« 威士忌を求めて・・・台湾 その10。 | トップページ | 威士忌を求めて・・・台湾 その12。 »

威士忌を求めて・・・台湾 その11。

長い・・・長すぎる!
いつまで夏の台湾の台湾の話をしとるんじゃ!

そんな声が聞こえてきそうな今日この頃。
ぷふ、まだ・・まだあるのですよ。
もう少し、お付き合いくださいませ。

宜蘭から台北に戻り、超絶重い荷物を
ホテルに預けます。で、途中ですげー雨・・もぅ。

荷物が軽くなったところで、RTで北上して、
終点・淡水(Dànshuǐ)。レンガ造りのいい雰囲気。

P1020416

ま、ちょっとMRTの車体とは合いませんが・・・
電車隠したほうがいいと思うけどな(笑)

P1020419

淡水でもリカーショップから目が離せない!
山崎もしっかり広告。リカーショップでの
ウイスキーの広告の多さ、日本以上かも・・・

P1020423

なんだかボトルがアレコレありそうな雰囲気。
が、これに現を抜かすと目的地にたどり着けなそう(笑)

P1020425

わ、台湾でも角ハイ広めようとしてんのか!
どうだろう、台湾では・・・

P1020428

歩いた先にあった福佑宮。
歴史のあるお寺なんですが・・・

P1020433

扁額が笑かすなぁ・・LEDライトか!
中華圏のお寺は派手好みだけど、コレを使うとはね!

P1020435

ちょ・・っとシュールな胸像。
や、胸像じゃないな。髯像?(笑)

P1020436

こちらの方、George Leslie Mackay、
中国名:馬偕。カナダからやってきた宣教師。
キリスト教を広めるとともに、西洋医学を伝え、
貧しい人のための病院や学校も建てた偉人。

で、こちらの滬尾偕醫(医)館を建てられたそう。
教会も併設された趣きある建物。1879年創建。

P1020445

彼の死後、医院は台北に移って
今でも彼の名前を冠した「馬偕紀念醫院」が
あるそうですよ。

教会の建物だけでも立派。
レンガLoverの血が騒ぎます・・・(笑)

P1020447

お、淡水でもマンホ、マンホ!
なぜに自転車なんだ・・・

P1020443

もう少し、てくてく歩くと・・
着いたところは、紅毛城。
そ、最後に城で〆るのです(笑)

P1020456

緑に覆われてますが、れっきとした当時の城門・南門。
清の雍正帝の時代、1724年に建てられ、
イギリス領事館として使われた際には、
英国女王紋章が掲げられていたそうな。

P1020455

裏から見ると、歴史を感じるレンガ造りの門で
あることが分かります。

P1020459

え・・・タダ・・ですかい?
台北県が新北市(新台北市)になったお祝い?
ということで、無料なんです。うは。

P1020465

日本にいて、中国語や韓国語が英語に加えて、
書いてあるように、こちらでは日本語も付記されてて。
いやー、ありがたいですなぁ。

ちょうど、ツアー客とばったり・・で、
一緒に上っていくことに(笑)

P1020468

生憎のお天気・・・晴れてたら、
見晴らしいいだろうねぃ・・

P1020471

で、コレが紅毛城。スペイン・オランダ、
そして、鄭氏政権の根拠地となった城なんです。

P1020614

紅いから・・というわけでこの名があるわけではなく、
スペイン人・オランダ人を原住民が紅毛人と
呼んだことに由来します。
別名、サントドミンゴ城(聖多明哥城)。

紅毛城はもともと灰色の建築だったそうで、
紅くなったのは、清代に英国との戦いに敗れて、
淡水を開港した際に、英国人が駐留し、
その英国人によって紅く染められたのだそう。

レンガの並びも美しくって、
わたしなんぞは、けっこう見とれます・・うっとり。

P1020617

順路どおりに進むと、まず牢屋から。
ちょっと!牢屋でポーズ決めてんじゃないわよ(笑)

P1020482

外には遠くを見る青年・・・
何の演出?(笑)

P1020497

外は雨ですが・・・ご苦労様です・・

P1020499

館内はおおよそ博物館って感じ。
この紅毛城が見てきた歴史が分かります。
さすがに台湾のこの時代の歴史にまで、
精通しているわけではないので、興味深く・・・ふむふむ。

領事館の判子とか。

P1020516

こちらが後につくられた旧英国領事館。
英国領事が招聘した英国人建築師が設計したとか。

P1020550

緑の道を抜けて中へ潜入・・レンガの紅との
コントラストがいいですよね♪

P1020555

英国紋章がはめられていた址なんだろうね。

P1020556

うーん、実に撮り甲斐がありますね。
いい建物だぁ。心躍ります。

P1020564

中はまさにイギリスっぽい、つくり。
ふとどこを旅しているんだろう・・・と錯覚します。

P1020566

外された英国紋章・・なのかな?

P1020570

今でもエリザベスII世の肖像が
飾られています。

P1020572

昔の淡水の様子。日本語が書かれている・・
ということは、日本統治時代なんだろう。

P1020574

あー・・・惜っしい(笑)

P1020581

イギリスですから、午後のひと時は
アフタヌーンティーですよね?歴代領事は、
ここで家族と紅茶してたのでしょう。

P1020588

網越し・・ですが、採光がよく考えられていて、
非常にどの部屋も明るい印象でした。

P1020603

2Fは、いかに紅毛城を世界遺産にしていくか、
台湾の他の名勝地も含め、世界遺産化活動への取り組みが
紹介されていました。

古い建物なので、2Fに登れる人数には制限アリ。

P1020584

もちろん、レンガの建物自体もすばらしいのですが、
緑が多くて、朱色と緑色の感じがとても
マッチしていて・・・

P1020620

P1020621

奥には、理学堂大書院(Oxford College)が
あるのだけど、残念ながら時間オーバー・・・

P1020627

こういった瓦の色は、どことなく
沖縄との共通性を感じたりも。

P1020638

昔は、どっちも琉球って呼ばれてたことも
あったわけだから。

ふー・・休憩。
ドラゴンフルーツのアイス!

P1020644

これ書いてる今だと、寒いのにアイスなんて!
(そうでもない人もいるみたいだけど。)
って感じをしながら書いてますが、
この時は・・・ひとしきり歩いて、あっちっち。

日が暮れますなぁ・・・もう、明日には帰らなきゃ。

P1020664

清代の淡水税関の司令邸。時間オーバー。
また次回に・・・

P1020665

P1020667

さて、帰るかぁ。滬尾偕醫館もいい感じで
暗闇に沈んできました。

P1020677

暗闇になればなるほど、福佑宮のLEDライトは
てっかてか(笑)

P1020680

さて・・長かった台湾の旅もいよいよ、フィナーレ。
次回で最終回ですぜ。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン


|

« 威士忌を求めて・・・台湾 その10。 | トップページ | 威士忌を求めて・・・台湾 その12。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ドラゴンフルーツのアイスバー、おいしそうですね!
マンホール収集家なので、マンホールに反応しちゃいました(笑)。

投稿: 苺子 | 2011.12.19 09:35

nikko81です。

●苺子さん

アイスバー・・暑い夏だったのもあり、
クールダウンにもってこいでした。
台湾はフルーツも美味しいですしね!

あ、苺子さんもマンホールラヴァー?
わたしもけっこうマンホールには、目がないのですよー。

投稿: nikko81 | 2011.12.20 01:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 威士忌を求めて・・・台湾 その11。:

« 威士忌を求めて・・・台湾 その10。 | トップページ | 威士忌を求めて・・・台湾 その12。 »