« 蒲田で餃子を食らうの巻。 | トップページ | ちょっと早く着きすぎた大宮。 »

THE CASK of HAKUSHU 1998 HOGSHEAD。

さて・・・そろそろ、季節はサントリーウイスキーで
表現するなら、白州から山崎の季節。

そんな折に、先日夏の西日本遠征
買ってきた「THE CASK of HAKUSHU 1998」を
頂いてみることにする。

P1040841

1998年蒸留、2008年瓶詰めの約10年。
CASK No.CD40740、26/242。

香りは弱めなものの、抹茶のようなコクと渋みや、
若葉のような清々しさ・・といった
白州のクリーンな印象がよく出ている。

やはり、白州は春夏向きだなぁと思わせられる。
奥のほうにナッツのような雰囲気も・・・

加水すると、酸味の強いレモンやライム、
あるいはすだちのような、フレッシュな
酸味の雰囲気に変わっていく。

いずれも白州の代表的なフレーバーであり、
白州10年や12年あたりの構成原酒に近い・・・
のかなって感じがする優等生な白州。

さぁ・・・もう、肌寒くもなってきて、
金木犀の香りも去ってしまった。

これからは晩秋・・そして冬。
寒い季節には、なんだか山崎・・・なんです。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« 蒲田で餃子を食らうの巻。 | トップページ | ちょっと早く着きすぎた大宮。 »

「グルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: THE CASK of HAKUSHU 1998 HOGSHEAD。:

« 蒲田で餃子を食らうの巻。 | トップページ | ちょっと早く着きすぎた大宮。 »