« いま、ふたたびの秩父へ・・・(1) | トップページ | 晩ご飯300kcalプロジェクト。 »

いま、ふたたびの秩父へ・・・(2)

蒸留所に到着。おや、手前に建物が
新しくできていますよ?

P1070092

新しく貯蔵庫ができた話は聞いていましたが、
こちらは、手前がフロアモルティングをする建物、
奥が樽の加工ができる加工場。
こちらも、見せてもらえましたよ~。

ベンチャーウイスキー社長・肥土伊知郎さん。
社長御自らご案内いただきます・・ありがたい。

P1070116

実はこの時、NHKの取材が入っていて、
NHKのカメラマンさんも一緒だったんですね。
ちょっとだけ、わたしも映ったり・・(笑)

P1070124

秩父のお楽しみその1。発酵中のウオッシュバックの
香りを感じることができます。
こちら、珍しいミズナラ製のウオッシュバック。
あれ、ちょっと増えてる?

P1070151

湯気がもくもく。

P1070181

お、酵母発酵、真っ最中!極上のフルーティな香り・・
ですが、いきなり鼻を突っ込むと危険!
CO2濃度が高いので・・わたしもちょっと
フラッとしました・・・

P1070177

お楽しみ2。蒸留液ノージング・・・
ということで、ポットスチル。

P1070192

ポットスチルは、スコットランドの
Foresyths社製。実はKAVALANの宜蘭蒸留所も、
秩父と同じForesyths社製なんですよ。

P1070245

単に蒸留液をノージングするだけでなく、
ヘッド・ハーツ・テールの部分をそれぞれ回して
頂き、その成分と香りの違いを感じます。ほぅほぅ。

P1070224

間接加熱するスチームパイプ。
なかなかこういうところまで見れる蒸留所は
少ないかも・・・ね。

P1070252

続いてのお楽しみ。お楽しみその3、
熟成庫の香り。少しこちらにもありましたが、
閉鎖した軽井沢の樽の一部も、ここにあるんですよ。

P1070263

鏡板の色の違いは、どういう意味か
訊くの忘れた・・・

P1070265

というのも、ミズナラ樽から漏れた原酒が
樽の端で固まった部分があって・・・
ここから、ものすごくいい香りがするんですよ。
まさしく長期熟成ミズナラモルトのようなっ!

P1070285

これ・・すごいわ・・
こういう香りのソープや芳香剤、香水とか・・
出ないでしょうかねぇ(笑)

そしてここからが、新しい施設のごあんなーい。
ということで、お楽しみ4。

まずは、樽の加工場。さすがにイチから
つくる施設ではないですけどね。

P1070291

マルエス洋樽という樽専門会社の社長さんに学び、
少しづつ樽を補修したり、リチャーされているとか。

余市や宮城峡で見た、タガを付けたり外したりする
木槌もありますねぇ。

P1070293

ん?あれは、樽を造り替えた時に、
切断した部分ですかね?

P1070302

こっ・・・これは・・・!!
某S社さんのOwner's Caskの樽ではないですか!
なぜ、ここに・・・(笑)

P1070303

こちらはお隣のフロアモルティングをする建物。

P1070305

フロアモルティングというのは、仕込みに使うモルトは、
大麦を一旦発芽させて途中で止める必要があって、
床に敷いて発芽させることをいい、スコットランドの
伝統的な方法なんですよね。

で、いよいよ今年からフロアモルティングを始めるそう。
日本のメーカーは大多数が、海外のモルトスター(製麦業者)から
買っているので、モルティングするだけでも珍しいのに、
フロアモルティングまで・・・

また、乾燥も当面は温風乾燥だということですが
秩父産の大麦がある一定収穫を見込める量になれば、
いよいよキルンを使った乾燥にするそう。

あのキルン塔で飯能産のピートで燻された
秩父産のモルトで仕込まれる日も近いのです・・・

P1070096

そして・・・リチャーの実演。わぉ。
人によるリチャーは白州くらいでしか見れませんが、
秩父ではデモではなく、実際も人によるリチャーだけ。

1回目は、火の出方がちょっとイマイチだったこともあり、
2回もやって頂きました・・・
肥土さんありがとうございます。感謝感激。

1度目のほうはリチャー後の写真。
炭化した様子が分かります。

P1070348

P1070338

これは残った原酒が蒸発した痕かな?

