« まんパク。 | トップページ | 福山駅前水辺公園プロジェクト。 »

岡城跡にエレベーター・・・の是非。

約1ヶ月前のことですが、大分の名城・岡城に
エレベーターが設置される・・というニュースが飛び交い、
城好きさん方をはじめ、多くの方からの異論が
twitterで上がっていました。

(わたしが・・・ですが)ひと段落したところで、
ちょっとしっかりとこの「岡城エレベータ問題」を考えて
みようと思います。

発端になったのは、この記事。

岡城跡にエレベーター整備を 竹田市が提案

しっかり読めば、エレベータが設置されると決まった
わけではないのですが、意気込みがあるところから、
もうエレベータありきのようにも感じられます。

そして、

> 市民から「高齢者や身障者が十分に楽しめない。
> 登城手段の確保を考えてほしい」
> などの声が寄せられていた。

ということで、市民の声に応えるという大義名分も
しっかりあるわけですね。ふむふむ。

わたしも城好きの端くれでありますから、
エレベータを設置、こりゃよかったねなんぞは
思うはずもなく、エレベータ設置は下策中の下策。

エレベータ設置というと、大阪城と名古屋城。
いずれも天守「閣」に上がるために、
設置されてあるのですが、まぁ無粋なこと。

あのイメージがあるので、わたしもすんごいイヤ。
岡城にはまだ行ったことないですけどね(笑)

なんですが、大事なところはエレベータを設置する
動きの表面的な動きではなく、本質を捉えること。

孫子に曰く、己を知り敵を知れば、
百戦危うからずと申します。

個人的な想いですが、議論って戦そのもの。
この現代にあって、戦略と戦術が試される場の一つ、
と思うわけですでして、ただ突撃(反対)すれば
いいってもんじゃないと思うのですよ。

むやみにエレベータ反対と唱えてもしょうがなく、
それは、三千挺の鉄砲隊にムリヤリ突撃する
武田騎馬隊のようなものです。
(史実ではないですが、敢えて例に出しました)

ちなみに、大分県竹田市の市長のページを見ると、
こんなことが書かれていますね。

岡城・城下町再生に向けた貴重な一歩
岡城エレベーター構想の風景

ポイントは、

・観光客の減少
・高齢の方・体の不自由な方への配慮
・安全性の確保

であることと、

> ただし、あくまでもテーマとなっているのは
> 岡城のアプローチの改善であり、エレベーターありきの
> 議論ではない
わけですから、まずは多くの方に関心を
> 持ってもらうことが重要であると考えています。

> 文化庁の調査員の方からは、一度持ち帰って
> 検討してみたいとのことでありましたが、
> 仮にこの構想が無理であったとしても
> 岡城のアプローチの改善に向けては
> 協力していきたいとおっしゃって
> いただくことができました。

ということで、しっかり文化財に対する
当たり前の考えを竹田市長がお持ちであることが
わかります。是が非でも設置ではないのです。

一方、28日の記事で個人的には岡城へのエレベータ
設置とユングフラウヨッホの鉄道を同列に
論じられているのは、納得はできません。

自然相手のユングフラウヨッホの鉄道とは違い、
「過去の先人の営み」をどう守るかが
この岡城の問題点だからです。

もちろん、齢八十を超えるご老人方が
岡城に登ることが許されないなどいうことは
決してなく、安易にエレベータ設置に走るのではなく
もっと環境にやさしい道があるはずだということです。

ましてや、観光客が激減して苦しい状態なら、
やすやすと10億円もの大金をつぎ込んで、
文化財に傷をつけるのではなく、別の道を模索するべき。

こちらの記事によると、登っている時間は
20分ほどと伺える・・なら、
駕籠で運んでゆくとか、いろいろ案はあるはず。

今なら、階段をも登ってゆける機械も
あるんじゃないでしょうか?
ほら、駅の自販機に飲み物を補充する際に、
キャタピラで階段を登っていくのがあるでしょ…?

豊後竹田駅から現在ある三の丸までの道路を
電気自動車で送迎する案
とあわせると、
10億出してエレベータをつくることを考えれば、
安く上がるはず。城にも傷が付きませんし。

・・・ということで、どのような議論になるのか
その行く末をしっかりと見つめていきたいと思います。
なんなら、パブコメを広く募集するのもいいかも。

そのときに喧嘩腰にならず、歴史的価値と
文化財保護の観点とバリアフリーの観点を如何に
すり合わせるか、実りのある議論ができればいいな。

竹田市長さま、安易にエレベータ設置に
踏み切ることは控えて頂き、なるべく城に傷を付けず、
お体の不自由な方にも楽しめる岡城にして頂きたい。

城好きの皆さま、安易に反対とばかり言わず、
より多くの方が、そしてお年を召した方も含め、
城に足を運んでくださる方が増やすことにも、
目を向けては如何でしょう。

安易な観光ありきの施策には、No thank you。
でも、関心を持ち訪れる人が増えることは
よいことであるはずです。

ということで、岡城にとってステキな未来に
なりますように・・・・

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« まんパク。 | トップページ | 福山駅前水辺公園プロジェクト。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岡城跡にエレベーター・・・の是非。:

« まんパク。 | トップページ | 福山駅前水辺公園プロジェクト。 »