« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

白州訪問 with 和ヰスキーバーのみなさま

もう1ヶ月くらいになりますかねぇ・・・
最近、イベント経過後、blogアップ1ヶ月
なんてザラで、だいぶんと感覚が麻痺している
そんなnikko81です(汗)

赤坂にある和ヰスキーバーさん。
ジャパニーズウイスキーと燻製が楽しめる小さなバー。
マスター(@Waisky_Taro)さんにお声掛けいただいて、
白州の旅に出かけてきましたよん。

お昼前集合だったのですけど、なんと!
まい泉のとんかつ弁当が用意されていて。贅沢!

P1080541

この日は、サントリーの営業の方も
同行されていたのですが、なんでもまい泉って、
サントリーが買収したんですってね。知らなかった。

この日ご一緒した国立の女性と
しばし歓談していると、あっと言う間に白州。
もちろん、この日はタクシーです(歩かねーよ!)。

白州、意外と雪が少なくってちょっと
肩透かしな感じ。白州ってそんなに雪降らないのね・・

P1080542

空は一面の快晴。写真も映えますわ。
てことで、ウイスキー博物館。

P1080545

バーうさぎ前のスペースがセミナー会場♪

P1080546

バーの名前が入っている・・・のは、
スペシャルセミナーの証ですね。

P1080549

この日の解説は、品質担当マネージャで
いらっしゃる海野さんです。

まずは、白秋の歴史の話。ご承知の通り、
竣工は1973年ということで比較的新しいのだけど、
できるまでの経緯がおもしろくってね。

というのも、全国津々浦々山崎とは違う、
よい水を求めて訪ね歩き、候補地が10年以上掛けて
10箇所ほどに絞られたそうなんですね。

で、その10箇所の水をつかって、製法や樽を
同じものにして、同じ環境で10年熟成させたあと、
できた原酒をティスティングして、
ここ白州に決めたんだそうですよ。

竹鶴翁が、よっしゃここじゃ!と他の候補地を見ずして
感性で宮城峡に決めたのと対照的ですな(笑)

一方、できるだけ木を伐るなという方針は、
白州も宮城峡も変わらないところでありました。

あと気になったのは、山崎と白州の酒質と硬度の関係。
山崎で使われる離宮の水は、中軟水ということで
少しミネラル分が多めの94。一方の白州は超軟水で30。

この違いは、主に香りに出るようで、山崎の香りの複雑さは
このミネラル分にもあるみたいなんです。
一方、軟水の白州は、やはりその特徴である
爽やかさ、やわらかさにつながっているのだとか。ふむふむ。

さて、いよいよ見学!一般とは違う特別コースなので、
サントリー印のキャップをかぶってしゅっぱーつ。

P1080558

あら?こんな看板あったかな?
ホワイトテラスの脇にありました・・
バードウォッチングができる白州にちなんで、
青い鳥の絵が・・・twitterみたい(笑)

P1080559

電気自動車のバス!ちゃんと見たのは
初めてだなぁ。

P1080562

充電スポット。言われないと、ガソリンいれる
ような感じに見えちゃいますが(笑)

P1080563

で、誰も気が付いていない・・というか、
わたしも初めて気付いたのだけど、お稲荷さんが
蒸留所内にあるんですね・・・
ずいぶん飲兵衛なんでしょうな(笑)

P1080599

さて、工程見学。仕込みや発酵はガンガンしておりました!
特に、発酵槽は増やしているようで、
パッと見ても、増えたなぁという印象があります。

発酵中の香りは格別ですねぇ。
嗅ぎすぎ注意!CO2にやられます!!

P1080577

P1080578

その関係で見学コースも変更。従来の退館コースが
閉鎖されていました。

P1080584

蒸留工程は、やはりガラスの向こうへ!
コレができるとできないとでは、大違いですよね☆

初留釜の窓はどれも赤く、蒸留真っ只中というのが
わかりますね。しかし、カタチがどれも違うな、ホント。

P1080590

アップ。

P1080596

コチラは再留釜。一番奥の釜が、
昔の白州の釜そのままで、手前のほうは入れ替えられ、
様々なカタチをしていますね。

汗ばむくらいの熱気を浴びつつ、
ニューポットが出るところも見せて頂きます。
なんでも濾過している?そうで、銅の成分で
布が青くなっていました。

P1080594

この日は、リチャーがなくて残念でしたが、
最後に貯蔵庫をば。やはり貯蔵庫に香るウイスキーの香りが
蒸留所見学の一番の楽しみといえるでしょう。

P1080608

実は、表にあるような鏡板は少なく、
ほとんどは味気ない記号だけが書いてあるだけ・・・
なんだそうですわ。ほら、あんな感じ。

P1080603

さて・・・見学の後は、美味しい試飲のとき。

P1080614

はじめの一杯は、白州を尾白川のお水で、尾白川の水の氷で
つくった水割りから・・こりゃ、贅沢だ。

P1080616

このあと、構成原酒をひとつずつ頂きました。
白州のシェリーがよかったかなぁ。
ミズナラさまは、山崎12年の構成原酒。
やはり・・・ちょっと若いね。
それでも、17~8年らしいのだけど。

でもね・・・後には、有料試飲に走っちゃうのね・・
シングルカスク山崎1986と響ミズナラ原酒。
山崎も美味しいけど・・やはり、ミズナラさま。
さ、最高です・・うは。

P1080642

ほわほわしながら、東京まで帰ります。
電車の中でも、角ハイを頂きつつ、白州のベーコンを
はむはむ・・・・もーいーやー!ということで、
立川を通過し、新宿までそして赤坂に・・・

行きしなにお話していた女性は、なんとこのあと
お仕事ですって!まじで・・・信じられん。
わたしだったら、完全にムリムリですわ。
意志の強さに尊敬いたしまする・・

でね、赤坂の和ヰスキーバーまで
行ったわけですが、途中で勝手に有料試飲なんて
やってるもんだから、お店に着いたらZzz・・ですた。あはは。

まぁ、楽しいひと時でしたよ。
よくtwitterでお世話になっているプレコさんとも
ご挨拶できましたしね。

かえすがえすも、和ヰスキーのマスターには
お世話になりました。ありがとうございました!