P1070343

で・・・2回目。こちらがかなりリチャーの様子としては
おもしろかったので、動画でご紹介!

約11分もずっと動画を撮っていたので、
途中で腕が痛くなってきましたが(笑)
参加者の皆さんの期待を一身に背負い、耐えました!

寒いだけにリチャーの炎が、暖かいんですよね・・・
白州と比べるとかなりゆっくりとした進み。
実際はこうしてゆっくりするものみたいですね。

5分を過ぎたあたりからパチパチ・・と音が出て、
9分30秒くらいから、ようやく炎が現れ、
10分くらいで炎がMAX!そして、参加者の皆さんの
テンションもMAX!わぁ~~~!

そして肥土さんの水一振りで、キレイに炎が消えてFinish!
そして、拍手と「おお~」という歓声。

えー・・その場の盛り上がりっぷりも一緒に
分かってしまう動画になっております(笑)

出来たてほやほやのリチャーされた樽。
あたたかい・・・

P1070357

お寺の線香の煙よろしく、皆で煙にあたります。
美味しいモルトが飲めるような・・・
なんだか、ご利益がありそうな!?(笑)

P1070362

そして、最後のお楽しみ5はもちろん・・・
ティスティングであります。

P1070108

最初に頂けたのは、ニューポットと
秩父THE FIRST。秩父のニューポット、
かなり美味しいと思えるニューポット。
蒸留所によっては、飲みにくいところもありますから。

P1070317

秩父 THE FIRST・・実は、わたしも持ってきて。
あまり普段はしないのですが・・
これはホントに記念なので、肥土さんにサインを
頂いちゃいました。うはは。

P1070321

じゃーん。2本買ってあるのですが、
こちらはなかなか開けられない1本となりました。

P1070323

で・・・こちらにあるのは飲んでいいですっての、
例によってものすごい数というか、ちょーおトク・・・
まぁ、次から次への飲む飲む(笑)

とある方が見つけたこれ!川崎グレーン1982。
これがやはり美味しかった。リリースされた1982年のモノと
同じかどうかはちょっとわかりませんが。
わたしも、1981年蒸留のボトルは持ってます。

P1070326

川崎蒸留所。知る人ぞ知る、幻の蒸留所・・・
川崎大師のそば、今はイトーヨーカドーが建つ場所に
その昔、あったそうです。こちらのblog(モルト侍さん)に
詳しいので、ぜひご参考に・・・

シェリー樽熟成?と思わせるような、
濃い色をしています。実に美味しいグレーンなんです。

P1070324

そもそも、長熟グレーンをグレーンだけで飲める、
ということ自体が稀な上に、カフェスチルで
どうやらつくられたっぽく、甘く芳しい「主張がある」
グレーンウイスキーなんですよね。

奥に並んでいる(飲むトコじゃないはず)棚には、
1977年のグレーンも。これは・・リリースは
あったのかなぁ。マイヴィンテージだしリリースされたら、
ぜひ、1本ほしいところだなぁ。高そうだけど。

P1070373

川崎蒸留所のところでも書きましたが、
日本でも無くなった蒸留所がいくつもあります。

その一方で、こうして産声を上げたばかりの蒸留所で
つくられるウイスキーの行く末を見守れる・・のは、
一ウイスキーの飲み手として、ものすごく幸運なことだと
思っていますし、メッセンジャーとしてその良さを
伝えていかねばな、と思います。

(誰だそこ、何社のウイスキーメッセンジャーを
 兼ねてるんだとか言ってるの!笑。)

ということで・・・非常に満足な1日。

企画してくださったあるじさん、ご一緒させて頂いた
参加者の皆さま、そしていつもご丁寧に説明を下さり、
グッズのお会計まで全部おひとりで対応された、
肥土社長・・・誠にありがとうございました。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« いま、ふたたびの秩父へ・・・(1) | トップページ | 晩ご飯300kcalプロジェクト。 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

「グルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いま、ふたたびの秩父へ・・・(2):

« いま、ふたたびの秩父へ・・・(1) | トップページ | 晩ご飯300kcalプロジェクト。 »