« 阿佐ヶ谷夏の陣 戦国武将三番勝負!3番勝負 伊達政宗 vs 真田幸村 | トップページ | 「大坂の陣と大坂城・四天王寺・ 住吉大社の建築」世界遺産を つくった大工棟梁― 中井大和守の仕事(Ⅱ) »

阿佐ヶ谷夏の陣 戦国武将三番勝負!質問編。

ここからは、小和田先生が質問に
お答え頂ける質問たーいむ☆

好きなライバル関係と訊きたいことを
会場の皆さんが書いていきますよ!

事前に小和田先生に訊くこと考えてなくて、
あせあせしました・・・(汗)

わたしが挙げたのは、武田信玄と村上義清の関係。
信玄(当時晴信)が大敗したのは、
いずれもこの対義清戦。猛将義清が晴信を大きくした、
という側面がたぶんにあると思ってるんですよね。

この上田原の戦いと砥石崩れの手痛い敗退は、
大きく晴信を成長させたのだろうなと思うのです。
小和田先生に、「負けて強くなった」武将で、
信玄を強くした初期のライバルですね、
とおっしゃっていただきました♪

一般に言われている、晴信の慢心によるもの・・・
かどうかはわかりませんが、負けることによって、
失って初めてわかることがあったのだろう、と推察します。

凡そ軍勝五分を以って上と為し、七分を以って中と為し、
十分を以って下と為す。その故は五分は励を生じ
七分は怠を生じ、十分は驕を生じるが故、
たとへ戦に十分の勝ちを得るとも驕を生じれば、
次に敗るるものなり。すべて、戦に限らず世の中の事
この心掛け肝要なり・・・・

この言葉が、二度の敗戦から得た経験を
よく物語っているな、と思うんですよね。

その他・・・質問です☆

Q:○○守って名乗ってる人いっぱいいるけど、
  調停から苦情こないのでしょうか?

A:苦情は来なかった。朝廷から与えられるほか、
  主君が家臣に与えたり、自分で名乗っている場合もあり、
  同時期に同じ官職を名乗る人物は、相当いたそうな。

Q:小和田先生の、好きな武将・観光地は?

A:言わないようにはしてるので・・・(笑)
  でも、勝ち組より負け組、石田三成、明智光秀、
  豊臣秀次といった勝者の歴史に埋没するような人に
  光を当てたいと思ってます、とのこと。

  観光地・・は、城跡推し!やったー。
  その地の地酒を探して・・・すっかり酒飲みイメージ(笑)

Q:戦国武将は、どうやって甲冑師を探したのでしょう?
  クチコミ?評判?甲冑デザイナーと武将は、どのような
  やりとりでデザインをきめていくのでしょうか?

A:甲冑師は奈良に集まっていて、地方大名から
  スカウトされて、国々に赴いていくそうな・・・

  城近辺に住まわせ、ノルマとして課せられた数を納めれば、
  あとは、自由に販売していい、というのが北条の槍職人。
  おそらく甲冑もそうだったんだろう、と推測できそう。
  デザインを決めるやりとりは、残念ながら
  史料はないそう・・・

Q:恵林寺の快川禅師の弟子虎哉禅師は、
  政宗の教育係になっていますが、虎哉禅師が
  快川禅師を経由して得た信玄のエピソードを
  政宗に語ったくだりがもし史料にあったら、
  ご教示ください。
  [nikko81の質問]

A:史料としては読んだことはないが、
むしろ話さないほうが、不自然だと思うので、
何かは話していたと思いますよ・・・

Q:軍勢の数、数万に上って数えられるのですか?
  どこまで正確な数字なんでしょう?

A:戦国初期の数百、数千であれば、ある程度正確
  と思うが、万を超すと怪しい。特に軍記モノの数字は
  倍ほどサバ読みしてる。 ただ、兵数を数える方法は
キチンと研究してないので、今後の研究対象かも。

Q:武田水軍が織田水軍と戦っていたら・・・
  歴史はどう変わったと思われますか?

A:信玄が大成できなかったのは、本拠を甲府から
  移せなかった、その発想を持てなかったところにあると
  思っていて、いつも戻るのは大きなロス。

  駿河を落とした後、本拠を駿河に構えて徐々に
  西上するだけでも天下が取れた可能性は高まっただろう。

  武田水軍はほぼ今川水軍を継承しており、
  その今川水軍は伊勢水軍がルーツ。ということは、
  海上ルートで伊勢湾を押さえ、上洛の足がかりに
  なったのではないか・・・・

この質問は、後日談があって・・・
とあるフォロワーさんが、おもしろい話を
ツイートされていたんですよね。

志摩国地頭の中に、武田左馬介という人物がおり、
駿河に追放された武田信虎が世話になった者に
武田姓を与えたのだとか(三国地誌)で・・・

信虎は、追放された後けっこう上洛をしていて、
駿河から京に上るのに、海上ルートで伊勢・志摩を
経由して京に行ったとすると、伊勢水軍が
絡んでいたとしても、不思議ではない・・・

ということと、小和田先生の武田水軍のお話。

そして、上洛の野望・・上洛作戦に実は、
ものすごく長生きした信虎が絡んでいたのでは?
と思わせるおもしろい話につながりました。

いやー、いろいろ戦国バナシのシャワーを浴びて
楽しかったですねぇ。聴くだけで楽しすぎ。

最後に、美甘子さんのクリアファイルに
サイン頂きました!けっこう気さくな方でした☆
ありがとうございましたーん♪

P1150172

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« 阿佐ヶ谷夏の陣 戦国武将三番勝負!3番勝負 伊達政宗 vs 真田幸村 | トップページ | 「大坂の陣と大坂城・四天王寺・ 住吉大社の建築」世界遺産を つくった大工棟梁― 中井大和守の仕事(Ⅱ) »

「イベントレポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16856/55306388

この記事へのトラックバック一覧です: 阿佐ヶ谷夏の陣 戦国武将三番勝負!質問編。:

« 阿佐ヶ谷夏の陣 戦国武将三番勝負!3番勝負 伊達政宗 vs 真田幸村 | トップページ | 「大坂の陣と大坂城・四天王寺・ 住吉大社の建築」世界遺産を つくった大工棟梁― 中井大和守の仕事(Ⅱ) »