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビックリマン伝説。

復活を果たしたビックリマンを買ってみました。
パッケージは往時のものに似てますね。
よく買ったよなぁ。

P1090298

シールはまぁ・・残念な結果。
やっぱりウェハースチョコは美味しい。同じ味。

でも、シール欲しさにチョコを捨てる
大馬鹿者がいたなぁ。許せなかった。

あの頃は、お金がなくって品薄で
思うように買えなかった。

今は、カロリーを気にしていっぱい買えない。
人生、そういうもんなんだな(笑)

ブラックゼウスのホログラムシールがほしい。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大雪の北海道・・・(5)雪深き余市 後編。

さて・・・お昼。余市のお昼って、
迷うんですよね。柿崎商店さんにするか、
蒸留所内のレストラン「樽」にするか。

・・今回は寒いので温かいものを、
ということで、樽にて、ラムしゃぶ。
てか、ここでラムしゃぶ以外、食べたことない気がする・・・

P1090050

右がワイン、左がウイスキー。基本的に味が濃いめの
ワインを野菜に、ウイスキーをラム肉にしたほうがいいかと。

P1090054

ラム肉。うほほ。最近肉なら、
しゃぶしゃぶが好きだなぁ。

P1090055

ちょっとクセがあるのがいい感じです。
で、ウイスキーは竹鶴12年 180ml。氷とお水もついて
なかなかオトクな感じ。

ちょっと、お鍋に竹鶴12年足しちゃったりして
・・贅沢ぅ。

食べ終わったら、デザートほしいよね?よね?
ということで、ショップに直行!
いざ・・天使のわけまえを!

P1090056

実は今、持ち帰った天使のわけまえを
頂きながら書いているのですが・・実に美味い!

よくみると、余市の原酒かどうかは
わからないのですが、ただのアイスじゃ出せない
コクというか、うまみというか。
そんじょそこらのアイスじゃ、敵いません!

で、コレを持って帰るためにわざわざ段ボールを持ち込み、
鼻息も荒く向かったのですが、たったの4つしかないんです・・・
ま、真冬ですからねぇ(苦笑)

でも、4つ全部買っちゃいました。
1つはその場で、3つをお持ち帰り。

アイスを頂くその視線には、雪に埋もれる
ポットスチル・・・

P1090059

その他、お土産として余市20年新樽原酒は
しっかりゲット。今回は普段飲みように10年もあわせて。

とりあえず、まず天使のわけまえを送る!
というミッションを遂行したくて、一旦蒸留所を出て、
また戻ってきましたよ(笑)

ニッカで保冷剤は入れてくださるのですが、
記念に余市の雪も保冷材代わりにビニールに詰め込み、
柿崎商店さんから無事発送!Mission Complete!

雪に埋もれる天使のわけまえ・・何をしとんねん(笑)

P1090057

かえってから余市の雪に余市を掛けて、
飲んだりしていました。えへ。

P1090124

ウイスキー飲めたら、実家にも送るのだけど、
もうあまり飲めないので、毛ガニ2尾送っておきました。
今日電話あって、美味しかったとの由。

で、戻ってきては有料試飲では、竹鶴35年はじめ、
余市新樽20年、10年・・・竹鶴35年は、2011年度版。

P1090078

さ、そろそろ、ウイスキーもなかを買いがてら、
蒸留所を後にしますか・・・
また吹雪が強くなってるがな・・・

P1090086

リタハウス。これ、もう公開されないのかなぇ・・
思わず中を覗き込んじゃう。

P1090096

そして、無事、ウイスキーもなかもゲット。
ちゃんとお店は開いていましたよ。
日曜だから、実はドキドキはしていたんだけど。

P1090100

で、これはそのウイスキーもなか。
くまさんがブラックニッカのボトルを持っております。

P1090125

もなかのカタチもウイスキーボトル。
若干、割れておりますが(汗)

P1090127

そうウイスキーウイスキーはしてないけど、
後味にあっ?ひょっとして?というくらいに、
余韻が残る感じですかね。隠れた余市銘菓、イケます。

このあとは、ささっと小樽のニッカバーリタさんにも
ご挨拶がてら、少しご訪問。スーパーニッカ15年。

P1090108

1時間ほどしか、リタさんに入れなかったのは、
ロイズチョコレートワールドが、20時で閉まるため。
19時45分くらいに新千歳に着いたんですが、
かなり飲んだせいか、気付いたら札幌行きに乗っていて・・
はっ!新千歳で折り返した??

まさかの旅先でのUターン(笑)
ま、なんとか間に合ってよかったですわ・・・

で、響生チョコ大量購入(笑)
ま、折を見て差し入れにお持ちいたしますよ。

さてさて、旅の最後のお話。
実は、月曜を休みにしたかったんですが、
仕事の都合でNGとなり、急遽便をキャンセルしたんです。

いつもANAを使うのですが、キャンセルした
タイミングじゃあANAは時間が合わない&高いので、
はじめてスカイマークを使ってみることに・・

で、ちゃんと確認しなかったわたしがよくないのですが、
この便、羽田に着いたら交通機関ないんです・・マジ?

新千歳で、ご了承くださいって言われて唖然。
そ、そんな便があるのか・・・
しかも、機材が来るのが送れさらに遅れとるし・・・

羽田に着いたら、とりあえず国際線ターミナルに行け、
といわれスゴスゴ向かったら、同じような人がいっぱい、
ベンチで寝てるではありませんか!

