« Whisky Festival 2011 セミナー編。 | トップページ | 2ヶ月前の目の保養 … DESIGNTIDE TOKYO 2011 (2) »

2ヶ月前の目の保養 … DESIGNTIDE TOKYO 2011 (1)

さて、明日が大晦日…というときに記事に
邁進するそんな2011年年の暮れ(笑)

実は、ネタが溜まってるくせに、
秩父蒸留所に訪問したり、天皇陛下のお誕生日に
皇居訪問…そして、江戸城激写しまくったり、
六本木ヒルズアカデミーに、ショコラ×モルトの
マリアージュしにいったり…

そして、昨日はカフェ・マルコリーニで、
ショコラプラリネ食べ放題で、あの!あの!
美味しいチョコでお腹を満たす至福。

…が、記事は来年ということで。
む、むりがありすぎる!

いやね、2ヶ月も放っておいちゃってる
記事から片づけないと…ね。

ということで、六本木は東京ミッドタウンで
開催されたDESIGNTIDE 2011。

P1040981

今回は、デザイナーズウィークと
GDEは行かなかったので、デザイン関係はこれ1本。

やっぱり、カッコイイものやセンスいいなと思うもの、
わぁ!って思う発想のモノ…を見ておくのって、
ある意味、目の保養だと思うんですよね。

GDEは、Whisky LIVE Taipeiと重なったので、
泣く泣く…という感じだけど、デザイナーズウィークは
もういいかな、撮禁だし広すぎるし、という感じ。

DESIGNTIDEは、会場サイズも見て回るには
ちょうどいい広さとボリューム。
てことで、気になった作品を押さえておきましょ。

レコードからできたスピーカー。
どこかレトロ感もありつつ、あ!と人目を引く
いい感じ。でも、知らない人も多いよね…
(わたしもリアルタイムではほとんど使ってない)

P1040992

これ、軌跡をアーティスティックに
表現したものだよね。でもなんだか、
地球のカタチをしているように、見えなくもない…

P1040994

一回コレでワイン、飲んでみたい…
一回だけでいいけど(笑)

P1040999

お湯に浸す前のインスタントラーメン
みたいな椅子。意外と強度はありそう?

P1050003

布地に切れ目を入れて表現した
孔雀がお見事!

P1050007

切れ込みの入れ方が絶妙でスゴイ立体感。

P1050008

はじめはなんだかよく分からなかったんだけど、
臓器のカタチをした・・・食器?もしかして。
え、そんなまさかね・・・

P1050015

これ、おもしろーい。家具として使われる場合、
節のある材って、敬遠されるんだけど、
その節の部分をくりぬいて、樹脂をはめたテーブル。

P1050025

この部分にグラスなどを置けば、滑らずに済むし、
見た目もポップでいいですよねぇ。
実用性とデザインの両立!

木製のプレート皿。スゴイ好み。
実際こんな上品に(笑)食べることは
ないんだけど・・・

P1050035

P1050038

この椅子、ひっくり返しても使えます。
ぐゎーん、ぐゎーん。

P1050041

時計の針の重心によって、時計が傾く仕掛け。
ゆっくりゆっくり傾いては起き、傾いては起き。

P1050042

屋内用の日時計・・ならぬ照明時計?
個人用というよりは、お店とかにあるといいかも。

P1050048

陶器のボトルがいくつか重なったようなもの。
いろいろ使えて、テーブルランプと鉛筆立てとして、
デスクに置いてみたり…

P1050052

お水を入れて、フラワーベースにするのもあり!
いくつか組み合わせると、豪華な花飾りに!

P1050055

シンプルながらすごいなーって、
思ったのが、これ。

P1050057

針金でつくったかごって、よく見かけるけど、
色も白だけとか、碁盤の目状だけなのが多くて。

でも、ちょっとカラフルに、そしてデザインも
ひねるだけで、ずいぶんとシャレて見えるよね。
これは、わたしでもかわいらしいなと思いましたよ^^

和紙でできた紙袋やコースター。
紙とはいえ、使い終わってもちょっと
捨てるのがもったいない?

P1050076

P1050077

和紙って、いまや特別な印象を与える
アイテムだよなーって思います。

そういや、モルトのラベルもちょっと
特殊なものには、和紙が使われてますよね!
透けて模様が出るのも、いいよなぁ。

P1050079

どこかの城に行って、お土産を買った袋が
こんな和紙で城のデザインが透かしで
入ってたら、めっちゃ大切に保管すると思う…
という妄想を繰り広げつつ書いてます(笑)

一部に漆を塗ったグラス。全部じゃなく、
一部だけっていうのがいいよね。

P1050095

ワンポイントで夜光貝・・のような
キレイなマル。夜空に浮かぶお月さまの如く。

飲んだあとにお月さまがいるっていう、
パターンもあったり・・・

P1050098

向きを変えるとお月さまが見えたり…
グラスを眺めるのも楽しい。

P1050099

ウイスキーのティスティンググラスって、
実用性ばかり…な気がするなぁ。ワイングラスも?
こういう飲むときに遊び心を感じさせる
ティスティンググラスもあっていいんじゃないかな。

墨の力で消臭するという蜂の巣、コレ見たことある
気がしたのですが・・・

P1050103

そこが新しいんじゃなくって、こういう風に
スタイリッシュに置く提案・・のでした。

P1050107

でも、こういう角度から見ると、
やっぱり、あの菱形に見えるんだよなぁ・・・^^;

P1050106

長くなったので(いつものことだ)、
一旦きりまーす。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« Whisky Festival 2011 セミナー編。 | トップページ | 2ヶ月前の目の保養 … DESIGNTIDE TOKYO 2011 (2) »

「イベントレポート」カテゴリの記事

「インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16856/53605383

この記事へのトラックバック一覧です: 2ヶ月前の目の保養 … DESIGNTIDE TOKYO 2011 (1):

« Whisky Festival 2011 セミナー編。 | トップページ | 2ヶ月前の目の保養 … DESIGNTIDE TOKYO 2011 (2) »