« 日帰り仙台の旅・・・その2 東北六魂祭。 | トップページ | 日帰り仙台の旅・・・その4 Bar Andy。 »

日帰り仙台の旅・・・その3 好きだった景色を忘れないための写真展。

ふぅ・・・急にいろいろ忙しくなり、
ただでさえ、blogの進みもトロトロ・・に
更に拍車が、かかってしまいorz

少しでも、時間が取れるときに
進めておかないとね。

皆さまのblogへの訪問もずっと、
滞り気味ですが・・・RSSリーダでリストアップを
してあるので、あるときドッサリとコメントがつくかも!?

・・ということで、パレードを見てきた後は、
腹ごしらえ。もちろん、どこもいっぱいで。

ぷらぷら歩いて探していると、
虎屋横丁のニッカの看板。
がんばろう宮城Verに変わっておりました。

P1240788

とりあえず、入れそうなところで妥協。
際コーポレーション(万豚記とか紅虎餃子房)の
チェーン店、葱屋平吉にて。

P1240793

「葱」メインのお店なんだけど、このときは
そうは気づかなくて、普通に牛タン・・・
葱焼きというメニューもそういや、あったなぁ。

腹ごしらえした後は、はっちさんと待ち合わせて、
好きだった景色を忘れないための写真展」。
はっちさんもお写真を出品されているのです。

P1240796

なかなか見つけにくい場所?のようで、
待ち合わせて行ってよかったぁ。

こういったこじんまりとして、でも開放的な
スペースで写真を見せていただきました。

P1240797

どれも、みんな手に近いところにいてくれた世界。
そんなに大げさなものじゃなくて、
ごくごくささやかにいいよねって、言い合える世界。

たぶん、ここにお住まいのみなさんの、
記憶がつまってるんだろうなぁ、と。

無論、わたしは住んだことがないので、
どれも、わたし自身の記憶と結びつく
わけではないのだけど、記憶と結びつくことによる
かけがえのなさを感じる写真が多く。

たとえば、学校。

学校って、学生当時としては、何の変哲もない
校舎や教室って、ただの教室でしかないのだけど、
そこでの記憶が徐々に沁みこんでいくにつれ、
何気ない一つ一つが、かけがえのない
記憶を映す鏡になるわけで・・・

そして、赤ちゃんをあやすお母さん。
写真自体は、その一瞬を切り取るだけだけど、
なんだか、時間的な奥行きをも感じ・・・

なんだか、えもいわれぬ魅力があって、
ずーっと、眺めてしまいました。

はっちさんのお知り合いの方とも、
少しお話をしつつ・・・先行してINFOBARを
見せてもらったりとか、意外(?)な方が、
お城に興味がおありだったりとか(竹田城イイ!)。

でも、いい加減暑さに飽きたので、
アイス食べにいこっか!
ということで、仙台駅のほうへ。

そこでこんなレンガ造りのトンネル。
へぇ、こんなのあったんだ。味があるねぇ!

P1240799

意図せず撮れたボケ写真。ボケてる割には、
なんだか気に入っちゃって。
こゆのも悪くないよね?

P1240798

これができたときの仙台の街って、
どんな感じだったのだろう、と知りたくさせる
そんなレンガのトンネル。

P1240800

仙台駅では、ヒトでごった返していてorz
コンビニでガリガリ君という展開(笑)
でも、にありつけた☆

皆さまは、引き返して写真展に向われましたが、
わたしはここでお別れして、Bar Andyのマスターに
ご挨拶に行くこととしました。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« 日帰り仙台の旅・・・その2 東北六魂祭。 | トップページ | 日帰り仙台の旅・・・その4 Bar Andy。 »

「イベントレポート」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16856/52412040

この記事へのトラックバック一覧です: 日帰り仙台の旅・・・その3 好きだった景色を忘れないための写真展。:

« 日帰り仙台の旅・・・その2 東北六魂祭。 | トップページ | 日帰り仙台の旅・・・その4 Bar Andy。 »