« 夏の西日本・城と酒に溺れる旅 … 竹原(6) | トップページ | 夏の西日本・城と酒に溺れる旅 … 真鍋島(1) »

夏の西日本・城と酒に溺れる旅 … 広島(1)

さて・・・竹原での濃ゆい濃ゆい酒に
触れた後は、また城廻りに戻り、朝から広島城。

まず最初に見えてくるのが、1994年に
木造復元された二の丸の櫓と門。

左手には、平櫓。多聞櫓が伸びた先、
右手には・・

P1000271

太鼓櫓。

P1000278

こちらは、本丸と違い木造復元ということもあり、
実際に中に入ってみたいのだけどね・・

表御門。

P1000285

ここから二の丸に入ります。
二の丸は、馬出曲輪としての機能をもつ、
二の丸としては、ちょっと特徴的。

馬出とは、虎口の一種。
侵入した攻撃側がたやすく直進できないように
した虎口の廻りを濠で埋めて、独立した
曲輪のようにしたのが、馬出し。

これが二の丸とは・・・かなり大規模な
馬出しになりますね。

現在では、大手門が失われているため、
この表御門がある意味、大手門のような役割。

大手門は、現在の紙屋町の交差点あたりに
あったそうで、往時の広島城の城域の広さが
窺い知れますね・・・


大きな地図で見る

平櫓アップ。下見板がかなり木の色が
活かされた色をしており、なかなかいい落ち着き具合。

P1000289

太鼓櫓を二の丸内から。ちょうど職員さんが、
朝の出勤されるところで、いつも入れるのかな?
と思ってたんだけど・・・

P1000298

どうやら、入ることができるらしいです。

この時は、8時前から広島城に出かけていたので、
入れなかったのですが、9時から入れるようですね!

もう少し、時間に余裕があるときには、
太鼓櫓内にも入ってみたい・・・

瓦に刻まれているのは、五七桐。
毛利でも、福島でも、浅野でもない・・・
誰の家紋のつもりなんだろう?

P1000292

さて、一旦二の丸を出て本丸周りをぐるりと一周。
広島城天守をあらゆる角度から(笑)
まずは南西側から。やぁ、いいですねぇ。

P1000312

広島城は豊臣系の城郭であり、輝元の築城時に
技術サポートとして黒田如水を派遣したそう。

如水の手が掛かった福岡城の現存櫓との
デザイン上の共通性も見られるし、
なによりも、天守は豊臣大坂城を意識したつくり。

P1000325

毛利を経て、福島、浅野と代を経る中で、
再現されなかったのだろうけど、
輝元の時代には、大坂城と同じく下見板に
黒漆が塗られた豪華な仕様だったとか。

岡山城を見ると、その色彩に大坂城の面影を
見出すことができるのですが、
広島城については、その天守の形状に、
同じく大坂城の面影を感じることができます。

北側。やはり、個人的な好みですが、
大きな破風(入母屋破風)がどーんとある面よりも、
小さな千鳥破風が、並んでる面の方が好き。

P1000329

北東側。こちらもなかなかいいですが、
ちょっと天守からの距離が遠くなっちゃいます。

P1000334

濠に映る天守も、またなかなか乙なもの。
澄み渡った天気のときの、真昼間が一番ですがね。

P1000340

南東側。ここもなかなかいい感じ。
南西側から撮るとちょっと木が邪魔になる
ことも多いですが、こちらは視界が開けています。

P1000347

お、太鼓櫓が見えてきました・・ということは、
これで一周しました。ということで、360度しっかり
天守を堪能して、ようやく本丸に入ります(笑)

P1000364

本丸の搦手に当たる東御門跡より入城。

P1000363

本丸は、二段構えの石垣になっており、
後年、高石垣が詰めるようになった時代には
見られない、この時期ならではの構造。

P1000375

一部、人為的に石垣が破壊されている
箇所があるのだけど・・これは、城の無断修築を
幕府に咎められた福島正則が、「誠意」を見せるため、
(修築した部分とは別に)破壊した場所。

P1000372

だけど、結局幕府からしてみれば、
無断修築など口実に過ぎず、豊臣恩顧の危険な
大名を取り潰したいだけなわけで・・・
結局、福島家は改易されてしまうのですが。

天守台。天守は、原爆の爆風で倒壊するが、
天守台の石垣はビクともせず。頑丈!