国際線ターミナルは24時間、開いてるんですね。
とりあえずココで休むか・・・てか、半分以上、
妙齢の女子なんですが、いいの?こんなところ寝てて・・
(お前が言うな)

ということで、5時過ぎの始発でモノレールに乗り、
一度家に帰って、そのまま出社。お昼は・・・
ずーっと寝てました(笑)

ということで、先週の大雪余市の巻、終了。
めずらしいな、こんな早く書き終えたの。
でも、もっと前のネタがあるのは、ココだけの話・・・

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (3) | トラックバック (0)

大雪の北海道・・・(4)雪深き余市 前編。

さて、次の日。しっかり余市を楽しむの巻。
スタートは、小樽ドーミーイン

最近、余市に行く際には毎回ココだなぁ。
駅から近いのと、温泉があるのと、朝ご飯いくら食べ放題。
コレが大きな理由なんです。
器は小さいけど、どんだけ乗せてもOK。

P1080986

そのほかにも焼き魚なんかも美味しかったりして、
朝からガッツリ食べたくなります。しっかり、
腹ごしらえして、余市に向かうぞー!おー!

小樽駅もたいそうな雪で・・・
やっぱり、雪ってテンション上がりますね。

P1080987

寒いし転びそうになるんだけど、
コチラの雪とは違う、歩いた際にキュッと締まる
雪の音がどこか心地よくって。

余市着。都心と違い、あまり雪かきされていないようで、
かなり雪が積もったままの印象。でも、こゆのがいい。

P1080989

余市に着いて、まず向かったのが
菓子舗香川さん。駅の観光案内所で教えてくれます。
たぶん・・・前週にウイスキーねこさんが、
同じように尋ねられてるはずなので、
2週続けてなんで・・??と思われていたかも?(笑)

一番近いのが、この香川さんらしいですが、
いくつか販売している店舗はあるようですね・・・

場所はコチラ!歩いて、15分くらいでしょうか?


大きな地図で見る

わ!閉まってる!いいんです。
前週に行かれたねこさん情報で早い時間は、
開いてないと分かっていました。
まずは場所を確認。ニンニン。

P1080993

ニッカ余市蒸留所正門。スゴイ雪だなぁ・・・
雪の余市、2004年にも行ったのだけど、
後から写真を見ると、ココまでじゃないねぇ・・・

P1080998

が、一旦素通りして直進。何を思ったか、
竹鶴翁が眠る美園の丘を目指す・・はっ!正気か!
ココでこんだけ積もっているのに!

意外と皆さん撮らないショット。
ここのNIKKA WHISKYの大きなロゴ、かっこいいのよ?

P1090003

雪でできた火の用心。雪国ならでは~

P1090005

余市川も寒空。一面真っ白です。山側。

P1090006

海側。

P1090016

で、一応行ってみるんですが・・・
こ、これは・・・ムリすぎる(笑)お墓の頭が
ちょこんと出てるだけで、道が全くない!

P1090008

コレ明らかに除雪する気ないよね・・・

P1090007

たぶんコレ、強行すれば膝上どころか、
頭までどっぷり雪に埋まってしまいます・・・
さすがにまだ亡き竹鶴翁の元へは、行きたくないので(笑)
引き返すことにしました・・・

で、余市蒸留所。雪深いねぇ。
でも、それだからこそ出る風景の味わいがある。

P1090022

見学の待合所も豪雪!

P1090023

えー・・・キルン塔、中に入れまてん・・げげ。

P1090024

なーんて、みてる姿がライブカメラにもバッチリ!
(ご協力:ウイスキーねこさん)

20120212

て、やっているうちに雪がわっーっと、
吹雪いてきたぁ・・ぶるぶる。
てことで、吹雪の中の見学と相成りました。

P1090031

案内してくださったガイドさんが、
昨年の夏に行ったときと同じ方でビックリ!

ものすごい美人さんなので・・・
姿を見かけて、あっ!!!(笑)

ま、ものすごい数のお客さんを案内している
ガイドさんが憶えているわけはないのですが(汗)
工場長と一緒に回らせて頂き・・・と話すと、
思い出してくださったようです。

蒸留は、3月からなのでお休み中。
ちなみに石炭は、中国やロシアから輸入しているそうです。

P1090038

事前に行っておくのを忘れて、恐縮だったのですが、
マイウイスキーの樽も見せて頂きました。ふふふ。

マイウイスキー専用貯蔵庫、あまりの寒さで
鍵が凍って開かない…さすがに細身の女性には
厳しそうだったのでお手伝いしました。

うがぁ!とひと叫びふた叫びして、ご開帳。
めっちゃ固かった・・

寒いですが、あたりは原酒のよい香りに包まれています。
今は年ごとに整理されてあって、探しやすいんです。
いいことだ。がんばって美味しくなれよー♪

P1090047

一通り見学した後は、美味しい時間。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大雪の北海道・・・(3)さっぽろ雪まつり vol.2 ~ 琴似 Bar Diversion

さて・・・タージ・マハルです。
元々、真っ白な大理石でできているだけに、
雪像のモデルとしては、ぴったりですねぇ!

P1080880

実は、タージ・マハル、大気汚染による損傷が
問題化しているそうで・・こんなように真っ白に
長く残ってほしいですよねぇ。てか、いつかインドにも!

吹雪の中のインド国旗。インドでこういうことは
ないでしょうね・・(笑)

P1080886

装飾もなかなか細かで、GJ!自衛隊!
という感じでありました。

そして、更にテンションを上げる雪像が・・・
どどーん、会津の鶴ヶ城!

