« 天下普請の江戸城 in 新宿歴史博物館 ~天守のヒミツ~ | トップページ | 新宿歴史博物館。 »

天下普請の江戸城 in 新宿歴史博物館 ~番外編~

最後には、スライドを使ったお話で
気になったコトを少し・・・

・三の丸巽櫓、三の丸桔梗門、本丸富士見櫓、
 木が茂りすぎて同時に撮影することは、
 今はできないらしい。

・天守台の井戸。金明水と呼ばれ、美味しい水を
 今でも湛えているらしい。昭和34年まで皇族方に
 用いられていたらしい。

・富士見櫓は、八方正面の櫓といわれ、
 通常内側には窓はないのだけれど、この櫓には備わっている。
 こういう点も天守代用として見なされた点かな?

・本丸石垣の角度は約70度。

・一部石垣(例えば蓮池堀あたり)の角石が白いところがある。
 これは、安政の大地震で崩落した石垣を修理するため、
 小豆島から細川・前田・池田の三家が補修材として
 わざわざ運んできたものらしい。
 なんで伊豆から持ってこないのだろう??

・伊豆の石切り場。楔を線状に打ちつけて、
 その線に沿って石を割って持ち出すのだそう。
 楔穴の大きさで年代の古さがわかるとか。

・石にも縦目と横目・・というように、
 木目のような筋目があるらしく、横目に沿って
 楔を打てば割れるが、縦目だと割れない。
 割れなかった石を「残念石」というらしい。

・大名を示す刻印は、石切丁場ですでに付ける
 ものらしい。

・石材を海上輸送する際、海に石材を浸し、
 2艘の両側から吊って移動したそうな。
 石材を海に浸すことでその浮力を使うためだそう。

この後、せっかくなんで新宿歴史博物館で
新宿の歴史を少し見て回ります・・

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« 天下普請の江戸城 in 新宿歴史博物館 ~天守のヒミツ~ | トップページ | 新宿歴史博物館。 »

「イベントレポート」カテゴリの記事

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16856/52226861

この記事へのトラックバック一覧です: 天下普請の江戸城 in 新宿歴史博物館 ~番外編~:

« 天下普請の江戸城 in 新宿歴史博物館 ~天守のヒミツ~ | トップページ | 新宿歴史博物館。 »