« 天下普請の江戸城 in 新宿歴史博物館 ~江戸城「再」築城~ | トップページ | 天下普請の江戸城 in 新宿歴史博物館 ~天守のヒミツ~ »

天下普請の江戸城 in 新宿歴史博物館 ~天下普請の総縄張~

さて、続きます。

■埋め立て事業による江戸城城域拡張2

さらに、関が原合戦に勝利して征夷大将軍となり、
幕府を開いた家康は、将軍宣下の翌月にあたる
1603年3月、更なる城域拡張に動きます。

先ほどの埋め立て事業とは異なり、
もはや天下人・家康ですから、堂々と諸大名に号令。
関が原合戦で降した大名の勢力削減のため、
というのもあったでしょうね。

親藩・外様の66家に領地1,000石につき、
1人の役夫を課して1万人を動員。
現在の中央区・千代田区(皇居地域除く)・港区の
多くのエリアがこの時期にできているんです。

資材を運搬するための水路を確保しつつ、
海底から石垣を積んで区画をつくり、
その中に丘陵を開削した土砂を埋めていきます。

この設計に当たったのが、藤堂高虎。
蒲生氏郷や加藤清正と並んで、城造り名人と
名高い武将ですね。

当時は今治城主で、彦根城・伊勢亀山城・
丹波亀山城・篠山城・名古屋城・
駿府城・膳所城などの築城・修築に携わっていて、
いずれも大坂城の封じ込めが目的。

そんななかでの江戸城拡張事業ですから、
高虎も多忙を極めたことでしょうし、
西国大名に対する締め付けの強さを感じます。

さらに、翌年6月には外様15万石以上の
西国大名28家に命じ、10万石に付き百人持ちの
石材1,120個と木材の調達を命じ、
1606年(慶長11年)から、藤堂高虎の指揮で、
積み上げていきます。

対象となった大名は有名どころでは、
毛利秀就、池田輝政、加藤清正、福島正則、
細川忠興、鍋島勝茂、山内一豊、蜂須賀至鎮、
黒田長政あたり。

中国・四国・九州の大大名が
勢ぞろいといったところだけど、
島津忠恒がいないのが不思議・・・

で、百人持ちの石ですよ。どんだけデカい石・・
ひとり50kg持てると考えても、5tでっせ。
それを10万石に付き、1,120個。

例えば、関が原で敗れた毛利家の場合、
領国をおよそ1/4に減封されて約30万石程度。
ということは、5tの石を3,300個以上、
江戸まで持っていかないといけないわけで・・・

これらの石材は、伊豆半島から調達。

東岸の早川・根府川・真鶴から、
熱海、伊東、下田にかけての石丁場では、
火成岩である黒く硬い安山岩を。

西岸の石丁場では、溶岩の成分のうち、
細かい粒子が海底に沈んで堆積した
少しグレーがかって柔らかい凝灰岩が、
それぞれ切り出されて、江戸まで運ばれたそうな。

まぁ、あれだけの規模の城の石垣を
積み上げるわけですから、ものすごい量の石が
切り取られるわけで、海岸線のかたちが
変わるくらいに持ち出されたんですって・・・

石切丁場には、石垣にも見られるような
大名家を表す刻印が残っていたり、
ここは誰々の丁場だという碑があるそうです。

運の悪いことに、5月25日には、
伊豆地方の暴風雨により、石材運搬船の多くが
沈没するという事故もあったりして・・
肥前鍋島家120艘、筑前黒田家30艘、
会津加藤家46艘・・痛ましい。

江戸城の石垣で黒っぽい石垣は、
この伊豆の安山岩。そう言われてみると、
黒っぽい石が多い気はしますよね。

一方、凝灰岩は主に栗石(ぐりいし)として、
土塁と石垣表面の安山岩との間に詰め込むのに、
使われたようです。栗石には、伊豆西岸の
凝灰岩のほか、利根川の河原石も使われたみたい。
排水のためにも、強度のためにも、栗石って
重要な存在みたいですね。

石材持ち出しは、埋め立て工事が終わった後も、
内城(本丸・二の丸・三の丸)の土塁を石垣化するために、
大坂冬の陣のあった1614年まで続きます。

さらに秀忠・家光の代になって、
中堀~外堀にかけての区域が1624年(寛永15年)までに
堀と石垣が整備され、江戸城の範囲と定められます。
# 明暦大火後、拡張はされて千住や内藤新宿、
# 品川あたりまで「江戸」が広がるみたいですけどね。

両国橋~筋違門(神田須田町)~水道橋
~小石川~牛込~市ヶ谷~四ツ谷~
赤坂~虎ノ門~幸橋~浜離宮。

この範囲が江戸城だったんですね。
ものすごい広大な総構(そうがまえ)・・・・

ということで、ここからは天守のお話。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« 天下普請の江戸城 in 新宿歴史博物館 ~江戸城「再」築城~ | トップページ | 天下普請の江戸城 in 新宿歴史博物館 ~天守のヒミツ~ »

「イベントレポート」カテゴリの記事

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16856/52225597

この記事へのトラックバック一覧です: 天下普請の江戸城 in 新宿歴史博物館 ~天下普請の総縄張~:

« 天下普請の江戸城 in 新宿歴史博物館 ~江戸城「再」築城~ | トップページ | 天下普請の江戸城 in 新宿歴史博物館 ~天守のヒミツ~ »