P1080896

かなりどっしりした存在感があって、
見ごたえ抜群でした。わざわざムリしてこの時期に
札幌にきてよかったぁ。

P1080899

色が変わって、幻想的に。
よくできてるなぁ。

P1080910

石垣もひとつひとつ丁寧に掘り込まれていて、
ちゃんとカタチが違ってるんですね。

P1080913

が、四面全部じゃなく裏は・・あらららら。

P1080916

また色が戻りました。雪像だから、
やっぱりあまり色がないほうがいいかな?

P1080968

うーん、どれくらいでしょうねぇ。
かなり、鶴ヶ城眺めておりました。イイ!
震災の影響もあって、会津(福島)が選ばれたんでしょうが、
毎回、城の雪像だときちゃいそうでコワいです(笑)

P1080970

近くには、記念切手と記念はがきのコーナー。
行った時間が遅くて閉まってました・・・
開いてたら、会津若松ご在住のるるぷぅさんに、
おはがき出したかったのですけど。

P1080933

わたしが雪像を眺めているとき、
ご本家では、ちょうど会津絵ろうそくまつりの真っ最中。
カラフルな鶴ヶ城になっていたようでした♪

さ・・・後もう少し小さな雪像をみて帰ります。
ドラミちゃん、絶賛崩壊中・・・

P1080923

シュールすぎ・・・誰ですか?あなた。

P1080927

ダルビッシュ・・・でしょうか?

P1080937

てか、看板のほうがおもしろい。ダルえもん!
あったよねぇ・・ドラえもんが帰っちゃうの巻。

P1080936

詳細不明な天守。何城?うーん・・ワカラン。
鯱、かたっぽ取れてるし。

P1080943

かあさんもぼくもイイ顔してる!

P1080944

すいません、アニメは華麗にスルー・・・

P1080952

外国勢では、香港の龍がスゴイイイでき。カッコイイ!
てか、先週香港にいたんだよな・・・(笑)

P1080958

さ、このくらいで切り上げて。ササッと腹ごしらえ。
明日食べるの分かってるのに・・いくらを頂きます!ハフン(ω)

P1080973

で・・・琴似に向かいます。降りたことがない琴似。
降り立ったわけは、Blue Moon (@WHISKYLOVER31)さんに、
北海道に行くならぜひ・・・とオススメいただいたBar。
Bar Diversionさんにゆくため。

P1080976

で・・油断してスッ転びました。
この時期に北海道に来て転ばなかったことないです・・

Barのほうは実によかったです。自分で探すのもいいけど、
オススメいただくと間違いないですよね、Barは特に。

この日は、モーレンジのハイボールからはじめて、
SMWS 116.5 余市1986 18yo。

少しの柑橘感と程好いピート感、オイリーさ。
磯の感じではなく、焼けた香ばしさのような感じ。好いねぇ。

続いて、Brora1982 26yo CONNOISSEUR'S CHOICE。
コレが実に美味しかったんですよねぇ。

P1080977

ライムやグレープフルーツのようなフレッシュさ、少しシロップに
つけたピールのような苦味と甘味。梅のような酸っぱさも。
でも、リフィルシェリーバットなんだこれ。ふしぎー。

P1080979

ちょっとスパイスな感じもしたような。
シナモン?山椒?

で、さくっと検索するとあるじさん(Bar Vergo @virgo_aruji)
ところにもあったんだ!飲んだことなかったなぁ。

この日のお宿は、小樽(例のいくら食べ放題の朝ごはん)の
トコなので、最終が12時前。もうちょっといたかったんですが、
しょうがないですね。また訪れたいBarでした☆

おまけ。琴似駅前の自転車置き場・・・
ええっ!!!

P1080981

さて。明朝から大雪の余市で、ウイスキーもなか探しと
ウイスキーアイス「天使のわけまえ」お持ち帰り作戦!!

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大雪の北海道・・・(2)さっぽろ雪まつり vol.1

さて、向かった先は大通の雪まつり会場。
札幌市内もかなり雪が多く、雪国に不慣れなわたしは
すっ転びそうになります。

例によって、全部見ないと腹の虫が収まらない性質なので(笑)
1丁目会場から12丁目会場まで一通り見てきましたよ。

さっぽろテレビ塔に近いのが1丁目。西に行くにつれ、
2丁目、3丁目・・・と下っていきます。

お、スノボのジャンプやってる!

P1080769

ジャンプ好きなんで、見たいけど・・・
後ろ髪引かれながら退散。

先では金麦配ってましたが、スゴイ列。
寒いし、見て回る時間がなくなっちゃうのでパス。

P1080792

テレビ塔。こうしてみると、東京タワーっぽいね。

P1080804

その下にはスケートリンク。
スケートってしたことない・・・

P1080812

泉の像。一時的に撤去されているのかな?
竹鶴さんが札幌市に寄贈したんですって。さすがっ。

P1080814

あ!向こうで南中ソーランやってる・・
って終わっちゃった。くそー!

P1080815

でも、Youtubeで動画を発見したんでペタリ。
いやん、生で見たかったぁ。

さて・・雪像を見て回りますか。
の前にたぬきマリオ発見。てか、キタキツネマリオ?

P1080825

最初にどーんと出てくたのが、ミッキー。
間近で見るとなんかさっぱり分からんかったんですが^^;
ちょーデカイっすよ。

P1080833

会場の端々に特大の雪像があり、真ん中はは小ぶりの雪像が
並んでいるという並びです。

アンパンマン。一回融けかかったのか、お肌テカテカ(笑)
脂っぽそうなアンパンマン、いやーん(笑)

P1080836

リラックマ・・・かなぁ。文字通り、
リラックス中。

P1080838

なでしこジャパンの澤さん・・のはずが、
とあるところから、高嶋弟やないけ!とツッコミ(笑)

P1080840

こっちはもっと誰だかワカリマセン・・・

P1080848

台北の故宮博物院。ゆっくり撮らせて欲しかったのですが、
地元初のアイドルグループ?がオンステージで、
近くには寄れず・・・うぅ。

P1080843

横からこそっと!

