« 夏の西日本・城と酒に溺れる旅 … 姫路(3) | トップページ | 夏の西日本・城と酒に溺れる旅 … 岡山 »

夏の西日本・城と酒に溺れる旅 … 姫路(4)

兵庫県立歴史博物館。

それだけだったら、まぁよくある博物館だよね、
っていう話なんですよ。

でも。ここには、現存十二天守の模型が
わんさかと、そして江戸城寛永度天守の模型
あるんですよ・・もう、それだけが見たくってね。

鹿島建設の看板。あ、東京駅の改修も
鹿島がやってんだ。すごいなぁ。

P1250572

およ?いきなり出てきた洋館。
なんじゃろな?

P1250573

これは、なかなか趣き深い・・・

P1250575

これ、姫路市立美術館。
元は姫路陸軍兵器支廠の倉庫として、
1905年に建てられ、戦後市役所として使われた後、
美術館として、1983年にオープンしたのだとか。

P1250592

うわうわ、こっちのほう来ないから、
ちっとも知らなかった!

こんな風に、天守と一緒に見えるようですね。
天守がお披露目された暁には、こちらのアングルからも
撮りに来ないとな~

P1250597

でも、今回は時間がないのでパス。
またの機会に。

で、兵庫県立歴史博物館。
「ひょうごの鉄道」という企画展をやってたけど、
すいません、全力でスルーさせて頂きました(m_ _)m

P1250598

入ってすぐ見えたのが、ドでかい姫路城天守模型!
今、修理中だからというのもあって、
かなりテンション上がります!

P1250603

かなり精巧で、まじまじと見ちゃいます。
が、誰も注目してない!なんでだ!

P1250607

ちょうど真横にエスカレータがあるので、
ちょっと斜め上45度(笑)から
撮ることもできちゃいます!

P1250632

ガラスでつくられた大天守もキレイだぁ。

P1250624

・・・姫路での楽しい思い出はここまで。
鉄道関連の展示を全力で(しつこい)スルーし、
ようやく天守模型を見つけ・・

こりゃ、すげぃ!と心の中で感嘆し、
とりあえず、ダメもとで写真撮っていいですか?
と少しお年を召した学芸員さんに
訊こうとしたそのとき・・・

なんかこう・・歴史好きオーラが出てたんでしょうかね?
あれ?歴史好き?どこから来たの?
から始まり、ずっとこの人のペースでしゃべりまくられ・・・

い、いや、静かに天守を眺めさせてほしいんだけど・・・
写真を撮っていいかだけ訊きたかったんだけど・・

ま、話の合間合間、ちらちらと天守観察。
(てか、まったく話聞いてない)

すべて1/50で統一され、如何に江戸城天守がバカでかいか、
その大きさも他の天守と比較することで判りやすい!

さすがに姫路という土地柄か、姫路城大天守その他の
天守隣ではなく、少し離れたところに
江戸城天守はあったけど。

なかなか精巧なつくりで、西ヶ谷さんが
おっしゃっていたように、江戸城の天守台石垣は
黒い安山岩。実に見ごたえがありますね。

そして、他城も立派。こうして一堂に会して、
精巧な天守模型を見る機会もそうそうないだろう、と。

せっかくだから、現存天守だけじゃなく、
復興天守や現在は見ることのできない天守たちも
揃えてほしいなぁ・・と。

えー、あなたいつまでしゃべってんですか?
もういい加減にしていただけません?

わたし、ノーと言えない日本人(笑)
ずるずると相手のペースに引き込まれ・・・

あ、やばい予定の滞在時間過ぎてる!
ちょっと、もうホントに帰して!

ということで、半ば強引に振り切り、
そそくさと博物館を出たのでした・・・

あぁ、もうダメ。予定狂いまくり。
18きっぷの旅は、綿密な計画と確実な実行が
大切なのに・・

本当なら、もっと早い時間に岡山に
着くはずが・・すでに岡山城は閉城の時間・・orz

が、岡山のもうひとつの目的地、
岡山市デジタルミュージアムは、18時まで!
ということで、こちらを訪問した後、
外観だけでも、岡山城を見に行くことに。

傷心のまま・・つづく(笑)

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« 夏の西日本・城と酒に溺れる旅 … 姫路(3) | トップページ | 夏の西日本・城と酒に溺れる旅 … 岡山 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏の西日本・城と酒に溺れる旅 … 姫路(4):

« 夏の西日本・城と酒に溺れる旅 … 姫路(3) | トップページ | 夏の西日本・城と酒に溺れる旅 … 岡山 »