« 18きっぷでゆく・・・2012年 北陸城廻 (4) 金沢は金箔のまち | トップページ | 18きっぷでゆく・・・2012年 北陸城廻 (6) 富山~安田城~長岡 »

18きっぷでゆく・・・2012年 北陸城廻 (5) 高岡城~瑞龍寺

さて、翌朝。高岡で朝ごはん食べるなら、
ここだよねーと思っていたところ。
そう、新湊漁業協同組合女性部食堂
ponさん(@haruipon)のツイートを見て決めまして。

ローカル電車の万葉線に乗って、
東新湊駅までがたんごとん。

噺家の立川志の輔師匠のご実家が近いそうで、
土日はローカル電車の車内案内を
志の輔師匠の声でされるんですよー。

がっ・・・なんと日曜休み・・し、しまった・・

P1100005

本当なら、こういう朝ごはんを頂くはずだったのに。

とぼとぼ・・射水市のマンホールでも
撮っておくかえ・・

P1100006

で、気分を切り替えて高岡城。
こちらは前田利長の隠居城として造営。
濠がよく残っていて、城址の雰囲気は充分。

P1100008

かなり早い時期に廃城にはなったものの、
江戸時代通じて「古御城」とされて、
城址は維持されたよう。

実は、中世の居館跡などをベースに
つくられたのではなく、まっさらなところから
新たに作られた城なんですよね。

当時の想像図。平城で濠で防御する城。
それなりに堅固なつくりのように見えますね。

P1100032

濠が一重の部分は、その先が当時は
広大な沼沢地だったそうで、自然のつくりも見て
築城されていることがわかります。

梅・・・でしょうかね。桜と違い、
香りが強いので、あたりまでいい香りが
ほんのーり、漂ってました。

P1100015

石垣はほとんど残っておらず、わずかに
本丸と二の丸をつなぐ土橋の石垣の残すのみ。
打込接の石垣がなかなかよく残っておりますな。

P1100033

P1100035

少し離れて。このような石垣が整然と並んでいた
その姿を想像すると、立派な城だったのだろうなぁ。

P1100047

1875年頃、和田川の護岸工事のために
多数の石垣が高岡城址から運び出されたそうで・・
一旦運び出されたものの、使われなかった
石垣の石が博物館前にありました。

P1100038

ちょうど、雨が上がってすぐ・・くらいで、
雨水が丸くなって木々について、
水滴の花を咲かせておりました。

P1100022

雨だとテンション下がり気味ですが、
こういうのが見れると、ちょっとよかったな、
と思えたりするものですよねぇ。

利長さん。戦国好きにはちょっと印象が
薄い感じもいたしますが、名君として名高い
加賀藩初代藩主。

P1100026

博物館には、城のネタは少なかったのですが、
高岡といえば、銅器の名産地。

ということで、けっこう有名なあんな銅像や
こんな銅像が高岡でつくられていたんですね、と知り。

たとえば、亀有の両津勘吉像
川中島・八幡原の信玄・謙信像

城から少し離れたとある交差点には
高岡大兜という兜の像。利長の兜みたいですよ。

P1100052

さて・・・続いては、利長菩提寺の瑞龍寺。
こちらもponさんと少し前に高岡を訪れておられた
TOMさん(@tom050417)の記事を見て訪問しようと。

なかなか立派な総門がお出迎え。

P1100061

もちろん、前田家の梅鉢紋付。

P1100058

昔の鬼瓦(法堂)も別で展示されていました。

P1100060

山門。1820年に再建され国宝指定。

P1100069

一部失われているようで、欠損した部分を
想像で補わせてくれるような粋なものもあったり。

P1100066

うーーんっ!

P1100074

はぁーっ!

