« 夏の西日本・城と酒に溺れる旅 … 呉 | トップページ | 夏の西日本・城と酒に溺れる旅 … 竹原(2) »

夏の西日本・城と酒に溺れる旅 … 竹原(1)

さて、呉を出て呉線を東に。
休日のみ走っている瀬戸内マリンビューで。

P1000046

車両自体は古めだけど、車内にカウンター席があったり、
インテリアもなかなかおもしろくて。

P1000048

ただ、天気は非常に微妙・・
せっかくの瀬戸内の眺めはがっくりしちゃう
くらい見事な曇天。

P1000049

途中で土砂降りになって、どないしょうかな・・
と思いましたが、竹原に着くころには、
止んでくれました。

竹原・・もちろん、目的はココ!
竹鶴酒造さん!

P1000056

ニッカラヴァーズには、当たり前すぎるくらい(笑)
当たり前ですが、「竹鶴」の名前の通り、
ニッカ創業者・竹鶴政孝翁の生まれ育ったところ。

駅にもニッカの看板が!

P1000059

竹原という地名は、もうそのまんまで、
竹のある原という説があるほど、竹に恵まれたところ。
ということで、マンホールも竹。

P1000062

竹もあちらこちらで見ることができ、
ほんとに竹の街なんだ!という感じがすごくします。

P1000063

しょ、醤油醸造所!すっごい気になっちゃいますが、
なんか見学はなさげな雰囲気・・でした。

P1000067

橋の欄干には、かぐや姫。
竹取物語そのものとの関係は・・という感じだけど、
まぁ、竹つながり。走るバスも、かぐや姫号。

P1000068

道の駅・たけはらに、先ほどの醤油醸造所で
つくられた醤油が!でも、小さいので500mlで、
あきらめた・・それでなくても、醤油多いのに(笑)

P1000069

あっちゃこっちゃに竹。
もう・・・竹にまつわるものばかり(笑)

P1000070

ちょうど、この日は竹原住吉まつりがあるようで、
祭りを控えた準備がされてました。

P1000071

で、一本奥に入って、町並み保存地区。
あ、これって竹鶴酒造の母屋だよね・・・!?

P1000072

こんな感じの風情ある町並み。
あぁ、こういうの大好物ですぅ・・(笑)

P1000075

珍しく、石瓦の民家もありました。

P1000076

竹鶴酒造さんに、とーちゃく!
屋号は小笹屋さんといいます。

P1000081

わぁ、ちゃんとニッカと竹鶴翁のことも
書いてくださってますよ。

P1000082

ちょうど、到着がお昼時で、
休憩タイム・・仕方なくどこかで時間を潰すか、
と隣の母屋をのぞいてみると・・

な・・なんと!
「竹鶴酒造杜氏特別講座」ですとぉ!

P1000083

い、今からでも参加できますか!
と鼻息荒く受付の方に尋ねてみると、
いいですよー♪とのお返事、イヤッホゥ♪

2時間以上みっちりと、講義を頂けるとのことで、
当初予定していた、うさぎの島・大久野島へ渡ることは諦め、
講義開始まで、あたりをぶらぶら・・

町並み保存地区・・というだけあり、
○○邸という年季の入ったお屋敷が多数。
こちらは、松阪邸。

P1000084

お店の店先にもさりげなく竹。
ほんとに竹の町。

P1000087

しょ、醤油醸造場!またもや!
け、見学させてくれるのかなぁ・・・

P1000089

この醤油醸造場、「時をかける少女」にも
出てくるのだそうで・・知ってる人にとっては、
あぁ、あの!というところなのかもしれませんね。

お隣は、同じ「堀川」さんが営むカフェ。

P1000088

竹鶴酒造の酒粕をつかった、
酒粕アイスとかあって、めっちゃ惹かれるんだけど、
時間的に微妙で、敢えなくパス。

ま、この時点で、竹原へまたいつか
行きたいと思っちゃってるので(笑)、
また、次来た時のお楽しみにしておこうかと。

旧竹原郵便局。ちょっとこのあたりで、
雨がぽつぽつしだす・・

P1000091

旧村上邸(現・竹楽)。

P1000095

起くり(むくり)屋根がいい感じ♪

P1000094

こちらのお店は、竹にまつわる
様々なものを売っていて、軒先には竹細工。

P1000096

ここくらいだったらいいかな?
ということで、竹原市歴史民俗資料館をお邪魔。

P1000099

休憩できるベンチもやっぱり竹!

P1000100

江戸時代には製塩業で栄えた竹原。
しかし・・パネルが古いなぁ(汗)

P1000103

竹鶴翁の写真。改めて正面写真を
見ることって、意外とない気がするのだけど・・・

P1000107

柔道をされていて、がっしりした感じということと
合わせると、実際にお会いしたら、
すごく圧倒されそうな、雰囲気を感じます。

もうひとり、竹原が生んだ有名人、
池田勇人元総理。実は、竹鶴翁の忠海中学
(現・忠海高校)時代の後輩。

P1000110

竹鶴翁と池田総理。

P1000111

中学時代は、竹鶴翁の布団の上げ下ろしだった
という池田元総理。交流は長く続き、総理在任時には、
国際的なパーティには、国産(ニッカ?)ウイスキーを
出すように指示していたという逸話も。

・・・てか、この竹鶴さん、なんとなく、
蒋介石に似てる気が・・そんなことない??

竹原市にある史跡・鎮海山城跡。
かの村上水軍を率いた村上元吉の墓があるとか。

P1000116

村上元吉・・というと、第一次木津川口の戦いで、
毛利方として参戦し、織田水軍を叩きのめしたことで有名。

で、この敗戦は織田方に、鉄板を張り固めた
火に強い鉄甲船を開発させることになるわけですね・・

えー・・現代が1960年で止まってます!
どこが現代(笑)もう半世紀経ってますぜ!

P1000117

さ、そろそろ時間。
竹鶴酒造さんに戻りませう。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« 夏の西日本・城と酒に溺れる旅 … 呉 | トップページ | 夏の西日本・城と酒に溺れる旅 … 竹原(2) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

お待ちしておりました!竹原編(^^)
 私も行きましたが、知らないことが一杯・・・さすがnikkoさん!(醤油=時をかける少女 とか)
竹鶴さんの写真 迫力ありましたねぇ・・・

投稿: ウイスキーねこ | 2011.09.25 07:58

nikko81です。

●ウイスキーねこさん

たいっへん、お待たせをいたしました・・(笑)
いや、時をかける少女はわたしも後から知りました。

ちなみに、今はたまゆらというアニメの
舞台になっております。
http://www.tamayura.info/story/

竹鶴さん、こんな雰囲気で怒鳴られたら、
硬直しちゃいそうです(笑)

投稿: nikko81 | 2011.09.25 19:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏の西日本・城と酒に溺れる旅 … 竹原(1):

« 夏の西日本・城と酒に溺れる旅 … 呉 | トップページ | 夏の西日本・城と酒に溺れる旅 … 竹原(2) »