« 阿佐ヶ谷夏の陣 戦国武将三番勝負!2番勝負 徳川家康 vs 石田三成 | トップページ | 阿佐ヶ谷夏の陣 戦国武将三番勝負!質問編。 »

阿佐ヶ谷夏の陣 戦国武将三番勝負!3番勝負 伊達政宗 vs 真田幸村

さて、最後の3番勝負・・・は、
伊達政宗 vs 真田幸村(信繁)。
明らかに・・・・BASARAの組み合わせ(笑)

今回は、真田信繁の名前は「幸村」で
統一することにします(タイトルがそうなので)。

■一方は徳川方に、一方は豊臣方に・・・

どっちが勝っても生き残るため、と言われる
真田家の関が原の一件。あの時点でそうしようと
考えたもんでもなく、そもそも信幸は小松姫を娶って、
徳川とのつながりが深いし、幸村は人質として、
大坂にいたわけで・・・予想された結果なんですな。

■幸村、九度山での生活

そういわれれば・・幸村って華々しい活躍の場が
なかなか来ない武将ですよね。関が原の時点で
すでに33歳ですからね・・・

で、九度山に蟄居。その間には真田紐あみあみ、
そして子つくりに精を出し(笑)それだけかい!

幸村好きの方には、有名な話らしいのですが、
幸村かなりの大酒飲み。甕に並々注いで
零れないように蓋をしてください・・と
手紙を遣って、酒をよこしてもらったりだとか。

政宗も酒に関する所感があるけど、
酒好きではあるけど、あまり強くはないよね・・・
酒飲み合戦なら、間違いなく真田の勝ち(笑)

政宗、幸村と一緒に酒を飲む機会があったら、
どんな話をするんだろう・・・
と酒飲みは、いろいろ妄想しちゃいますな(笑)

で、結局紐編んで、酒飲んで、子づくりかい!
いやいや、それだけじゃないですよ・・・・

■幸村、大坂で花開く軍学の学び

幸村は一時、上杉家に人質として赴いていて、
そこで上杉流の軍法を学ぶことができたのだろう、
と小和田先生は、おっしゃいます。

ついで、大坂に(また人質として)赴いた際には、
秀吉から学ぶこともできただろうし、
幸隆や昌幸譲りの真田・武田の軍法も学べたろうし。

実戦経験は少ないとは思うけど、やはり
しっかり学んではいたんだよな。そうでないと、
いきなり、大坂の陣で大活躍とは行かないでしょう。

大坂冬の陣で有名な真田丸も、まさに
甲州流築城に見られる丸馬出の系統。

大坂の陣って、実はそう興味がなかったのだけど、
この頃まで、武田の兵法が活きていた、
と考えると、興味深いものがありますね・・・
(大阪人ですが、行ったことないのよね。汗。)

夏の陣でも、家康本陣に切りかかっていき、
三方が原についで二度目の馬印を倒すところまで
追い詰めるわけですよね。

山田さんが、芸人のたとえを引き合いに出しながら、
 
 ここで華々しく活躍せな、どこで活躍するんや!

という焦りが、ここまで強くさせたんじゃないだろうか?
という指摘には、なるほどと思いますね!

■「独眼流」政宗の由来

この由来は、中国・唐末の武将・李克用。
唐を滅ぼした朱全忠と激しく戦った
突厥出身の猛将で、彼も同じく隻眼で、
独眼龍との異名を持っていたそうなんですね。

また、軍装をすべて黒に統一していたそうで、
これも伊達軍に取り入れられています。
武田の赤備えに対して、伊達の黒備え、
とでもいう感じでしょうかね?

映画『スター・ウォーズ』の監督、
ジョージ・ルーカスがこの政宗の甲冑、
黒漆五枚胴具足をいたく気に入ったそうで・・・

政宗の黒漆五枚胴具足の写真がほしいと
仙台市博物館へ問い合わせがあったとか。
それが、ダースベイダーの衣装に生かされてる・・

中国と日本とアメリカ、おもしろいツナガリ☆

■戦国料理人・政宗

政宗と言えば、お洒落さんとグルメさんですわな。
戦をやっていた頃とは、また全然違う側面。

それが、小和田先生がおっしゃるには、
毎朝トイレに入って、今晩のレシピを考えていたとか?
トイレで考えるって・・・信玄みたい(笑)

食の研究は、接待して将軍や諸大名をもてなす
伊達家の家格アップにもつながっていたんでしょう。

政宗が30年早く生まれていれば・・・と
信長や信玄・謙信らとおもしろい拮抗が見られた
かもしれないけどね・・・でも、ある意味、
この時代に生まれていたからこそ、文化の薫りが
する政宗を形成したのかな、と思うんだよね。

政宗の料理観に感銘を受ける料理人も多く、
校訓にしている料理学校もありますからね・・・

あと、仙台味噌の基礎をつくったとかね、
食べ物のエピソードが多いのも、政宗の特徴。
# あ、信玄だって、信州味噌の発展に
# 貢献してんだからね!ね!

■政宗、空気を読む男?

小田原遅参での秀吉への取り入り方とか、
機転を利かせるというのも、政宗らしいとこ。

ではあるんですが、どうして彼がこうできたか?
というところを知りたいものですね。

史料としての情報はあまりないようですが、
こういった戦国を生き抜く感度の鋭さが、
平和な江戸時代になっても、趣味の世界に
生かされているような気がするんですよね・・・

■政宗=丹波哲郎?

瑞鳳殿には、戦災で焼けた後から、
政宗の遺骨が発掘され、頭骨からその顔の復元を
試みた蝋人形があるんですけどね。
美甘子さん的には・・・丹波哲郎だってさ(笑)

確かに彫が深い顔ではあるけど、見たときに
背が低い!ていうのは、思ったよなぁ。

あそこ、撮影禁止だから写真ないんだけど、
今度、行ったら丹波哲郎の写真と見比べてくるかなぁ(笑)

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« 阿佐ヶ谷夏の陣 戦国武将三番勝負!2番勝負 徳川家康 vs 石田三成 | トップページ | 阿佐ヶ谷夏の陣 戦国武将三番勝負!質問編。 »

「イベントレポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16856/55306270

この記事へのトラックバック一覧です: 阿佐ヶ谷夏の陣 戦国武将三番勝負!3番勝負 伊達政宗 vs 真田幸村:

« 阿佐ヶ谷夏の陣 戦国武将三番勝負!2番勝負 徳川家康 vs 石田三成 | トップページ | 阿佐ヶ谷夏の陣 戦国武将三番勝負!質問編。 »