P1080852

ミクちゃんは、壊れたという話を聞きましたが、
複数ありました。壊れちゃったのは・・どうしたんでしょうね?
コレかなり崩れかかってますが・・・

P1080855

完成度はコレが一番だったかな。かわいい。

P1080948

デフォルメも。

P1080972

まだまだ雪像続きます。シーサーコワすぎ・・
悪夢に出てきそう・・・

P1080861

途中でパナソニックのエアコンコーナー。
1台でこんな広さの部屋を温かくできるんだぜ、というもの。
こりゃ、たすかるぅ。

P1080864

でも、中に入るとメガネは曇る、
カメラのレンズは曇る曇る・・・(笑)
24℃ですよ、ココ。外は-4℃。気温差28℃!!

P1080865

・・・さぁ、次からが本番。見たかったタージマハルに
鶴ヶ城がお目見えしまっせ。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大雪の北海道・・・(1)新千歳空港

先週の話・・・大雪の北海道へ。
なんだか余市がスゴイらしい・・という話で、
久しぶりに雪が満載の余市を見たくなってね。

そういや、はじめて余市に行ったときも、
ものすごい大雪で吹雪いてたんだった。
そして、余市で買った余市10年を厳寒の釧路湿原で
頂いたんだよねぇ・・・

その他、新千歳空港もいろいろ楽しい施設ができてるっていうし、
謎のウイスキーもなかや、幻のアイス「天使のわけまえ」も
買って帰ってこなくちゃ・・ということで、
体重減らさんかいというときに、全く真逆の行動を
してしまいました・・・(汗)

新千歳空港着いて最初に寄ったのが、
白い恋人コーナー。ウワサには聞いていた・・・
白い恋人ソフト!

P1080728

うっはー☆のっけから美味いです!
そりゃすげぃ。ホワイトチョコのやさしい独特の甘さが
ちゃんと活きていますねぇ。

白い恋人パークかコチラで頂けるそうですが、
こりゃ、毎回立ち寄りたいですわ。

他にも白いロールケーキ。白いバウムが美味しいのは
知っているんですが、ロールケーキも!
もち、試食♪試食♪

P1080725

続いては、カルビープラス。原宿にもあるんですが、
その為に立ち寄るかというとね・・・東京だと混んでいそうだし。
ということで・・・はじめはうわぁ!というくらいに
並んでましたが、するすると順番が。

P1080719

つくってるところを見れるのもなかなか楽しい。
スライスしたポテトを・・・

P1080733

油の中にイン!!

P1080735

カラリと完成。

P1080737

ポテトも十勝産。北海道ですから。

P1080738

2種のチーズソースを掛けていただきました!
ポテトチップスって、揚げたてはこんなに違うものなんだなぁ。
ひょっとしたらご自分でポテチつくる方は、
いつもこういう美味しいのを食べてらっしゃるんでしょうか!?

P1080743

残念ながら、アルコールの提供はビールのみ・・
ということでハイボールか水割缶を持参とよいかも。
帰りにも食べようと思ってたんですが、いろいろあって、
閉店時間に間に合わず・・・しゃーない。

構内の真ん中には、初音ミクちゃん。
イラストを担当された方が、千歳市のご出身なんですって。

P1080723

あと・・・知らぬ間にBarができてるんです、空港に。
Bar ジアス。結局、行きも帰りも利用できなかったんですけど、
これなら早めに空港に行ってまったりするのも、
楽しくなりそうですよねぇ。

北海道ハイボールに、ジアスハイボール。
いずれもお安いブラハイや角ハイに、そぅっと、
余市10年や白州12年をフローとさせたハイボール!

P1080748

P1080749

他の飲食店でも、ハイボールの看板はよく見ることができ、
トリハイ角ハイが強勢ですが、比較的ブラハイの看板も。
お膝元ですものねぇ。アサヒの営業がんばれ!

P1080746

空港最後のポイントは、ロイズチョコレートワールド。
これがまたスゴイ・・・下の階のロイズの普通のお店では、
白州の生チョコしかなくて、上の階の
チョコレートワールドにありますよ、と。

で、チョコレートワールド。うはは。

P1080754

いろいろチョコレートについて、学べる展示があったりも
したんだけど・・・今回はお店に直行(笑)

あ、あったぁ!あったよ、クララ!(違)
響の文字が・・・響の生チョコ・・・

P1080756

ロイズの生チョコというと、月替わりで
フレーバーが変わっていくのですが、ここだと
いろんなフレーバーが一気に楽しめそう。
でも、月替わりの生チョコで響ってなかったような・・・

あと、コチラは少し小さめのSサイズ9粒入り。
お値段も1つ約480円と手ごろで、なにより一気に
食べ過ぎないサイズというのが、いいじゃないですか。

P1080758

おもむろにわしっとつかみ、ウイスキーシリーズを
全種ゲット。むは。

P1080760

えーっと、新千歳滞在2時間です・・
twitter上でもまだ空港にいたんですかと突っ込まれたりしつつ、
ようやく快速エアポートに乗り込みます。

横浜や小田原でよくお世話になってる「万葉の湯」も
空港内に入っていてお泊りも可能。

甘いものをはじめ、美味しいものを
あちこちで堪能し、ジアスでモルトをいただいて、
万葉の湯で温泉に入って、すやすや・・・

空港だけでめっちゃ充実しそうです。
今回は休みが取れなかったということもあって、
空港でのんびりできませんでしたが、
一度、空港でゆったりするプランも立ててみたいですね。

で・・・早速エアポートの中でモグモグ。。
響、うまぁ!コレは美味い!
ということで、帰りにわさわさ買っちゃいました。
まだ一部しか配ってないけど、皆様へのお土産にと。

P1080767

てことで、札幌に着く前に完食。
さ、雪まつり会場へ・・・

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Baton de Chocolat by 伊藤久右衛門。

