« ニッカシングルカスク余市 1987 1988比較試飲会。 | トップページ | 中国・香港出張。 »

8周年にあたって・・の振り返りと抱負。

さて・・・1月も終わり、2月。
2/1は、わがblog ”funny 一時 serious のち interesting” の
満8周年記念日でございます!

Web公開していた時代も含めると、
10年以上にはなるのですが、やはりblogという
ツールに出会ってから、「書きたい衝動」に
かなりドライブが掛かってきたわけで、
そう考えると、blogをはじめた日というのは、
毎年、感慨深いものがあります。

で、毎年正月というのは忙しいもの・・・
というわけで、今年から振り返りと抱負は、
blog記念日にしよう!ということに決めました。

昨年は何といっても、震災を思い出しますが、
わたしの極私的な話に限ると、twitterの使いはじめと
人と会うことへの質的な変化、twitterとblogとのすみわけ
・・・といったあたりが、2011年の主なプライベートでの
トピックかな、という気がしています。

◆twitter

実は、ちょうど昨年の2/1にtwitterを始めたんですよね。
アカウントの登録は1月にしていますが、
最初のツイートが2/1。もちろん、blog記念日に合わせて。

長くお付き合いいただいている方は、ご存知と思いますが、
わたし、はじめはtwitter利用に消極的でした。

はまりすぎて、アップアップになるんじゃないか?
ということです。しかし、使い方のガイドラインを
自分なりに決めたうえではじめたわけです。
それは・・・

・blog更新のお知らせ
・時事ネタに関するツイート
・フォローしている方のツイートへの返信
・旅先でのイマココツイート

を基本とし、「イマ」「ココ」は基本的には
日常には持ち込まないというようにしました。

自分でツイートしまくるだろうなって、
分かってたんですよね。それでもかなりのツイート数に
なってしまっていますが、ある程度はいい方向に
効いたなという感じはします。

1年間使った感想・・・・

・人のツナガリができやすくなった
・ストックとフローの使い分けができるようになった
・皆さまのblogへの巡回頻度が極端に落ちた
・イベントネタが増えすぎ、blog更新が滞った

という感じですかねぇ。
いい意味では、ツナガリが思ったようにつくりやすく、
また、コンテンツの質に応じた適切なツールの使い分けが
でるようになった、というトコ。

よくないところでは、blog巡回頻度や更新頻度の低下。
更新頻度は、twitterしていて時間がないのではなく、
twitterで得た情報で行くところが増え、ネタがたまって、
なかなか消化できない・・という感じ。

◆「戦略的に」人と会っていこう

実は、昨年の年初にこんなことを書いています。

twitterを使う前から、自分の関心の向き方を整理し、
その関心の向き方と人との出会いをリンクさせていこう、
というように思い始めていて。

そもそも、展示会やイベントごとに参加するのが、
好きであちこち顔を出していたわけですが・・・

気になるものは、それこそあっちにもこっちにも、
むくむく出てくるわけで、結果的に
何がしたいの?どうなりたいの?がよくわかんないな、
というのがこんな2010年末。

カオスの中からガムシャラにってのもいいんだけど、
人と会うことで世界が広がる流れを律することも
大事なんじゃないかってね。

その流れこそ、自分を形づくるものだから。
好奇心だけでなく、多様性や自律性って、
大事にしたい価値なんです。

そこで、ちゃんと好奇心の向き先と整理しつつ、
そこにちゃんと人のツナガリを持たせたい・・・というのを
抱負に掲げていたわけですが、意図してではないですが、
twitterがそのよいツールになってくれたな、という印象。

単純な話、自分の関心に近い関心を
持つ方々を見つけるハードルがどんどん下がって。
blogができたての頃にもそう思ったことはありますが、
blogしかなかった頃と比べ、かなり役割分担されつつ、
ソーシャルメディアが進化しているのだな、と思いました。

結果的に城ツナガリの方々に出会えたりとか、
(実際にお会いしているわけではない)blogのコメントだと
あまり返信しにくい方でも、リプライを返しあって、
関係が深まる・・ということもあって。

良くも悪くもblogって「積極的に言いたい何か」がないと
続かないんですよね。でもって、そういう人ばかり、
じゃないわけですよ。けっこう人を選ぶ。

そういう意味では、twitterのほうが関心に応じた
人脈を増やすという意味では、しっくりきますし、
twitterを使ってできるとは、思ってはなかったのですが、
自分に合った人脈つくりの流れをつくるという、
2011年の目標は達成できたな、と言えると思います。

