« 城人オフ第1日目・・・備中・高松城。 | トップページ | 城人オフ第2日目・・・備中・松山城 (2) »

城人オフ第2日目・・・備中・松山城 (1)

さて・・・翌日も備中攻め。少し雨がぱらぱら、
はしているものの、なんとかもってくれて、
城攻めできる範囲だったのがよかったですねぃ。

歩きやすい道もあるのですが、そりゃもちろん、
こちらから攻めてゆくでしょう。

P1120110

前回はなんと・・・6年も前!ひょえー。
もうそんなになるのか!というのも、
blogを書いてるからこそ、振り返れるわけよね。

この家紋は誰?なんて話していたわけですが、
どうやら板倉家の家紋・九曜巴だったみたい。

P1120111

板倉家というと、京都所司代を務めた板倉勝重に
始まる譜代大名家ですよね。

比較的すぐに石垣がどーん!中太鼓櫓石垣。

P1120112

これだけでも十分立派な石垣!
が、大手門跡まで来ると、さらに
その石垣のすばらしさに圧倒されますぜ。

P1120123

本丸復元図。どことなく山上の石垣城ということで、
竹田城のような雰囲気もあるね。

P1120124

大手門推定復元図。あったらいいのに・・・
櫓の中心と門扉のズレっぷりがおもしろい☆

P1120126

京大防災研究所のシステムが入っている
大きな岩。崩れないように監視中。

P1120130

大手門石垣。ちょうど立ってる所に
櫓部分が建っていたわけで・・・
この瓦、大手櫓門の瓦なのかなぁ?

P1120137

紋の入った瓦の破片は見つからなかったが・・・

長く続く土塀。こちらも現存モノです。

P1120143

長年の風雪に耐え、苔むす瓦。
非常に趣がありますね・・いいわぁ。

P1120144

で、みんなで狭間に顔を突っ込んだりしている・・・
(な図は幸村!さんところで。)
城好きのすることは、わからんわとか
言われそうだけど・・・いいじゃないのさ!

kaiさんからあの狭間、おかしいんじゃね?
という指摘が。確かに外側に広がってるのは、
狭間の使い道からして、変な気がしないでもない。

P1120149

石垣って(櫓もそうだけど)、虎口の折り曲がった
道によって、眼に入るときに角度が付いて
眼に入ることが多いんですけど。

それが石垣を美しく迫力あるように、
見せてる気がしますよね。
いいよー、いいよー、その角度☆

P1120152

あ、楔痕のある石、みーつけたっ。
すっかり、石垣を見るときに楔痕に
眼が行くようになりました(笑)

P1120156

こちらにも・・・

P1120157

先ほど、怪しいと言われていた土塀。

P1120159

よく見ると、これもホンモノ。
なんですが漆喰が剥がれてますがな・・・
だれかー!お城のお医者さんはいませんかー!

P1120163

カタチとしては、真ん中に向かって細くなり、
守備側・攻撃側ともに外側が広くなってる狭間。
これはこれでアリなんでしょうな・・・

大手門を抜けてすぐの通路が見えます・・
ここから迫る敵兵に火縄銃の嵐を
お見舞いしてやる!(笑)すばばばばば!

P1120165

ここの石垣の積まれ方は、なんなんだ?
角を埋めるような・・・??

P1120167

で・・・来ました!天守です☆
手前は、五の平櫓・六の平櫓・・で、
1997年に復元されたものですが、
天守は、現存十二天守のひとつであります。

P1120172

ちょっと長くなりそうなので、
ここいらで切りませう。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« 城人オフ第1日目・・・備中・高松城。 | トップページ | 城人オフ第2日目・・・備中・松山城 (2) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 城人オフ第2日目・・・備中・松山城 (1):

« 城人オフ第1日目・・・備中・高松城。 | トップページ | 城人オフ第2日目・・・備中・松山城 (2) »