« Whisky Festival 2011 会場編。 | トップページ | 2ヶ月前の目の保養 … DESIGNTIDE TOKYO 2011 (1) »

Whisky Festival 2011 セミナー編。

けっこう飲んじゃったので・・・
燻し屋銀次の燻し黒毛和牛でブレイク。
燻製なのに柔らかい。旨味も豊かで美味しい☆

実は昨年のウイスキーフェスティバルにも
出してられたんですよね・・・買おうと思って、
1年間すっかり忘れてました・・ゴメンナサイ。

で、セミナーは、ウイスキーのここ10年を振り返ろう・・・
という土屋氏のお話でした。

P1050941

スコ文研が誕生して10年でもある2011年、
震災の影響で10周年パーティは取りやめ、
ウイスキーフェスティバルさえ、開催が危ぶまれたそう。

が、こういうときこそ・・・というお気持ちで、
なんとか開催にこぎつけたそう。ありがたいことです。

その中でこの10年という節目を振り返ってみたい・・
ということでした。モルトウイスキーイヤーブック、
という本の中からの引用で、2008年のリーマンショック以来、
経済があまり上向きではない中、08年、09年、10年と
スコッチウイスキーの輸出が3年連続で更新。

07年にスコッチの輸出総額が30億ポンド、
日本円にして約3,600億円に上ったそうなんですが、
10年では34億5000万ポンド、約4,200億円・・・
という規模にまで到達しているとか。

ボトルに換算すると、年間10億6000万本の輸出・・
ということになるようです。実は、09年実績の11億本から
若干のマイナスなんですが・・・

金額が伸びて本数が減るということは即ち、
単価が上昇しているということ。つまりは、
ブレンテッドからシングルモルトへのシフトが
世界的にも見られる・・ということなんですねぇ。

事実、シングルモルトは前年比31.2%増の
8400万本の輸出でその伸びの急激さがよく分かります。
逆にブレンテッドが若干減らしているようで・・・

1987年、スコッチ輸出に占めるシングルモルトの割合は
1%にも満たなかったのが、2割近くにまで成長。
10倍以上・・にもなりますよね。

更に利益面では、2006年時点では
スコッチウイスキー1本あたり、2.86ポンド。
これが2010年には、3.25ポンドへ。

売上金額だけでなく、利益面でもプラス。
要は比較的高いボトルが売れているっていうことだよね・・・

このあとはスコッチの業界の歴史というか、
栄枯盛衰、企業買収などなど・・・というお話でしたが、
ジャパニーズから入ったわたしはスコッチの知識がなく、
ちんぷんかんぷん・・・orz

そのなかでも気になったのが、マッカランの生産量が
ここ数年で倍くらいに増えてるということ。
台湾で売れてるみたいだしなぁ・・・

でも、土屋さんのお話が台湾に及ぶと俄然、
わかるキーワードが増えてきます。
KAVALAN行ったからね!

宜蘭蒸留所の設計は、スコットランドのForesyths社の
手になるものなんですね。そこまで聞けなかったなぁ。
そういえば、秩父のポットスチルもForesythsでしたね!

見学した感じではそうは思わなかったんですが、
生産能力的にはスコッチの中堅クラスくらい・・・の
生産能力を持ってるんですね。むむ。

最後に・・ということで、興味深い
シングルモルト(スコッチ)の出荷順位TOP5。

1位:グレンフィディック
2位:グレンリベット
3位:ザ・マッカラン
4位:グレングラント
5位:グレンモーレンジ

という順位。まぁ、どれも日本でもメジャーですね。
それでもグレンリベットの追い上げが更に強まる見込みとか。
それ以上に追い上げが激しいのがマッカラン。
業界の見方では、来年にはNo.2はマッカランという予想。

マッカランって、アジアに強いそうで
出荷量の半数がアジアで売れてるんだそうです。
日本・台湾・韓国でNo.1 シングルモルト。
Whisky LIVE TaipeiでもVIPルームに
マッカランばかりだったのはそういうことなんだ、と。
いずれ、マッカランが世界一になるのか・・・

それでも何十年もグレンフィディックが1位の座に
君臨し続けてるんですね・・なんでも最初に
シングルモルトのマーケティングがされたブランドとか。
年間90万ケース超を売り上げるそうです。
デッドヒートが見ものですね。

逆に消費量で見てみると、ウイスキーの最大の消費国。
それは・・・なんとなんとインドだそう。
世界で売れているウイスキーだとインディアンウイスキーも
かなり多いんですってね・・・

これからのキーワードはアジア。
これからのウイスキーはアジアを抜きには語れない・・
そんな時代になっていきそうです。
なかなか・・・興味深いお話でした。

このあとグレンバーギのティスティング・・でしたが、
ティスティングコメント忘れ(苦笑)

・・・お土産はGlenrothes 2001(10年)。
紅茶のような渋みと甘さが感じられるいいモルト☆
ちょっと蜂蜜を垂らしたストレートティ。

P1050936

なおかつ、セミナーで使われたグラス・・・
昨年のWhisky Festivalの使いまわしだけど、
お持ち帰り可能!ティスティンググラスは、
いくつあっても困らないので、助かりますぅ。

P1050933

このあと、会場に戻ってみたんですが、
まぁ・・混んでること!用事もあることですし、
早めに退散・・・・

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« Whisky Festival 2011 会場編。 | トップページ | 2ヶ月前の目の保養 … DESIGNTIDE TOKYO 2011 (1) »

「イベントレポート」カテゴリの記事

「グルメ」カテゴリの記事

コメント

今年は素敵なウイスキー記事愉しませていただきました!来年も楽しみにしております、どうぞよろしくお願いいたします。

インド、言われてみれば確かにウイスキーが結構目につきました。確か飛行機でインドウイスキーを呑んだような記憶が。。。

投稿: kaiko | 2011.12.30 09:00

nikko81です。

●kaikoさん

こちらこそ、ありがとうございました。
まだ大晦日にウイスキーネタ、大物が残っておりますがね・・・
大晦日丸一日で書ききれるか・・という感じですけど(笑)

そうですか、ウイスキーあるにはあるんですね。
飛行機にも?どんな銘柄だったか、気になりますね・・・

投稿: nikko81 | 2011.12.30 12:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16856/53569793

この記事へのトラックバック一覧です: Whisky Festival 2011 セミナー編。 :

« Whisky Festival 2011 会場編。 | トップページ | 2ヶ月前の目の保養 … DESIGNTIDE TOKYO 2011 (1) »