« 慌しい北海道への旅・・・小樽編(2) | トップページ | 慌しい北海道への旅・・・余市編(2) »

慌しい北海道への旅・・・余市編(1)

さて、余市に着いたら、
まずは政孝・リタ夫妻の眠る美園の丘へ。
夏だったら、比較的分かりやすいですね。

P1010139

Kaoriさんの発案で、皆で花束を買い、
墓前に供えることに。

P1010147

しばし、祈りをささげた後、
蒸留所に戻ってきて、見学開始☆
石造りの門は、いつ見ても見ごたえ充分。

P1010155

この日は、実によく晴れていて、見学日和!

P1010157

ウイスキーねこさんによると、ライブカメラに
ぽっつり写っていたようで(笑)
# ねこさん、お写真どうも!

Nikko81_in_yoichi

そういや、ここだけニッカウ井スキーだね。
なかなか最近は「ウ井スキー」を見ない気が・・・

P1010163

ここで、杉本工場長と佐藤元MBとご挨拶し、
見学開始。見学自体は普通の見学なので、
案内係のかわいいおねーさんが引率。

この日は蒸留はしていなかったのだけど、
余市のポットスチル、上の部分だけが交換されていて、
色が違った2色のポットスチルに。

P1010174

アップにすると、よく分かりますね。
もちろん、実用的な意味で換えているわけですが、
見た目にもけっこうおもしろいなと思います。

P1010183

交換したポットスチルの一部。
けっこう磨り減って、薄くなっちゃてるなぁ。

P1010177

石炭を焚くところ。稼動していないので、
奥までしっかり見えます。

P1010179

旧事務所内には、いつも変わったボトルがあって、
見るのが楽しみです。

P1010187

古いおそらくは戦前の頃のニッカの梱包箱。

P1010188

GUARANTEED MATURED IN WOOD &
BLENDED UNDER EXPERT SUPERVISION.
DISTILLED AND BOTTLED BY
NIKKA WHISKY DISTILLERY
TOKYO & OSAKA

と書かれてあります。ここで、”OSAKA”
書いてあるのに、ニヤリとするのがニッカ通(笑)

1931年に建設された経理の事務所。
後に、ウイスキー製造工程の研究室となり、
一時期は「リタハウス」として、公開された
時期もあったのだけど、閉館してずっとそのまま。

P1010190

ここでなんと、竹鶴邸の奥まで案内して頂けることに!
これって、マイウイスキーづくりのときしか、
入れないんだよー!

リタさんが弾いていたピアノだったり・・・

P1010197

リタさんがつくっていた梅干も。
さすがに塩辛そうだ^^;

P1010199

ニッポンのお母さんって感じですよね^^

P1010200

古いスーパーニッカの水差し。
単なるノベルティじゃなくって、
ちょっとつくりが上等だ。

P1010202

あ!以前には角ボトルの竹鶴21年が、
置いてあったんだけど・・・

な、なんですかこれ!シングルモルト余市23年!
しかも、政孝翁とリタさんの肖像入り!すげぇ。

P1010204

政孝翁の寝室の畳。畳縁が「竹」・「鶴」なんですね!
これははじめて知ったよー。

P1010208

P1010206

掛け軸もそうですが、いろんなところに
竹と鶴があるんですよね。細かいところにもこだわりが
ありそうな政孝翁の性格が現れてそう。

P1010214

政孝翁のコート。かなり大きくて恰幅の・・
というかガタイの大きな、そしてかっこよく着こなす
政孝翁を想像させる品ですね。

P1010217

でも、身長は佐藤さんのお話によると、
165~6cmくらいだったとか。
ちなみに、リタさんは170cmくらい。
わたしと同じくらい・・背が高くていらっしゃる。

ミコちゃん。竹鶴家のウイスキーキャット?
ちなみに、リタさんは犬のほうが好きだったそうな。

P1010221

さて、竹鶴邸を出た後には、1号貯蔵庫。
満タンになると、430樽ものウイスキー樽を貯蔵OK。
思いっきり、すーはーすーはー・・・
蒸留所めぐりの醍醐味ですわな。

P1010227

ニッカで現存最古の原酒は、1945年蒸留原酒。
ということは、66年熟成ですな。

2樽分残っているそうですが、さすがに天使のわけまえが
かなりの量になるでしょうから、カスクではなく、
複数の樽の原酒を合わせているでしょうけど・・・

ね、ニッカさん出さないのかなぁ。
久光さんは、出せませんよーって、
おっしゃってましたが(笑)

このあと、ウイスキー博物館で
珍しいボトルを見たり、あれこれ資料を見た後、
スペシャルな試飲のお時間。
そして、慌しく帰路に着きます・・・

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« 慌しい北海道への旅・・・小樽編(2) | トップページ | 慌しい北海道への旅・・・余市編(2) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

畳のヘリの模様は気が付きませんでしたねー。さすがnikkoさん目のつけどころが素晴らしい!(^^)v
 なかなか体験できない余市ツアーでしたねー。

それにしても天使のわけまえ・・・・・・ あー!また食べたくなっちゃったじゃないですかっ!! (^^;)

投稿: ウイスキーねこ | 2011.10.16 18:15

nikko81です。

●ウイスキーねこさん

そう、わたしも過去2回も行っているのに、
気づきませんでした・・細かなところまでこだわる
政孝翁の人となりが垣間見れますね。

天使のわけまえ・・・例の件、
見つけたら、よろしくです☆

投稿: nikko81 | 2011.10.16 22:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 慌しい北海道への旅・・・余市編(1):

« 慌しい北海道への旅・・・小樽編(2) | トップページ | 慌しい北海道への旅・・・余市編(2) »