P1100075

ということで、阿吽の呼吸の金剛力士像(笑)

どこか厳粛な空気を感じる回廊。
禅宗寺院としては現存する最古の回廊だとか。

P1100078

そして、これが国宝の仏殿。金沢城の諸櫓と同じく、
鉛瓦を葺いた非常に貴重な仏殿。1659年竣工。

P1100081

高岡城が廃された後、この瑞龍寺が
非常の軍事拠点になることも想定されていたようで、
この鉛を溶かして鉄砲玉にする・・なんて説も。

大茶堂と鐘楼辺りを見るにつけ、
どこか城郭っぽさを感じなくもない・・・

P1100087

立派な釘隠しにはついつい眼が行く。
二条城の釘隠しの紋を葵から梅鉢に変えたような。

P1100086

釈迦・文殊・普賢の三尊が安置されている内部。
金色で飾られたものではなく、
木目と彫刻の美しさが眼をひく空間。

P1100092

ちょうど、木目も拝礼する人を見据えるかのように
真ん中に配されているのだそうです。

P1100094

彫刻もまたこれ、見事だわ・・・

P1100095

天蓋も当時の作品だそうで、非常に独特。
蓮の繊維と絹をもって織られたとか。

P1100096

釈迦如来の真後ろには、大権修理菩薩という
海上の安全を守る菩薩。なんかやたらと
コミカルに見えるのは、わたしだけ・・・!?

P1100106

こちらも国宝の法堂。以前はさっきの鬼瓦が
付いてたのでしょうかねぇ。

P1100104

よく見ると・・鳥居があるようにも
見えませんか・・これ、こう見えるように
つくられているんだとか。

P1100112

そして、釘隠しがやっぱり二条城との共通点。
しかも漆と金箔の使い分けがされていて、
さまざまなバリエーションがあるのですよ・・・

金箔ナシ、漆ナシ。

P1100118

金箔アリ、漆アリ。
これが一番、美しく見えますな。

P1100153

そして、まさかの先っぽだけ金箔(笑)

P1100128

襖引手も黒漆×金箔のゴージャス仕様。
一方、襖のデザインが控えめで引手が目立ってます。

P1100144

明かりもちょっと独特だなぁ。
見ようによっては、どこかモダンな感じも。

P1100135

杮板志納のお願いをやっていたので、
1枚納めてまいりましたよ。

P1100146

そして、お土産も・・・「一つやいと」。

P1110261

瑞龍寺で6月7月にある「一つやいと」という
やいと(お灸)のお祭りのこと。
やいと・・って、関東の人はわからんかな?
関西では通じると思うんですけどね・・・

中身は、もち米を使った軽いお菓子。
黒糖でほのかな甘さをつけた最中の皮みたいな。
仏殿の絵がちょっとかわいらしい。

P1110263

これもウイスキーのおつまみに・・(汗)

回廊から見える外の日差しが門扉の意匠が
うまく効いてきれいに見えますねぇ。

P1100166

お、これも二条城っぽい?

P1100170

最後、奥にある前田利家・利長、
織田信長・信忠の「分骨」廟にお参り。

P1100178

なんで信長父子が・・と思ったのだけど、
利長夫人が信長の娘だそうで、その縁もあって、
本能寺の変後、信公父子の分骨を迎えて
その霊を慰めた・・・とある。

あるのだけど・・信長の遺骨って見つかってないよね?
信忠はどうだったか知らないけど・・

というのと、一番前田利長の石廟が細かく
つくられているのにちょっと苦笑。

さて・・・高岡を離れて富山へ。
瑞龍寺の近くにこんなノボリがあって、
思わず焼肉食べようかと思っちゃったけど、
食べたいものが富山にあるので、ガマンガマン。

P1100187

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« 18きっぷでゆく・・・2012年 北陸城廻 (4) 金沢は金箔のまち | トップページ | 18きっぷでゆく・・・2012年 北陸城廻 (6) 富山~安田城~長岡 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

投稿: 履歴書の書き方 | 2012.05.02 17:12

nikko81です。

●履歴書の書き方さん

アクセス、ありがとうございました。
ぜひ、ごひいきに。

投稿: nikko81 | 2012.05.04 10:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 18きっぷでゆく・・・2012年 北陸城廻 (5) 高岡城~瑞龍寺:

« 18きっぷでゆく・・・2012年 北陸城廻 (4) 金沢は金箔のまち | トップページ | 18きっぷでゆく・・・2012年 北陸城廻 (6) 富山~安田城~長岡 »