« 威士忌を求めて・・・台湾 その8。 | トップページ | 威士忌を求めて・・・台湾 その10。 »

威士忌を求めて・・・台湾 その9。

ちょっと開いてしまいましたが・・・
がっくりな宜蘭訪問の翌日。他にも行きたいところは
あったんだけど、蒸留所を外すわけにはいかぬ!
ということで、またもや宜蘭に向けて出発。

今回は電車じゃなくて、台北車站に近い、
台北轉運站(長距離バスステーション)からバスにて。

日本語はもちろん、英語もさっぱりですが、
まぁ、なんとなくチケットは買えます・・・し、
バスのほうがかなりオトク。NTD150くらいだったかと。

ただ、途中駅で降りるのはいろいろと
ハードルが高いかなぁということで、
宜蘭が終点の便を選びました。

宜蘭轉運站は、宜蘭火車站から少し離れていますが、
タクシーもいっぱい止まっているので、
ここから、金車宜蘭蒸留所に向けて出発。

着きましたぁ。今回は入れまっせ~

P1020278

金車という総合飲料メーカの工場で
ウイスキーだけでなく、コーヒーその他もつくってる模様。

P1020280

洋風な、それでいてどこか南国・・・
というか開放的な感じが建物からも感じられます。
同じく洋風な余市とは、真逆の印象。

P1020287

入ってすぐの正面には、ドーンとロゴ。
なんだか空間の使い方が、ものっすごい贅沢。

P1020283

案内・・・とりあえず、これだけを守衛さんトコで
くださった。まぁ、なんとなく理解(笑)して
指定された「旅客服務中心」に向かいます。

P1020290

けっこう・・こんな緑の多いところを歩き。
1kmは優にあるんじゃないかなぁ。

P1020292

出た!これぞ南国!っていう感じの風景。
スコットランドはもとより、日本でもゼッタイないよねぇ。

P1020294

こちらがその旅客服務中心。
できたのが新しいのもあるけど、ちょー立派。
金車って、儲かってんのかな。

P1020296

お、ちょうどいい感じ。11時の回に
案内してもらえそう~♪

P1020301

そもそも、ココはコンベンションセンターなのね。
てか拼音表記、台湾だと
かなり表記揺れがあるよね・・・と妙に気になる。

P1020302

で、一応英語で見学をしたい旨を伝えたのだけど、
日本人だと分かったせいか、日本語の分かる方をつけてくださり。
はぁ・・・よかったとこの時は思ったのだけど。

まず最初にビデオ鑑賞。ホントに総合飲料メーカ、
という感じの金車。いろいろビデオを見せてくれるのですが、
正直、ウイスキーのところ以外は・・・(苦笑)

てことで、ウイスキー製造の解説。

ウイスキー製造工程の見学ができるのは、
もう少し先。かなり離れているので、
構内を自転車に乗って向かいます。じ、自転車!(笑)

どどーんと広い!なんか原っぱの中に、
蒸留所とビジターセンターがあるみたい・・・すげぇ。

P1020314

見学できるのは「威士忌蒸留餾一廠」。
ウイスキー工場第1プラントって感じですね。

P1020321

ここで、はっ・・としたのが、
今でも旧字(繁体字)を使う台湾で、
蒸留(蒸溜)のことを「蒸餾」と表記していること・・・

そう、以前NIKKA BLENDER'S BARで、
久光さんのセミナーをお聴きした際、
竹鶴政孝自筆の書に「麦餾」と書かれてあったのを
この時思い出したのです・・・

もちろん、麦は大麦、餾は蒸餾、
即ちウイスキーの意、とあるように、
正しい表記は「蒸餾」なんだな・・・と。

多くの蒸溜所が「蒸溜」と表記している一方、
パソコンの変換では「蒸留」と出ますね。

稀→希、発酵→醗酵・・というような、
日本独自の簡略表記(新字)の一環なんですが、
個人的に蒸留だけ「蒸溜」と書くのは、
違和感があって。でも「蒸餾」ってのはいいなぁ。

・・・超脱線。失礼しました(笑)
てことで、閑話休題。

こんな感じで樽が並んでいてお出迎え。

P1020322

いろいろ説明してもらおうと思うのですが、
実は日本語もそう話せるわけではなく、
で、英語は全然・・ということで、あっちゃぁと。

せめて、英語ができる方のほうが、まだよかったなぁ。
むー・・・彼女も必死に説明はしてくれるのだけどねぇ。
てことで、漢字文化圏同士の筆談タイム(笑)

