは、ライトな成分ばかりなんですね。

天使に差し出すのをケチると美味いウイスキーは
できないというのは、こういうことでもあるんですな!

てことで、今度は20年オーバーのグレーン!
これがまた美味いんだ。86年蒸留のこの原酒、
Evermoreの最後のブレンドにも、使われていたそう!
# Evermore、1本だけあるなぁ・・未開封。

止めちゃったのは惜しいですけど・・・・
売りにくいそうで。毎回味が変わって(苦笑)

■樽種

今では、クリーンでフルーティなウイスキーを
ということで、バーボン樽しか使ってないのですが、
かつては使ったこともあるそうなんですね。

あくまで実験的にしか詰めなかったため、
かつてのリリースで使い切ってしまったそう・・・

そのほか、バーボン的なヘビーグレーンを
つくるさいには、バーボンと同様、新樽で熟成を
させるようですね・・これはこれで単独で
いただけたらおもしろいだろうになぁ。

■樽は手をかけない

これけっこう、興味深かったんですが、
バーボン樽を買い付ける際には、ばらさず
そのままで日本に持ち込むんですって。
それに、リチャーは一切しないとのこと・・・

中はカラ。ばらすとコンテナの匂いや
他の貨物の香りとかが移るんだと・・・そうなんだ。
簡易的な修繕で使えれば、修繕して使いますが、
漏れ出したら、基本的には廃棄。

樽は、履歴と古さで使い分けるんだそうで、
長く熟成したいグレーンは古い樽をつかったり、
早く熟成させたいモルトは、バーボンの空き樽の
空いてすぐの樽を使ったりだとか。

あと、モルトを熟成させた後の樽に
グレーンを熟成させたりだとか。

空いてすぐの樽が荒々しさが取れ、しかも
熟成力が強く、もっともフルーティになりやすいとか。

キリンはフォアローゼズをもってはいますが、
フォアローゼズに限らず、幅広くバーボンの
空き樽を集めているそうですね。

チャーの具合が違ってそうですが、バーボンとしては
もちろん違いがあるわけですが、あまりその差は
大きくはないというのが、キリンの立場。

焦がした部分と焦げてない部分の間から
必要な香味成分が出てくるのであって、
炭の厚さ(=脱臭力)はバーボンの刺々しさを
和らげるときに効いてくるものだと。ふむ。

・・・こういう話は聴いていて、飽きませぬなぁ。
続いては、お部屋に戻ってブレンドをしてみますぜ!

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« 御殿場バスツアー presented by Bar Virgo 連続式蒸留機見学編。 | トップページ | 御殿場バスツアー presented by Bar Virgo ブレンド体験編。 »

「イベントレポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16856/55254222

この記事へのトラックバック一覧です: 御殿場バスツアー presented by Bar Virgo 樽場編。:

« 御殿場バスツアー presented by Bar Virgo 連続式蒸留機見学編。 | トップページ | 御殿場バスツアー presented by Bar Virgo ブレンド体験編。 »