◆twitterとblogの位置づけ

twitterをはじめても、blogが本家でtwitterは出張所
みたいな位置づけで考えていて、大まかに言えば、
それはそれで間違ってはないのですが、1年経つと、
もう少しクリアになってきたのも、トピックのひとつ。

・blog
- じっくり読むよみもの
- ストック的
- コンテンツ >ツナガリ
- 凝縮
- 自分の「城」

・twitter
- 流し読みするニュース
- フロー的
- コンテンツ < ツナガリ
- 拡散
- 自分の「案内看板」

両者の違いを思うがままに挙げたキーワードで
示すとこんな感じでしょうかねぇ。

以前から、blogはまず自分のために書くということを
一番大事にしています。エゴイスティックな意味ではなく、
まず自分が書いていて楽しいこと、そしてある程度、
まとまった内容をちゃんと振り返れるものであること。

で、その付帯的な意味として、読んでもらえる方々に
役に立ったり、おもしろく思ってもらえたり、
なにより、どういうことに関心を持つ人間かを
知ってもらえる・・という点が、blogを書く主な理由。

おもしろいのは、twitterに「時事ネタにちょっとコメント」
というタイプのコンテンツを移管することで、
その頻度や件数が増えていく一方で、今までとは違った
自分の人となりの出かたをしているなぁ、と。

ひとつひとつのツイートの元ネタになっている話が
どれもわたしの関心が深いものばかりでは、
なかったりします。が、そういうネタに対して、
どういうリアクションをとるのかという点で、
自分っぽさが出ているかな、と。

もちろん、blogへの呼び込みツールにもなっているわけで、
関心のあるモノへの反応とそれほどでもないけど、
気になる程度のモノへの反応・・が出ていて、
幅が広がったのとともに、blogとtwitterが互いに対立せず、
キレイな補完関係になっているんですね。

コンテンツを切り口に考えてみると・・・
blogは、特に興味を持っていることを深く書き記すもの、
twitterはとにかく気になったものをザッと書き出して、
すばやくアウトプットするものという切り分け。

ツナガリを切り口に考えると、twitterのツナガリの
広さを使って、blogに引き込むといった役割分担。

どちらの面でも、けっこう自分の中でも
ハッキリしてきたなぁ、という印象があります。

余談ですが、FaceBookやGoogle+、mixiといった
タイプのSNSは、この両方が渾然一体となっている・・・
という感じ。明確にストックコンテンツと
フローコンテンツを意識する(したい)ならば、
blog+twitterの組み合わせのほうがよい気がします。

逆に両者ひとつのプラットフォームで、
シームレスにしていきたい・・・場合は、
上記のいずれかがいいのかな、という感じですかね。

本名か匿名かとか言った議論は、方法論であって、
まずどう使っていきたいのか、が先だろうなと思います。

◆逆にできなかったこと

じゃ、いいことばっかしでしたか?というと
そうでもなかったり。予想はしていましたが、
イベントごとに関する情報もかなりどんどん集まって、
更に自分の関心に日を追うごとに、カスタマイズ。

そうなると、結果的に行きたいイベントが増えて、
スケジュールがパンパンに膨れ上がります。

特に8月の西日本城と酒の旅以降、
かなり時間取りが難しく、肝心のblogを書く時間との
バランスがよくない・・・という感じ。

それによって、

- 個人blogへの巡回頻度の激減
- blog掲載時期の遅れ
- blog内容のワンパターン化

最初の二つは、冒頭でも書きましたが
最後のは何ぞや?という感じかもしれません。

(1)個人blogへの巡回頻度の激減

blogはどうしても後回しになり、イカンなぁと。
基本的にblogは「想い」を持ってる人のことばなので、
読み応えのあるものが多いです。それだけに、
キチンと吸収していかなくちゃ・・とは思うのですが。

長い文章をよく書く割には、ふざけた言い草、
ではありますが、読み込むのに時間が掛かるせいもあって、
(単純に文章量の多さではなく、内容の濃さで)
後でしっかり読もう、になっちゃうんですよね。
ってことで、ちゃんと2012年は改善していきたい。
(すぐには難しいけど・・・)

