« 明治生命館。 | トップページ | 「鶴」 »

あの牡蠣をもう一度・・・

さて、いよいよ、
三陸の牡蠣復興支援チャリティイベント」が始まります。

会場のGrand Central Oyster Bar &Restaurantさん。

P1230690

目的は「春香」さん。
以前、みかんの「はるか」さんを見かけましたが、
今回は、岩牡蠣のはるかさんです。

P1230685

島根の「海士いわがき生産」さんが、
今回のイベントのために、提供して下ったそうで。

お店の中は、意外と「重要文化財」に
引きずられない現代的な感じ。
レトロっぽくてもいいんだけど、ま、いいか。

P1230692

まずは、東日本大震災でなくなられた方々へに
ご冥福をお祈りする気持ちを込めて・・「献杯」。

続いて、牡蠣生産の被害の様子、
そして復興への取り組みを映像で紹介頂きました。

で、目の前には・・・岩牡蠣「春香」が、
様々な姿で供されます。

まずは生牡蠣で・・牡蠣の旨味を堪能します。
あ、ボ、ボウモアが欲しかった~

P1230703

アンチョビバターで味付けし、
少し火を通してソテーにした牡蠣。
味付けも牡蠣の旨味に合ってて、これまた美味・・・

P1230705

写真撮るの忘れたけど、フライドオイスターも
美味しかったですよ。

そして、すごかったのは、
「牡蠣・牡蠣水・ハーブの花」と名づけられた一品。

P1230716

寡聞にして知らなかったのですが、
狐野扶実子さんとおっしゃる有名な
料理プロデューサの方が、このイベントのために、
考案されたレシピなんですってよ。

牡蠣の下にクレーム・フレッシュとポワローネギのフォンデュ
が敷いてあり、牡蠣から出た水分を濾して
固めたジュレとハーブが・・・とのことですが。

まずですね・・・クレーム・フレッシュって?

クレーム・フレッシュ。
フランスのサワークリームのようで、
酸味だけでなく、濃厚さがかなりあって、
牡蠣の旨味にもしっかりと存在感を出してます。

ハーブの香味がいいアクセントになっていて、
生で頂くよりも、非常にさっぱりとして、
さわやかな牡蠣料理という感じでした☆

そして、一緒に頂くワインは、その道では
知らない人がいないというほどのカリスマ醸造家・・
らしい新井順子さんが手がけたワイン。

えーっとですね・・ワインになると、
すっかり知識がないというのと、
ボトルを撮るというのが、すっぽりと抜け落ち、
記録ナシ・・なのでございます。
も、申し訳ございません。

普段、ワインはあまり口にせず、
というか、飲んでいい記憶が少ないので、
それなりに頂く・・しかなかったのですが、
この日に頂いたワインは、あっ、美味しいと思える
ワインだったんですよね。

・・・感想にもなっちゃいねぇ?
は、はい。申し訳ございません・・・

とまぁ、飲み食いしている間も、
打撃を受けた牡蠣生産の現場のレポートは続きます。

ま、普段お料理に感心が向かないこともあって、
ご挨拶される方は何方も知らない・・・
という、若干アウェイな感じは否めませんでしたが、
美味しく岩牡蠣を(久しぶりに!)頂けて・・よかった。

そして、参加費のうち3,000円分が、
牡蠣産業の復興のための資金に回されます。

それに牡蠣のオーナー制度
その場では申し込みませんでしたが、
ちょっとお金ができたので、申し込んでみようかと。

実は、牡蠣ってカキフライだったりとかくらいで、
本格的に岩牡蠣を食べに・・ってあまりなく。

なので、あの三陸の・・という感覚は、
そうないんですが、これも何かのきっかけです。

いつか、あの牡蠣をいただけたらいいな。
そう思いながら、参加させていただきました。
牡蠣自体は好きですからね・・機会がなかっただけで。

それと、こちらのオイスターバー。
なかなか雰囲気もよかったし、バックバーを見ると、
ウイスキーもちらほらあったので、
ちょっと再訪してみたいな・・とも。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« 明治生命館。 | トップページ | 「鶴」 »

「イベントレポート」カテゴリの記事

「グルメ」カテゴリの記事

コメント

うわわ、ものすごく美味しそうですね!
それにしても、最近の nikko81 さん、めちゃめちゃアグレッシブに様々なところに出かけていらっしゃいますね。

投稿: みや | 2011.06.20 06:51

狐野扶実子さんプロデュースだったのですか!
狐野扶実子さん、大好きなんですよ!
サントリーさんのワインイベントで二度お会いしましたが
とても素敵な方でした。
「牡蠣・牡蠣水・ハーブの花」なんて素敵な
ネーミング。見た目も美しいですね。
生牡蠣食べたいっ!

投稿: Margarita | 2011.06.20 10:08

うーわー!!!
残念なことに、わたしの周りには牡蠣好きが少ないんですよ。
いつか三陸の牡蠣をたらふく食べたいとずっと思ってたんですけど、
同居人と旅してたら絶対に食べられない…。
共食い(!)したいですー!!(笑)

投稿: はるか | 2011.06.21 00:19

nikko81です。

●みやさん

はい!実に美味しい牡蠣でした。
最近食べてなかったので、ものすごく満足。

記事の内容が、あっちへ行ったりこっちへ行ったり、
なのですごく出ずっぱりな印象だと思いますが、
実はそうでもないですよ。

普通の人から見ると、それでも
アグレッシブ!と見えるかもしれませんけど(笑)

●Margaritaさん

あ、ご存知なのですね・・・
やはり、お料理される方は知ってるのかな・・

やはり、マリアージュとしては、
ワインが中心のお料理が多いのでしょうかね?
実に繊細でさわやかな、一品でした☆

●はるかさん

共食い(笑)

そうですかぁ、周りにいらっしゃらないのですね。
それは残念なことで・・

ただ、わたしもこうした牡蠣を頂くのは、
ずいぶんと久しぶりで、あまり牡蠣を食べよう!
ということはないんですよね。わたしの周りでも。

あ、同居人さんも、牡蠣は苦手?

投稿: nikko81 | 2011.06.21 02:43

ハーブの花ってところが、ふみこさんらしいわ。

ふみこさんと順子さんのコラボ、
無いよ、無いよ、そうそう無いよー。
くぅぅぅ、シアワセものーーーーっ!!!

でも、実は、ワインが進むのは
アンチョビバターな気がする。

↓ 巨大アップルパイ、
予想以上の巨大っぷりだったー。
何人分なんだろ。。。

投稿: yoshie | 2011.06.22 12:32

nikko81です。

●yoshieさん

そ、そうなんですか・・・
ご存知な方にとっては、夢の競演なんですね!
しっかり、美味しく頂いてまいりました。へへ。

アンチョビバターも確かに美味しかった。
てか、あともう2,3個ほしかった(笑)

アップルパイ、5,60人分くらいはあるような・・・
ひとりひとりの取り分もものごっつい
ボリュームなんですけどね。

投稿: nikko81 | 2011.06.22 23:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16856/51990793

この記事へのトラックバック一覧です: あの牡蠣をもう一度・・・:

« 明治生命館。 | トップページ | 「鶴」 »