さて、今日はバレンタイン。
完全にただ、チョコをほおばるだけの日に
なってる気がしますが・・・(笑)

京都・宇治の伊藤久右衛門のお得意さまメールに
書かれている限定ショコラ。Baton de Chocolat。

P1090112

箱もなんだか上質。
外のコーティングされているチョコの違いで、
2本入っていました。

P1090113

ひとつは、普通のチョコ。
ふりかけの青海苔みたいなのは碾茶(てんちゃ)。
抹茶の原料ですな。これを挽くと抹茶に。

P1090115

もうひとつは、抹茶チョコ。

P1090117

個人的には、普通のチョコで中身が抹茶、
のほうがよかったなぁ。カカオにしろ、抹茶にしろ、
ちゃんと苦味があるところに甘さがある・・
というのが、好みなんだろうな。

中身は抹茶ガナッシュに胡桃がところどころ。
胡桃はローストしてあって、香ばしさが
甘みと苦味に加えてもうひとつのアクセントに。

P1090116

できれば・・白州18年が欲しかった(笑)
はー、美味かった。やっぱし、チョコは外せません。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GLENMORANGIE・SIGNET。

さて、羽田の免税店で買ってきた
グレンモーレンジ・シグネット
早速、頂きます・・・

実は、昨年のWhisky LIVE!Tokyoで飲む機会があり、
美味しかった記憶があったんですよ。

8月に台湾に行った際に、羽田の免税店で見つけ、
そのときは結局買わなかったのですが、
あれから、2,000円ほど値下がりして、13,000円。

国内で買うと20,000円位した記憶があって、
なかなか買えないわーと思っていただけに・・・うれしい。

P1080717

ダークなチョコレート、煎りたてコーヒー
粘性のあるメイプル。ちょっと矛盾してるけど
ビターな甘さが好みなわたしにジャストヒット。
どこか、チョコ掛けのオレンジピールのような・・・

この手の香りが好き、というのはわたしのチョコ好きにも
つながっているような気付きさえ、与えてくれます。

ぜひ、少し酸味のあるビターなチョコと
あわせていただきたし。

今はないみたいだけど・・コートクールの
オランジュとも合わせたひ・・

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国・香港出張。

昨日、帰国しました。

行ったことがないところ・・ということと
治安面が心配だったんですが、
なんとか上手い具合に帰ってこれました。

まぁ、シゴトなのでたいしたネタはないのですが・・・
中国といえば、微妙な日本語訳。

メニューなどに日本語が付記されているのは、
ありがたいのですけど、どうにも微妙なものが多く、
逆にそれを探すのが、ちょっとした楽しみだったりします。

洗面所にて・・よく煮あがっていませんって!
どんな美味しい料理が出てくるんでしょ(笑)

P1080675

これ、「未煮沸」のほうがよく分かるよね・・・(笑)

野菜盛り合わせにサラダとシェリーす

P1080669

なんか文章みたいになってますが!(笑)
これ、シェリー酢(シェリー酒から造られる酢)なんでしょうか?

カエサルサラダ

P1080667

このへんから、ツボに入ってきます。
そ・・そこ、カエサルにするか!
合ってるといえば合ってる・・・シーザーサラダ(笑)

注文ホットライン

極めつけはコレ!
なぜ!なぜそうなるの!想像をはるかに超える誤訳!!!

P1080659

いろいろ気持ちに余裕がないのもあって、
中国で撮った写真はコレだけ・・・

で、シゴトを無事終えて香港泊。この日は、
アテンドはないので、晩ご飯を自分で探さなきゃ・・・・

ということで、適当に繰り出して見つけた
「新源粉麺飯茶餐廳」。メニューは中国語のみ・・・

P1080678

とりあえず、中国っぽい味のモノを!
ということで「五香」の字を目にして、
五香牛腩飯。HKD45。安くはない。

P1080679

肉質は若干、脂身が少なくて
パサッとした感じだけど、味付けは好み。
お腹空いてたこともあって、満足。

皿に日本語。あはは。
誰もわかんないんじゃない(笑)

P1080680

食後、コンビニで香港のカップヌードルと
出前一丁をゲット。特に出前一丁は吉野家でも
供されるほど、香港人は好きらしいです。

P1080684

P1080685

よく朝、ホテルからダイレクトに空港に向かい・・・
まぁ、空港の広いこと。3時間前に行ったにも関わらず、
回りきれない・・

しかも、空港の中にモノレールあるんですよ・・
どんだけ広いねん・・・

P1080687

ご飯は、台湾牛肉麺。まぁ・・・それなりでした。
やっぱり、台湾で食べた味が
美味しすぎたので・・・しょうがない。

P1080690

茄子は美味かった~

P1080694

やらなかったけど、搭乗口のそばにある
インターネットコーナー。なんと、無料!太っ腹!
が、セキュリティがやはりコワいので、
使える用途は限られるかな・・・

P1080696

羽田に着いた後、大学のOB会に直行!
これはこれで楽しかったんですが、
今日は昼間でぐっすり(笑)

ちなみに、羽田免税店ではモルト2本をゲット、
香港の免税店でモルト1本。あまり珍しいものは
買ってませんが、羽田で欲しかったグレンモーレンジ
シグネットをば。あと、現地飲み用の竹鶴17年。

シグネット13,000円でした。安くなったな・・と思ったけど、
河内屋さんで同額で出てた(汗)ま、こちらは追々。

竹鶴17年は3,500円。香港で買ったリベット18年は、
HND530でした。これも機内飲み用。

香港では、珍しいというかアホみたいに
高いのはあったんですが、特に無理して買おうとは
思えなくて・・・

ハイランドパーク1978 HKD3500

くらいならまぁ・・分からんでもないですが、
ちょっと思わず値段記録しちゃった面々は、
ありえない代物ばっかり。

バルヴェニー1964 HKD108000
グレンゴイン40y HKD45000
マッカラン The 1824 collection HKD23400
マッカラン oscuro HKD5380

バルヴェニー1964とか、100万円超えてるから。
・・・ということで、まぁうまく出張やりおおせて一安心。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (5) | トラックバック (0)

8周年にあたって・・の振り返りと抱負。

さて・・・1月も終わり、2月。
2/1は、わがblog ”funny 一時 serious のち interesting” の
満8周年記念日でございます!

