« "名誉茶師"と楽しむ、烏龍茶の『香り』の世界。(2) | トップページ | 18きっぷでゆく・・・2012年 北陸城廻 (1) 金沢到着! »

そして、伝説へ・・・

今日は、かつてお世話になった、
でるふぃさんの誕生日。

いまだに「でるふぃ」で検索すると、
トップで出てくるのには、驚かせられます。

長くこのblogを読んでくださっている方は、
ご存知かもしれませんが・・・今から6年前に
この世から旅立たれました。

インターネットに接し始めた初期に、いろいろ
お世話してもらったというか、単にMLで
しゃべくりまくってただけ…といえばそうなんですが。

何事もはじめが大事というか…始めたてに
イヤなことがあると、ネガティブな印象を
なかなか拭えなかったりします。

逆に言えば、最初によい体験や美味しいと
感じられる体験をすれば、後々まで
好感を持ちやすくなりますよね?

ネットに出会ってもう15年ほど。
ネットにおける人間関係について、基本的には
性善説に立つことができています。

それも、ここでの経験がベースにあるから。
そういう意味ではすごくいい経験で、その後にも
つながってる気がするのです。

もっとも、その場にはもっといろんな人がいて、
いまだにお付き合いのある方もいるわけですけど、
特にものすごく光るものがあって…

「書きたい衝動」とよく表現しましたが、
ことばに対する向き合い方や感じ方に、
ハッとさせられるものが多かったからかなぁ。

いまだに自分の文章がとっても長いのも、
でる姉のことば好きを受け継いでるような気さえ。

メールをひっくり返せば、もっともっとメッセージが
出てくるけど、あんまりやるとむやみに回顧的に
なっちゃいそうだから・・・Webだけちょっと。

まぁ、1999年~2000年前後ですから、
それなりの時代感はあるわけですが、
だいたいどんな感じの人かは、
わかってもらえるんじゃないかと。

> 「でる姉」とか呼んでくださる方も居て、
> それはそれで嬉しいです(笑)
> Del、あにちゃんしか居ないから、
> 弟妹がいたら、こんな感じなんだろな。

はい、完全にワタシですね、これ(笑)
わたしだけじゃないですけどね。

あと、なぜかオトコと間違われるんだよなぁ…
姉さん(笑)実際、自分も初めそうだったような。

・・・と読んでいてふと、自分の年齢が彼女の旅立った
年齢に徐々に近づいているという事実に、
彼女の時が止まっていることを無常にも感じます。

旅立ったでるふぃさんの分まで生きるんだ、
と思ったこともありますが・・・

生きるということは、ただ生きているのと違い、
主体的に楽しみを狩りにいくこと。
その腕の違いが出てくるのだと思います。

その人の分まで生きると言ったところで、
その人が生きたであろうほど、充実に生きることが
できるのか、その保証はどこにもないわけですよ…ね。

その上で、その人の分も生きると?

簡単には言えないけれど、彼女の分まで生きていると
胸を張ってゆけるようにいたいな、と思うのです。

どこかね、美化しつつあるんだろうな、とも思いつつ。
そんなんじゃないよって、たぶん言うんだろうな。

でるふぃさんは、わたしの中で
着実に伝説になっていこうとしています。
そんな伝説が始まった祝いの日に、花を添えて。

実は、でるふぃさんを知ってられたという、
りすきぃさん(@riskyspeeder)が
ミニブーケでも手向けたら?
と言ってくださり、お昼に花を・・・

4/10の誕生花は、チューリップだそう。
てことで、チューリップを・・・
そして、ウイスキーで献杯。

P1110243

甘く香ばしく焼きあがったチョコレートケーキのような
シングルカスクカフェモルトを頂きながら・・・
あ、焼きプリンのような感じもしてきた☆

でる姉とウイスキーの記憶というと、
ウイスキーのブルーペプシ割りだなぁ(汗)

しかし、ROYALでコークハイつくるか…
なんと贅沢な…

P.S.
過去の天気をさかのぼれるgoo天気。
1970年4月10日の大阪は、最高気温17.6℃、
最低気温10.9℃。雨の日だったんだなぁ。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« "名誉茶師"と楽しむ、烏龍茶の『香り』の世界。(2) | トップページ | 18きっぷでゆく・・・2012年 北陸城廻 (1) 金沢到着! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16856/54435061

この記事へのトラックバック一覧です: そして、伝説へ・・・:

« "名誉茶師"と楽しむ、烏龍茶の『香り』の世界。(2) | トップページ | 18きっぷでゆく・・・2012年 北陸城廻 (1) 金沢到着! »