« 19年もの眠りから醒めて…信州マルス蒸留所 (1) 岡谷~駒ヶ根 | トップページ | シングルカフェモルト試飲会@NIKKA BLENDERS BAR »

19年もの眠りから醒めて…信州マルス蒸留所 (2) 蒸留所見学

さて、蒸留所に到着です!
南信州ビールの醸造所でもあるんですよね。

P1090313

入り口正面。MARSの文字が堂々としております。
カッコヨス。

P1090314

「駒ケ岳」というブランドなもので、
駒ケ岳蒸留所と思っていたのですが、
正式名称は「信州蒸留所」が正しいようで。

P1090315

マルスの見学は勝手に見ていく方式。
受付だけしたら、後はご自由に~という感じ。

てことで、まずは貯蔵庫から。
いきなり貯蔵庫から見る蒸留所って少ない?

P1090317

ものすごく甘くって、クリーミーで・・・
バターのような美味しそうな香りのする貯蔵庫。
すーはーすーはー・・・

続いて、仕込み。今までは機材だけを見て
通り過ぎるだけだったのに・・・香りがする!
仕込みしてる香りだ・・マヂ感動。

動いていたのは前日のようでしたが、
糖化槽からもウイスキー造りの香りがあり。

P1090328

発酵槽はまさしく前日の発酵のあとの
お掃除の真っ最中でありました。
発酵槽だけに、乳酸菌由来の酸味のある香り。

P1090333

蒸留釜は元気に稼働中!この日は再溜が行われていて、
ニューポットがたっぷりあふれ出しておりました☆
動画の最後、くしゃみ(笑)

どこかニッカを思わせるスタイル。

P1090356

それもそのはず、竹鶴政孝の竹鶴レポートは、
当時の上司であった岩井喜一郎・摂津酒造常務に
まず手渡された逸話があります。

その岩井氏の指導でこのポットスチルが
造られたんですよね。ある種、ニッカの親戚、
みたいなウイスキーなのかもしれません。

湯気がもくもく。稼動している証拠。
うれしいですよね。

P1090359

しかし、気になったのは来る人来る人、
女の人ばかり…どーして?というくらい・・・

ウイスキーに興味がある女性が増えてきたのか、
それとも、外にバスツアーのバスが停まっていたから、
たまたまだったのでしょうかね?前者であると
うれしいのですけどね。

さ、見学終わったら試飲の時間。
毎度のことですが、無料ではなく有料試飲にがっつき。

P1090363

マルス稼動再開の新聞記事が、
どこか誇らしげに飾ってありましたよ。

P1090365

試飲は85/55/91の3種。

・MARS MALT GALLERY 1985 #325

わかりやすいわたしのドンピシャの好み。
この新樽系の香りが一番の好物ですなぁ・・・

新樽の甘みとコクがたっぷりで、ウッディさより、
甘みにふったメイプル系のイメージ。

加水すると甘みが奥に下がり、ウッディ感が増す。
木の渋みの感じも含めてね。時間が経つと、
白檀のようにも変化していく・・・

58%なので少々加水しても問題なし。
加水して頂いたほうが吉かも。

・MARS MALT GALLERY 1988 #567

スモーク感はあるが、シェリーベースの様子。
ピーティとシェリー、二つの個性が仲良く馴染んでいて、
オイリーさ相俟って、ウインナーのような肉肉しさも
感じられる1本。なかなかいいなぁ。

・MARS MALT GALLERY 1991 #1110

トップノートはバナナのようなフルーティさ。
が、味わいは辛口で、デレツンな感じ。
こちらも加水すると、麦の甘さが出てきて落ち着くな。

ということで、圧倒的に1985が好みでした・・・
これ200mlの小瓶なんですが3本買って、
まぁ、ちょうどフルボトル1本弱の量。
で、今飲みながらblogを書いているという・・・(笑)

P1100323

やはり、一番年数が長くて高いからでしょうかね。
1985が一番残ってました。これが一番美味いのにっ!
(もちろん、個人的な趣味でしかありませんが。笑。)

P1090366

その他、2011年3月に蒸留されたニューポットも。
ライトピーテッドは売り切れ、ヘヴィリーピーテッドのみ。

P1100324

ウイスキーフェスティバルで飲んだときは、
ライトピーテッドが美味しいかなと思ったけど、
ヘヴィリーピーテッドも美味しい。

なんだか麦そのものの甘い香りが支配的で
そうヘヴィリー・・・でもないんだけど、
味わいには炭酸のような、雨の日の湿気ったような
なんともいえない味がする・・おもしろい。

こいつが長い眠りから醒めて、世に出てくるとき、
どういうウイスキーに化けるのか。楽しみね。

さて・・・200mlのボトル5本を抱え
(ニューポット2本、1985 3本)また歩いて帰路に。
今回はフルボトルたくさんではないので、
あまり苦にならずに、駒ヶ根駅まで歩けましたよ。

ちょっと予定よりも早めに戻れたので、
途中の上諏訪駅の足湯に浸かって、ほかほか・・

P1090373

ここが露天風呂だったのが、もうそんなに
前だったのか!と軽くめまいがする・・・マヂでか!

夜ご飯は、これまた途中下車して甲府にて。
甲府というと、ほうとうという条件反射(笑)
海のない甲府には、ちょっと似つかわしくない
かもしれないけど・・・牡蠣ほうとう。

P1090375

ま、あわびの煮貝が名物になるくらいだから、
牡蠣もあってもおかしくないかもしれないけどね・・

で、甲府駅北口・NHK甲府放送局の近くで、
ARROW Tab WiFiのワンセグをつかって、平清盛を
見たあとは、またゆっくり各駅停車で帰路に。

1日だけでもボリューミーなお出かけでした。うふ。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« 19年もの眠りから醒めて…信州マルス蒸留所 (1) 岡谷~駒ヶ根 | トップページ | シングルカフェモルト試飲会@NIKKA BLENDERS BAR »

「グルメ」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16856/54298608

この記事へのトラックバック一覧です: 19年もの眠りから醒めて…信州マルス蒸留所 (2) 蒸留所見学:

« 19年もの眠りから醒めて…信州マルス蒸留所 (1) 岡谷~駒ヶ根 | トップページ | シングルカフェモルト試飲会@NIKKA BLENDERS BAR »