« "名誉茶師"と楽しむ、烏龍茶の『香り』の世界。(1) | トップページ | そして、伝説へ・・・ »

"名誉茶師"と楽しむ、烏龍茶の『香り』の世界。(2)

ということで・・・いよいよ
烏龍茶の香りの世界に。

■烏龍茶の楽しみ

烏龍茶って、何気なくごくごく飲んでますよね?
ノンノン。実はしっかり丁寧に入れてやることで、
実に複雑な香りを楽しめるお茶なんです。驚愕!

宋代に始まった茶芸のひとつである
功夫茶(gōngfūchá)。清初に流行したそうな。

先ほどの見慣れない茶器が功夫茶のための茶器で、
細長い茶器が香りを楽しむ「聞香杯」。
丸い茶器が飲むための「品名杯」。

まずは聞香杯にお茶を注ぎ・・・

P1090435

品名杯を上にかぶせます。

P1090437

で、せーのでひっくり返します。
というところで、藤原茶師再登場(笑)
なんだか、お好み焼きをひっくり返す心持。

P1090418

そして、品名杯に移し変えたあと、
聞香杯に残った香りを楽しむのです・・・

P1090420

聞香杯に残った温かくゆっくりと蒸発する香り。
ウイスキーの残り香を感じているような、
そんな感じですねぇ。うーむ、至福。

烏龍茶の香り成分も何百種類もあるみたいで、
やはり、ウイスキーのような複雑さがありますね…

そして、「香りを聞く」という表現が
どこか主体的に香りを探しに行くこれまた、
ウイスキーの香りの感じに行き方との共通性を
感じずに入られなかったですね。乙な表現。

てことで、4種類のお茶を体験。
武夷水仙、安渓鉄観音、蜜蘭香、そして大紅袍。

P1090439

大紅袍といえば、以前すっごい高い瓶入り
烏龍茶
として出ましたよね。わたしも買いました。
これこれ

で、ティスティング・・・

■武夷水仙

甘くココナッツのような、スイーツ系の香り。
あとはスッと消える。

■安渓鉄観音

陽だまりになっている畳にある部屋の香りや
レモンやカシスのようん、柑橘系の爽やかな香り。
蘭の香り・・というのもわかる。

■蜜蘭香(鳳凰単叢)

ライチやマスカットというような、
どことなく中国らしくない異国情緒のする
果実香が特徴かなぁ。

■大紅袍

さ・・さすが・・歴代皇帝に献上されるというだけある。
花の香りをギュッと閉じ込めたような濃密さ。
香ばしさの中にもプラムやレーズンのような
深くコクのある甘み、最後に行くにつれ、
お香のような残り香も、非常に印象的・・・

正真正銘の最上級品は20gで250万円の値が
香港のオークション(サザビーズ)で付いたそう。
毛沢東も愛飲していたとか・・・

米中国交正常化の折に、毛沢東からニクソンに
贈られたらしいけど、ニクソンがえ?ただのお茶?
みたいな反応で、そこですかさず周恩来が、
国宝級のお茶でそれを贈ることの意味を説明した
というようなエピソードもあるとか。

高いものを選んでアレですが、わたしの好みとしては
圧倒的に大紅袍ですね。次点は安渓鉄観音かな。

何にも増して感じるのは、聞香杯で香りを感じると、
本当に香味がリッチなこと!烏龍茶の香り、
リラックス作用があるのも・・またウイスキーに似ている。
人間にもたらす香りの作用って、すごいんだなぁ。

これは・・・普段はここまで一式揃えては
なかなかできませんが、いざと言うときに備えて、
1セットはほしくなりました。

このあとは、懇親会に突入☆

会場のバックバーに響50.5を見つける・・・
我ながら、目ざとすぎて笑っちゃう。

P1090468

こちらでは、いろんなグラスをつかって、
ペットボトルのサントリー烏龍茶を温め、
よりよく香りを感じるグラスはどれ?
というコーナーがありました。

P1090445

個人的には変わったカタチをしたDがいいかな?
と思いました。あと、Cってウイスキーのロックグラス?
サントリーのセミナーでよく出てくるような?
これもなかなかよいですな。

こうして、少しまわしながら飲むのも、
ウイスキーみたいですね(こればっかり)

P1090464

このあと、歓談の時間には藤原茶師のもとで
お話を伺いながら、いろいろお茶を頂き・・・

P1090471

うっかりしてここではあまりメモを
取らなかったのですが…向かいにあのりすきぃさんが!
中国茶がお好きなそうで、藤原茶師への
ガッツキっぷりがすごかったです☆
# ちゃんとりすきぃさんにご挨拶できたの初めて…
# よかったですぅ。

出して頂ける1杯1杯が美味しくて・・・

P1090473

最後には、スパイスと楽しむホット烏龍茶の提案。

P1090480

シナモンやコリアンダー、ジンジャー、カルダモン。
個人的には、シナモンとジンジャーがよかったかなぁ。
ウイスキーにもペッパーオントップといって、
胡椒を振って飲む飲み方もあるしね。

香りのあるもの同士、うまく組み合わせると、
世界が広がりそうですねぇ。

サントリーのイベントではよくお会いする
だいさんにもご挨拶できてよかった!
いやはや、何度来てもよい時を過ごせますな。

サントピさんには、お世話になりっぱなしです。
ありがとうございました!

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« "名誉茶師"と楽しむ、烏龍茶の『香り』の世界。(1) | トップページ | そして、伝説へ・・・ »

「イベントレポート」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。
お久しぶりです。
「烏龍茶の作り方」、テレビで見た事があります。
それにしても、作り方が細かい見たいですね。
けど、作り立ての烏龍茶は美味しいですね。

投稿: H.K | 2012.04.08 21:54

nikko81です。

●H.Kさん

烏龍茶は、しっかり手間隙をかけると
ここまで変わるのか!と眼からうろこでしたよ!

つくりたては、美味しいですし
香りのたちかたも全然違います、すごい!

投稿: nikko81 | 2012.04.30 13:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16856/54368494

この記事へのトラックバック一覧です: "名誉茶師"と楽しむ、烏龍茶の『香り』の世界。(2):

« "名誉茶師"と楽しむ、烏龍茶の『香り』の世界。(1) | トップページ | そして、伝説へ・・・ »