« 慌しい北海道への旅・・・函館編。 | トップページ | 慌しい北海道への旅・・・小樽編(1) »

慌しい北海道への旅・・・札幌編。

で、やってきました、さぽーろ。
えーっと・・・やってきているのに、
無計画。ノープラン・・爆。

とりあえず、朝が早すぎて食べるトコも
あまり開いてないので、地下鉄東西線で
二十四軒まで行って、市場で朝ごはん頂きますか。

いくら丼。北海道でこれを食べないわけにはいきません。
実は、市場って安くはないのですが。

P1000786

しかし、美味いのは間違いない!
いくらの量も敷き詰められてるくらいたっぷり☆

何の変哲もない鮭の塩焼きも、
モノがいいのか美味しかったですよ。

P1000788

・・・さて、どうしますか。
考えた結果、普段北海道に来たら行かないだろうな・・
というところに行くことにしました。

それは、北海道庁旧本庁舎と時計台。
いずれも、外観を撮りに行ったことはあるんだけど、
中には入ったことがなくって・・・

北海道ガスのマンホ。
どうしても反対から撮りたくなっちゃう・・
梅干食べて酸っぱいの図(笑)

P1000792

北海道庁旧本庁舎。昔の建物はどれも見ていて、
味があるというか、見甲斐があるというか・・・

P1000803

伝統建築であれ、洋風建築であれ、
存在感が違います。今建てられている建物で、
遠い将来、歴史遺産になるような建物って、
出てくるんでしょうかね・・・

なかなか分かってもらえないかもしれないけど、
個人的にいいアングルだなと思った一枚。

P1000813

でも、こちらのほうは正面じゃなかったんですね。
前回は側面だけ撮って帰ってたのか・・と気づく(笑)

あ、やっぱりこっちが正面。

P1000826

赤い星がデザインされているのは、
青地に赤い星の北海道開拓使の北辰旗の星みたい。

P1000822

真正面からドーン。屋根の形が復元前の
2代目東京駅に似ている感じ。

P1000880

内装はそれほど豪華さはなく、むしろシンプル。
最小限の装飾に留めている様子。

P1000836

2Fのほうが、赤絨毯を敷いてるだけ、
ちょっとゴージャスな感じ。

P1000857

北海道の物産紹介。鮭醤油・・ってことは、
鮭でつくった「しょっつる」のようなモノ??

P1000839

城がデザインされているだけで、
ついつい撮りたくなってしまう・・・
松前城大手門・天守がパッケージに
デザインされた「お城最中」。

P1000841

最中も天守のカタチしてるー。
松前に行ったときには、買ってないな・・これ。

旧北海道長官・知事室。歴代の長官・知事が
執務した部屋がインテリア含め、保存されています。
手前に見える旗は、北海道旗。

P1000851

ここはさすがにちょっと豪華な雰囲気を
残していますね。でも、いつもこの長テーブルって
置いてあったのかなぁ。

P1000854

初代長官は、鍋島閑叟なんだ。
知らなかった・・のか、忘れてるだけなのか。

P1000852

見るところは正直、少なかったなという印象。
まぁ、一度見ておけばいいかな。

暗いところから明るい外を
写すのもけっこう好き。

P1000862

・・・さて、お次はがっかり名所に
数えられてしまうこともある札幌時計台。

P1000902

なかなか北海道でヒマするという、
稀な状況(笑)でないと、
わざわざ中に入らんだろうな・・

時計台の青い目の人形・ファンニーピオ。
1927年(昭和2年)にアメリカから贈られたそう。
よく戦時中も生き残ったね・・

P1000905

時計台模型。なんだか屋根がカラメルっぽくって、
食べる時計台みたい(笑)

P1000908

実は、時計台は最初から今の位置にあるのではなく、
もともとは札幌農学校敷地内の演武場。
当時はこんな様子だったとか。

P1000910

今は、ビルに囲まれて肩身の狭い感じで
建っているけど、こういう場所に建っていれば、
「がっかり」なんて言われなかったろうにね・・

時計台って、実はいろんな色に塗られてきた歴史が。
屋根の色が分からなかったり、壁の色が分からなかったり、
全体像は見えにくいのだけど。

ベージュだったり、緑だったり、赤だったり・・
ずいぶんオシャレしてきて、今の姿になったのね。

当初。個人的にはこれがいちばんよいよ。

P1000916

明治のある時期から大正期。
これもいい感じだ。

P1000917

大正末期から昭和にかけて・・緑。

P1000918

戦後直後は、もっと濃い緑。
戦時中に迷彩色にしたつもりなのか?

P1000920

これって、壁の塗装を化学分析して
わかったこと。明治以降の話なのに、
デザインに関する史料ってないんだ・・・

P1000922

下見板の壁の東西比較。城好きのガン見ポイント(笑)

P1000931

2Fは演武場を再現。「演武場」の文字は
岩倉具視筆。

P1000942

時計台のミニチュアがあり、仕組みの解説。
重りを動力にし、完成して120年、週に2回
連綿と巻き上げられ、ずっと動いているんですね。

P1000939

1881年につくられた、これだけ古い時計台で
なおかつ、消耗部品以外は創建当時の部品で
ずっと稼動してるそう。

こんな時計台は、世界でも数台だとか・・・
札幌時計台、すごいじゃない。

時計台つながりで世界の時計台ご紹介コーナー。
ロンドンのグリニッジにある時計台は、
なんと24時間時計。正直見にくい(苦笑)

P1000945

時計台を出たら・・雨がぱらぱら・・
と思ったら、急にどしゃーって!
さっき、北海道庁にいたときはいい天気だったのに!

ということで、あわててセブンイレブンに避難。
ポテチの焼きそば味が、北海道限定。
北海道に焼きそばのイメージないけど・・!?

P1000958

なんとか、札幌駅までたどり着き、
お昼は手っ取り早く、札幌ら~めん共和国で。
(音出るのでリンククリック注意)

でね・・札幌というと味噌ラーメンでしょ。
だけど、あえて旭川醤油。ラーメンは醤油か塩。
味噌はちょっと・・食べられなくないけど、
好みじゃないんだよね。

ということで、旭川・梅光軒

P1000964

ラーメン食べてると、旭川にも
行きたくなっちゃったな。
旭川って、いつ以来かな・・帯広行ったときに
ちょっと寄った以来かもな。

さて・・そんなことをぼんやり考えながら、
小樽に向かいます。まだまだ時間はあるので、
小樽をぶらりぶらり・・・

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« 慌しい北海道への旅・・・函館編。 | トップページ | 慌しい北海道への旅・・・小樽編(1) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

西に東に、はたまた北の果てまで!

相変わらず日本全国飛び回っていらっしゃいますね。
いくら……目の毒です。。。美味しそうすぎます。

投稿: kaiko | 2011.10.11 06:12

nikko81です。

●kaikoさん

す、すみません・・・遊び放題で。
この北海道訪問の翌週には、ずっと南に向かい、
台湾を訪れているのですが・・・

いくら、ホント好きなんです。
この北海道訪問、いくらはガッツリ頂きました!

投稿: nikko81 | 2011.10.12 00:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 慌しい北海道への旅・・・札幌編。:

« 慌しい北海道への旅・・・函館編。 | トップページ | 慌しい北海道への旅・・・小樽編(1) »