Web公開していた時代も含めると、
10年以上にはなるのですが、やはりblogという
ツールに出会ってから、「書きたい衝動」に
かなりドライブが掛かってきたわけで、
そう考えると、blogをはじめた日というのは、
毎年、感慨深いものがあります。

で、毎年正月というのは忙しいもの・・・
というわけで、今年から振り返りと抱負は、
blog記念日にしよう!ということに決めました。

昨年は何といっても、震災を思い出しますが、
わたしの極私的な話に限ると、twitterの使いはじめと
人と会うことへの質的な変化、twitterとblogとのすみわけ
・・・といったあたりが、2011年の主なプライベートでの
トピックかな、という気がしています。

◆twitter

実は、ちょうど昨年の2/1にtwitterを始めたんですよね。
アカウントの登録は1月にしていますが、
最初のツイートが2/1。もちろん、blog記念日に合わせて。

長くお付き合いいただいている方は、ご存知と思いますが、
わたし、はじめはtwitter利用に消極的でした。

はまりすぎて、アップアップになるんじゃないか?
ということです。しかし、使い方のガイドラインを
自分なりに決めたうえではじめたわけです。
それは・・・

・blog更新のお知らせ
・時事ネタに関するツイート
・フォローしている方のツイートへの返信
・旅先でのイマココツイート

を基本とし、「イマ」「ココ」は基本的には
日常には持ち込まないというようにしました。

自分でツイートしまくるだろうなって、
分かってたんですよね。それでもかなりのツイート数に
なってしまっていますが、ある程度はいい方向に
効いたなという感じはします。

1年間使った感想・・・・

・人のツナガリができやすくなった
・ストックとフローの使い分けができるようになった
・皆さまのblogへの巡回頻度が極端に落ちた
・イベントネタが増えすぎ、blog更新が滞った

という感じですかねぇ。
いい意味では、ツナガリが思ったようにつくりやすく、
また、コンテンツの質に応じた適切なツールの使い分けが
でるようになった、というトコ。

よくないところでは、blog巡回頻度や更新頻度の低下。
更新頻度は、twitterしていて時間がないのではなく、
twitterで得た情報で行くところが増え、ネタがたまって、
なかなか消化できない・・という感じ。

◆「戦略的に」人と会っていこう

実は、昨年の年初にこんなことを書いています。

twitterを使う前から、自分の関心の向き方を整理し、
その関心の向き方と人との出会いをリンクさせていこう、
というように思い始めていて。

そもそも、展示会やイベントごとに参加するのが、
好きであちこち顔を出していたわけですが・・・

気になるものは、それこそあっちにもこっちにも、
むくむく出てくるわけで、結果的に
何がしたいの?どうなりたいの?がよくわかんないな、
というのがこんな2010年末。

カオスの中からガムシャラにってのもいいんだけど、
人と会うことで世界が広がる流れを律することも
大事なんじゃないかってね。

その流れこそ、自分を形づくるものだから。
好奇心だけでなく、多様性や自律性って、
大事にしたい価値なんです。

そこで、ちゃんと好奇心の向き先と整理しつつ、
そこにちゃんと人のツナガリを持たせたい・・・というのを
抱負に掲げていたわけですが、意図してではないですが、
twitterがそのよいツールになってくれたな、という印象。

単純な話、自分の関心に近い関心を
持つ方々を見つけるハードルがどんどん下がって。
blogができたての頃にもそう思ったことはありますが、
blogしかなかった頃と比べ、かなり役割分担されつつ、
ソーシャルメディアが進化しているのだな、と思いました。

結果的に城ツナガリの方々に出会えたりとか、
(実際にお会いしているわけではない)blogのコメントだと
あまり返信しにくい方でも、リプライを返しあって、
関係が深まる・・ということもあって。

良くも悪くもblogって「積極的に言いたい何か」がないと
続かないんですよね。でもって、そういう人ばかり、
じゃないわけですよ。けっこう人を選ぶ。

そういう意味では、twitterのほうが関心に応じた
人脈を増やすという意味では、しっくりきますし、
twitterを使ってできるとは、思ってはなかったのですが、
自分に合った人脈つくりの流れをつくるという、
2011年の目標は達成できたな、と言えると思います。

◆twitterとblogの位置づけ

twitterをはじめても、blogが本家でtwitterは出張所
みたいな位置づけで考えていて、大まかに言えば、
それはそれで間違ってはないのですが、1年経つと、
もう少しクリアになってきたのも、トピックのひとつ。

・blog
- じっくり読むよみもの
- ストック的
- コンテンツ >ツナガリ
- 凝縮
- 自分の「城」

・twitter
- 流し読みするニュース
- フロー的
- コンテンツ < ツナガリ
- 拡散
- 自分の「案内看板」

両者の違いを思うがままに挙げたキーワードで
示すとこんな感じでしょうかねぇ。

以前から、blogはまず自分のために書くということを
一番大事にしています。エゴイスティックな意味ではなく、
まず自分が書いていて楽しいこと、そしてある程度、
まとまった内容をちゃんと振り返れるものであること。

で、その付帯的な意味として、読んでもらえる方々に
役に立ったり、おもしろく思ってもらえたり、
なにより、どういうことに関心を持つ人間かを
知ってもらえる・・という点が、blogを書く主な理由。