(2)blog掲載時期の遅れ

これは、皆さまにも「台湾の記事マダー」とか
思わせてしまったという意味でも反省点。

自分にとっても、書きたいのに書く時間が十分取れない、
かといって、いい加減な仕上がりにはしたくない・・・
という、あまり精神衛生上よくないもどかしさを
よく感じる原因にもなっちゃいました。

これも結局は時間の問題で、ある程度書く時間も含めた
スケジューリングとイベントのチョイスを
していくしかないですね。これも要改善。

(3)blog内容のワンパターン化

これは・・イベントのレポート記事ばっかりだな!
ということなんですよね。

トヨタ生産方式・・じゃありませんが、
「現地に赴き、現物を見聞きし、現実を知る」
というのは、ある種bloggerとしての矜持といいますか、
自分の体験こそがコンテンツの礎だと思っていますので、
大事なコンテンツ・・ではあることは変わりません。

ですが、そもそもわたしがWebページをつくった、
2000年当時、卒論を書くにあたって
いろいろと本を読んだり、考えを進めていくにつれ、
卒論に限らず、考えたことや大事にしている価値観、
書いて外に出したいという思いが強まって・・・

そして、blogというカタチでその強さに
ドライブが掛かってくると、いろんな方々からの
フィードバックで更にその、自分の考え方の基礎が
できてくる楽しみを強く感じてきたわけで。

時には、意見の違いも出たりしますが、
(建設的な意見である限り)それもまたなるべく
複数の違った視点で自分の思考と価値観を
知るための、よい契機だったりします。

それがいろんな「体験をする」というインプットの
チャンスを目にしすぎたこともあって、
いろんな体験をした上で、「自分としてのアウトプット」を
どう出すか?ということがおろそかだったな、
という反省があるわけです。

好奇心を思った方向にドンドンと伸ばした道に
自分の意思を込めて、人のツナガリと自らの体験を絡ませる・・・
という方向は、しっかりと維持。

そして、ちゃんと原点に戻り、それでオマエはどーなのよ?
というアウトプットをプライベートでも
定期的にしっかりと書き付けていければな、と。

想いの丈の連なりこそ、自らがたどった思考の足跡、
なわけですから・・・自らの体験で得た想いと
それがもとになって自分に湧き出る意思が、
自分を創っていくもの。未来の自分のためにも、
ちゃんと足跡を付けていかないとね、と。

2012年は「我が想ひの丈こそ語らめ」

ということを目標にしましょ。

まぁ、ぐだぐだ書きましたが、多少理屈っぽいとこは
ありますが・・・末永く当blogを
ご愛顧いただければ、うれしく思います。

・・で、今日から中国出張。ひょっとしたら、
twitterはお休みせざるを得ないかも・・
上手くつながるとよいのですがね。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« ニッカシングルカスク余市 1987 1988比較試飲会。 | トップページ | 中国・香港出張。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ということは私も、そしてココログそのものも8周年なんですねえ。
お互いおめでとう!
1つのものを8年続けるって、けっこうすごいことですよねっ。
私は途中1年ほど休んでしまったけれど、決してブログが嫌になったのではなく、仕事に集中したかったからだし、今もそれなりに忙しいけど、マイペースで細々続けてるという感じです。
まあ、あまり肩に力を入れすぎずに続けられたらいいかなと。

出張、気をつけていってらしてくださいね。

投稿: しのぶ | 2012.02.01 23:36

こんばんわ。
お久しぶりです。
「8周年記念、おめでとうございます。\(^o^)/」
その一言を、言わせて頂きます。

投稿: H.K | 2012.02.04 22:58

nikko81です。

●しのぶさん

お互いに。長い間書いてますよねぇ。
その間にやめられた方もいますし、人もずいぶんと
変わった気もいたします。

とらわれすぎはいけないのですが、
適当に流れるままに・・ではなく、目標というか、
目指す姿を見据えて続けたいと思います。

出張、無事に帰ってきました。
どきどきモノでしたが・・・あとでアップします。
あまりネタはないのですが。

●H.Kさん

ありがとうございます!
これからも、よろしくお願いいたします。

投稿: nikko81 | 2012.02.05 21:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16856/53852832

この記事へのトラックバック一覧です: 8周年にあたって・・の振り返りと抱負。:

« ニッカシングルカスク余市 1987 1988比較試飲会。 | トップページ | 中国・香港出張。 »