P1000377

最近の研究によれば、天守自体も、
爆風ですぐに吹っ飛んだわけではなく、
また、火災で焼失したわけでもなく・・・
爆風で下層部分が損傷、自重を支えきれなくなって、
倒壊したのが、実態なんです。

天守に吹きつけた原爆の爆風が風速160m/s。
先日の台風15号の最大瞬間風速が60m/sですから、
その凄まじさがわかりますよね・・

よくこんな爆風を受けて、大破しないもんだと。
木造とはいえ、天守建築の耐久度は、
眼を瞠るものがありますね。

ちょうど、天守内では企画展開催中。
これ、けっこう入門編としては、
なかなかいい展示でしたよ。
正しく城を識る、というのって大事だと思います。

天守入り口前で、9時を待ちます。
この場所は南小天守があったところでした。

P1000399

広島城天守は、複合連結式天守といい、
三重三階の南小天守と東小天守を備えた天守。

連立式天守の姫路城天守群を見てもわかる通り、
大天守のそばに小天守を従える姿は、
圧巻だったろうなぁ・・と思います。

こちらにCGがありますので、
興味のある方はどうぞ・・・

 1920*1080(Full HD)→ かなり重いので注意!
 480*360 → 10分を超える長い動画ですが、
         5分過ぎた頃から天守出現!

いずれも、「3DCGでよみがえる日本の名城」内の
コンテンツです。

さて、天守のそばにはマンション・・
ここからの広島城の眺め、いいだろうなぁ、
と来る度に思います。自宅から天守が見えるなんて、
うらやましすぎるにもほどがあります(笑)

P1000402

天守内部は撮影禁止。見所としては、
天守から400m南東に離れた地点から発見された
金箔鯱瓦の本物とレプリカの展示。
撮影禁止のため、またまた絵葉書の登場!

P1030193

金の鯱というと、名古屋城のような全面金箔を
イメージしちゃいますが、そもそも織田信長の安土城に
始まる瓦への金箔押しは、一部だけが主流。

よくよく見てみると、全面金箔よりも瓦の黒い部分や
この鯱瓦のような朱色の鮮やかな色彩など、
実はカラフルだったんだということがわかりますよね!

なんだか、こっちのほうもいいな!
という気がしてなりません。

ま、これは天守瓦ではなかったでしょうから、
創建期の天守の鯱瓦はどうだったのかは、
よくはわからないでしょうけど・・・

最上階。ガチガチに金網で覆われいて、
風情も何もあったモンじゃありません・・・
これ、何とかならんですかなぁ。

P1000415

白い部分は本来は白塗籠だったんでしょうが、
明らかにコンクリ感が出ているのは、
残念としか言いようがなく・・・

さて、時間もあまりないのでそそくさと退散。
お土産には、先ほどの金箔瓦絵葉書に加えて、
岡山城に続き、広島城でもペーパークラフト購入(笑)

大好きな岡山城と広島城を並べて、
悦に浸る予定・・まだ造ってないorz

この後、駅方面に向かって、ちょっと喫茶店で休憩。
足元には、カープマンホ!
しかも、赤がまぶしいカラーマンホ!

P1000421

向かう喫茶店・・・ただの喫茶店、
じゃないんですよ。昭和の薫り漂う、純喫茶パール!

P1000436

前回、はるかさんの記事を見て訪問して、
また行きたいと思っていたのでした。

インテリアもまた、レトロ感満載で
好きな人にとっては、たまらない空間だと思います。

P1000432

朝から歩き回って、アチアチなので、
パール名物?のシャーベットミルクセーキ!

P1000434

やさしい甘さをシャキシャキ言わせながら、
頂くと、汗もすぐに収まってきます・・ウマー☆

かなり常連さんばかりな印象ですから、
はじめは入りにくいかもしれませんが・・・
旅の思い出になるお店だと思います。
広島に行かれたら、ぜひ!

ここから、またずっと東のほうへ。
西に行ったり東に行ったり・・と非効率な動きを
しているのは、姫路での痛いタイムロスを
まだ引きずっているからなのですよね・・

時間的にもお財布的にもイタイイタイ。
というわけで、岡山県笠岡諸島を目指して、
新幹線に乗車(泣)し、福山を経由。

途中、三原でおべんとゲット。
中身も確認せず「浮城」の絵だけ見て、即購入(笑)

P1000438

浮城とは、小早川隆景の居城・三原城の別称。
今じゃ、三原駅にものの見事に寸断され、
天守台には駅のホームから行くことになるんですがね・・・

お供には、ブラックニッカクリア水割り!
気のせいか、広島にはニッカが比較的、
見つかりやすい気が・・・する!?

P1000440

中身は・・あまり特筆すべきものは
なかったかなぁ^^;

ということで、まだまだもりもり続きます(笑)

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« 夏の西日本・城と酒に溺れる旅 … 竹原(6) | トップページ | 夏の西日本・城と酒に溺れる旅 … 真鍋島(1) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

いいですねー、広島城。わりと近くに住んでいたし、何度か広島に足を運んだことがあったにもかかわらず、どういうわけか訪れたことのない場所だったので、正直びっくりしました。いつか広島を再訪する理由ができました(笑)

投稿: みや | 2011.10.03 07:14

nikko81です。

●みやさん

広島城、いいでしょう!
広島にお住まいになったこともあるんですか?

意外と、広島出身の人でも知らないとか、
行ったことないとかって方をよく耳にしますが・・・

ぜひ、広島訪問の際には、原爆ドームだけじゃなく
広島城も!(笑)

投稿: nikko81 | 2011.10.05 07:21

中学生になるちょっと前くらいまで倉敷に住んでいたので、烏城はなんつーか子供の頃から良く見ていた風景のひとつで、好きでした。広島もその頃に何度も訪れているはずなのですが、どういうわけかこんな素敵なお城があったという記憶がないんですよね、つまり多分訪ねていないんだと思います。なので、はい、広島を訪問の際には広島城は外せなくなりました(笑)

投稿: みや | 2011.10.05 23:22

広島城、すてきーーーーーーーっ!
ここ、知ってる中で、イチバン好み♪
あ、、、あなた、お城3つくらいしか知らないでしょ?!
って、突っ込みは受付不可ざます。

金シャチもこっちの方が、カッコイイ!
顔がギャグっぽくないもの(爆)

ペーパークラフト、造ったら並べてアップしてー。
飲みながら造ったら、
イケナイところ切り落としちゃいそうだけど。

で、続きは、また読みにくる。
ボリューミー過ぎて、読みきれないぜ。。。
ぜーはー。。。

投稿: yoshie | 2011.10.06 22:13

nikko81です。

●みやさん

そう!再建でコンクリ天守ではありますが、
なかなかのイケメン天守(笑)なんですよ!
ぜひぜひ、機会があれば見に行かれてください!

●yoshieさん

広島城、いいでしょ☆
ホントは、最上階の無粋なネットを外して
くれるともっといいんだけどね。
そして、小天守も再建しやがれ~(笑)

> あ、、、あなた、お城3つくらいしか知らないでしょ?!
> って、突っ込みは受付不可ざます。

江戸、名古屋、大坂、広島・・これだけも
もう4つじゃない!?

> 金シャチもこっちの方が、カッコイイ!
> 顔がギャグっぽくないもの(爆)

お顔は年代による違いもあるからねー。
一概に名古屋はどう、広島はどうと言えない気も。

> ペーパークラフト、造ったら並べてアップしてー。
> 飲みながら造ったら、
> イケナイところ切り落としちゃいそうだけど。

飲みながら作るワケないでしょー。
岡山、広島、そしてこれから購入する大坂。
blogコメント巡回もできてないのに、
クラフトペーパー製作の時間もとらなきゃ・・

> ボリューミー過ぎて、読みきれないぜ。。。
> ぜーはー。。。

さーせんw

投稿: nikko81 | 2011.10.07 02:31

パール!再訪されたんですね~!!
あのヘンの再開発が気になってて、どうなってるかなぁ?と思ってたんですけど、
健在でほんとによかったです。安心しました!
ああ、シャリシャリのミルクセーキ、久しぶりに飲みたい(食べたい?)です!
マイルが流れるので、どこへ行こうか悩んでたんだけど、広島もいいなぁ~☆

投稿: はるか | 2011.10.07 23:26

nikko81です。

●はるかさん

はい!再訪しました!
いや、ほんとにいいお店を教えてくださって、
感謝しております。暑い夏にあのシャリシャリした
ミルクセーキはタマランです(笑)

再開発の話あるんですか?それは困りますね・・・・

広島、ウイスキー関係でもよいBARが
ありますので個人的には、更に居心地のよい街に
なりました。

投稿: nikko81 | 2011.10.09 12:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏の西日本・城と酒に溺れる旅 … 広島(1):

« 夏の西日本・城と酒に溺れる旅 … 竹原(6) | トップページ | 夏の西日本・城と酒に溺れる旅 … 真鍋島(1) »