おもしろいのは、twitterに「時事ネタにちょっとコメント」
というタイプのコンテンツを移管することで、
その頻度や件数が増えていく一方で、今までとは違った
自分の人となりの出かたをしているなぁ、と。

ひとつひとつのツイートの元ネタになっている話が
どれもわたしの関心が深いものばかりでは、
なかったりします。が、そういうネタに対して、
どういうリアクションをとるのかという点で、
自分っぽさが出ているかな、と。

もちろん、blogへの呼び込みツールにもなっているわけで、
関心のあるモノへの反応とそれほどでもないけど、
気になる程度のモノへの反応・・が出ていて、
幅が広がったのとともに、blogとtwitterが互いに対立せず、
キレイな補完関係になっているんですね。

コンテンツを切り口に考えてみると・・・
blogは、特に興味を持っていることを深く書き記すもの、
twitterはとにかく気になったものをザッと書き出して、
すばやくアウトプットするものという切り分け。

ツナガリを切り口に考えると、twitterのツナガリの
広さを使って、blogに引き込むといった役割分担。

どちらの面でも、けっこう自分の中でも
ハッキリしてきたなぁ、という印象があります。

余談ですが、FaceBookやGoogle+、mixiといった
タイプのSNSは、この両方が渾然一体となっている・・・
という感じ。明確にストックコンテンツと
フローコンテンツを意識する(したい)ならば、
blog+twitterの組み合わせのほうがよい気がします。

逆に両者ひとつのプラットフォームで、
シームレスにしていきたい・・・場合は、
上記のいずれかがいいのかな、という感じですかね。

本名か匿名かとか言った議論は、方法論であって、
まずどう使っていきたいのか、が先だろうなと思います。

◆逆にできなかったこと

じゃ、いいことばっかしでしたか?というと
そうでもなかったり。予想はしていましたが、
イベントごとに関する情報もかなりどんどん集まって、
更に自分の関心に日を追うごとに、カスタマイズ。

そうなると、結果的に行きたいイベントが増えて、
スケジュールがパンパンに膨れ上がります。

特に8月の西日本城と酒の旅以降、
かなり時間取りが難しく、肝心のblogを書く時間との
バランスがよくない・・・という感じ。

それによって、

- 個人blogへの巡回頻度の激減
- blog掲載時期の遅れ
- blog内容のワンパターン化

最初の二つは、冒頭でも書きましたが
最後のは何ぞや?という感じかもしれません。

(1)個人blogへの巡回頻度の激減

blogはどうしても後回しになり、イカンなぁと。
基本的にblogは「想い」を持ってる人のことばなので、
読み応えのあるものが多いです。それだけに、
キチンと吸収していかなくちゃ・・とは思うのですが。

長い文章をよく書く割には、ふざけた言い草、
ではありますが、読み込むのに時間が掛かるせいもあって、
(単純に文章量の多さではなく、内容の濃さで)
後でしっかり読もう、になっちゃうんですよね。
ってことで、ちゃんと2012年は改善していきたい。
(すぐには難しいけど・・・)

(2)blog掲載時期の遅れ

これは、皆さまにも「台湾の記事マダー」とか
思わせてしまったという意味でも反省点。

自分にとっても、書きたいのに書く時間が十分取れない、
かといって、いい加減な仕上がりにはしたくない・・・
という、あまり精神衛生上よくないもどかしさを
よく感じる原因にもなっちゃいました。

これも結局は時間の問題で、ある程度書く時間も含めた
スケジューリングとイベントのチョイスを
していくしかないですね。これも要改善。

(3)blog内容のワンパターン化

これは・・イベントのレポート記事ばっかりだな!
ということなんですよね。

トヨタ生産方式・・じゃありませんが、
「現地に赴き、現物を見聞きし、現実を知る」
というのは、ある種bloggerとしての矜持といいますか、
自分の体験こそがコンテンツの礎だと思っていますので、
大事なコンテンツ・・ではあることは変わりません。

ですが、そもそもわたしがWebページをつくった、
2000年当時、卒論を書くにあたって
いろいろと本を読んだり、考えを進めていくにつれ、
卒論に限らず、考えたことや大事にしている価値観、
書いて外に出したいという思いが強まって・・・

そして、blogというカタチでその強さに
ドライブが掛かってくると、いろんな方々からの
フィードバックで更にその、自分の考え方の基礎が
できてくる楽しみを強く感じてきたわけで。

時には、意見の違いも出たりしますが、
(建設的な意見である限り)それもまたなるべく
複数の違った視点で自分の思考と価値観を
知るための、よい契機だったりします。

それがいろんな「体験をする」というインプットの
チャンスを目にしすぎたこともあって、
いろんな体験をした上で、「自分としてのアウトプット」を
どう出すか?ということがおろそかだったな、
という反省があるわけです。

好奇心を思った方向にドンドンと伸ばした道に
自分の意思を込めて、人のツナガリと自らの体験を絡ませる・・・
という方向は、しっかりと維持。

そして、ちゃんと原点に戻り、それでオマエはどーなのよ?
というアウトプットをプライベートでも
定期的にしっかりと書き付けていければな、と。

想いの丈の連なりこそ、自らがたどった思考の足跡、
なわけですから・・・自らの体験で得た想いと
それがもとになって自分に湧き出る意思が、
自分を創っていくもの。未来の自分のためにも、
ちゃんと足跡を付けていかないとね、と。

2012年は「我が想ひの丈こそ語らめ」

ということを目標にしましょ。

まぁ、ぐだぐだ書きましたが、多少理屈っぽいとこは
ありますが・・・末永く当blogを
ご愛顧いただければ、うれしく思います。

・・で、今日から中国出張。ひょっとしたら、
twitterはお休みせざるを得ないかも・・
上手くつながるとよいのですがね。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »