« 夏の西日本・城と酒に溺れる旅 … 岡山 ~ 大阪  | トップページ | 幻の福岡城@日輝展。 »

ジョブズと信長。

RSSリーダにしても、タイムラインにしても、
逝去したAppleのSteve Jobsの話題で持ちきり。

なんとなく、イメージが織田信長なんですよね。
改革者のイメージだったり、先を見通す先見性だったり。
自分がどう見られているかの意識の仕方、
自分の感覚に合わないものには容赦をしない厳しさ・・・

個人的には、ここの製品がどうのというよりも、
Jobsの世界観に、どうしてもなじめなくて、
価値観が合わないところが多すぎてね。
あと、ユーザに対する構え方とかも・・・

信長も日本史上、功績は大きいし、
先見の明を持ってることは明らかだけど、
人間性には惹かれるものがなく、
自分にとっての合わなさ加減も、なんだか似て。

ということで、りんご製品には
ほとんどお世話になっていんですが。

ただ、戦略性や表現力(プレゼンだけじゃなくプロダクト
における表現力も)は抜群で確かに天才的だし、
業界を大きく変えた人物。

一度下野して、その後復帰してからの鮮やかな経営手腕も、
辣腕というしかないよねぇ。

Jobs亡きAppleがかつてのようにしぼむのか、
あるいは、DNAが生き続けるのか。

信長の卓越した着想力は、明らかに後代には
伝わらなかった。彼の子どもたちにも、秀吉にも。
DNAは途絶え、織田軍団は崩壊した。

そして、究極の属人的企業とも言われるApple。
組織力としてはどうなのかって思うけど、
そんなの杞憂だったんだと言わせられるかが勝負。
・・・JobsのDNAが生き続けるか、見もの。

ご冥福をお祈りします。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン


|

« 夏の西日本・城と酒に溺れる旅 … 岡山 ~ 大阪  | トップページ | 幻の福岡城@日輝展。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジョブズと信長。:

« 夏の西日本・城と酒に溺れる旅 … 岡山 ~ 大阪  | トップページ | 幻の福岡城@日輝展。 »