チャーの説明。KAVALANでは、
かなりしっかりチャーをするみたいね。

P1020329

チャーした樽材のサンプル。触れたらいいのだけど、
それはムリでした。むー、けっこうチャーしてるね。

P1020330

樽の説明。ウイスキー的な観点・・というより、
中国語だとこう書くんだ、というほうが興味あったり(笑)

P1020332

波本桶、猪頭桶、糖蜜舊酒桶、雪莉桶。
知ってしまえばなんてことないけど、
表意と表音が混じってるので、若干日本人には
分かりにくい側面もありますな。

パンチョン、サントリーで使われて・・みたいな
モロに社名出していておもしろい(爆)

天使のわけまえ、Angel's Share。
ちゅ、中国語で書くと・・・天使税!
なんだかイヤな感じだなぁ、徴税されるように、
ウイスキーもってかれるみたいで(笑)

P1020334

マッシュタンとウォッシュバック。
日本の多くの蒸留所見学と同様、
ガラス越しの見学だけど、意外に小さい印象。

P1020335

P1020337

ポットスチルは、ランタン型。初留・再留が各2基。
ヘッドも下がっている・・割には、飲んだときに
あまりそういう印象受けないんだよねぇ。

P1020345

P1020343

ちなみにモノは、スコットランド製。
こちらもサントリーやニッカのようなポットスチルを
見慣れていると、割と小さめな感じ。

この時は蒸留していなくて、春から夏に
かけて蒸留ということだから・・

このポットスチルで春から夏だけってことは、
他のプラントも稼動しているのかもしれないけど、
意外と生産量が少なそうに感じます。

が、先ほどのビデオによれば、
年産300万本生産可能が設備らしいですね。
あ、このプラントだけ・・ではないのかな。

ちなみに、ヘッド(酒頭)、ハーツ(酒心)、
テール(酒尾)はそれぞれ、35%・10%・55%。
ハーツがすごい少ない・・

キリンのハートオブハーツの考え方に近いのかな、
と思いますね。

その割りに、ランタン型で下がりヘッド。
むぅ、どういうことなのか?
・・・てことは、わたしの語学力がないため、
訊けませんでした(泣)

奥にあるのが・・どうみても連続式蒸留器。
ドイツ製らしい。グレーンをつくってるのか???

P1020349

でも、KAVALANってシングルモルトのはずだしなぁ。
うーんと思っていると、どうやらバーボンを造るための設備
ビアスティルとダブラー・・・のようです。

P1020355

けっこうこういうのが、何セットも。
最終的にはブレンテッドを目指してるんですかね・・・
それとも???こちらも訊きたいけど、
あまり通じませんでした。英語さえ通じれば・・がくっ。

ただ、いろいろこちらの蒸留機についても、
こう使うんだというのを言ってくれていたので、
KAVALANは、バーボンチックにつくられたモルトも
含まれているのかも・・・しれませんね。
こちらは、年産900万本が可能なようです。

それと驚いたのが、なんと樽が縦置き!
省スペースという意味もあるのでしょうが、
横置きと縦置きとで、熟成は変わらないのでしょうか・・・

P1020350

ちなみに、気温が極めて高い台湾ですから、
貯蔵庫内は完全温度管理。常に24℃~26℃になるように
保っているようです。

ただ、それでも一般的な日本やスコットランドの蒸留所と
比べてみれば温度が高いわけで、熟成は早く進みますが、
天使に呉れてやるわけまえも、かなりになりそう(笑)

それにゆっくり熟成させないと・・ということで、
おいしいウイスキーは北、で生まれる」という、
ニッカのキャッチコピーに真っ向から挑んでいます(笑)

でも、ホテルの水もKAVALANだったように、
この宜蘭あたりは、台湾の名水の地であることは、
間違いないようですね。

今後、10年以上の熟成したものがどう化けるか、
楽しみではありますよね。

さて、見学はココまで。試飲とお買い物ということで、
ビジターセンターのほうに向かいます!

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« 威士忌を求めて・・・台湾 その8。 | トップページ | 威士忌を求めて・・・台湾 その10。 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

「グルメ」カテゴリの記事

コメント

温かいところのお酒って味がパワフルすぎて好きではないのですが、こちらの味わいはいかがでしたか?

投稿: kaiko | 2011.11.30 23:09

nikko81です。

●kaikoさん

あまりパワフルさは感じませんが、
華やかさ重視の飲みやすいウイスキーだと思います。
てことは、あまりkaikoさん好みではないか・・・

個人的には、ワインカスクがオススメでした。
また、バーボンカスクとシェリーカスクも
買ってはあるので、blogに追記します。

投稿: nikko81 | 2011.12.01 01:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 威士忌を求めて・・・台湾 その9。:

« 威士忌を求めて・・・台湾 その8。 | トップページ | 威士忌を求めて・・・台湾 その10。 »